オンライン Office 365 専用/ITAR サポート インシデントを送信する方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2694621
概要
Microsoft Office 365 の専用になり、ITAR のお客様は (「SRs」とも呼ばれます) サービス要求を送信できるオンラインです。これを行うには、送信プロセス中に行う選択に基づいて、適切なサービスのキューに直接 SRs をルーティングします。SR を作成するときは、問題について、できるだけ多くの情報を入力してください。

重要: SevA インシデント、問題が緊急の注意を受信するかどうかを確認するのには Office 365 のサポートをお問い合わせください。
詳細
アカウントを作成する方法
  1. O365 専用のサポート サービス (SRs) の要求を送信する必要があります人すべての it プロフェッショナルやサービス デスク担当者 (とも呼ばれる [既知の連絡先]) のユーザー アカウントを作成します。
    • グローバル管理者 (またはユーザー管理の管理者) は、ユーザー アカウントを作成します。O365 管理センター (AC) の [ユーザーの追加] セクションでは。
    • 「既知の連絡先」O365 AC で作成されるは、マイクロソフトのチケット システムと同期されます。マイクロソフト サポート担当者は、これらの連絡先を参照してくださいし、受給に使用します。
  2. 管理役割を割り当てる各ユーザー アカウントする必要があります。のみ管理者の役割は、O365AC からの SRs を送信できます。管理者の役割のさまざまな種類があります。詳細については、 管理役割の割り当てください。Office 365 でのアクセス許可.
    • 管理者の役割のみでは、ダッシュ ボードのサービスの稼働状態を確認できます。
  3. リクエスターの承認済みのユーザー アカウントを作成し、管理者の役割を割り当てます。ユーザー アカウントを作成するだけでなく、アカウント割り当てる必要があります、管理者の役割です。Microsoft O365D のサポートはまだ、マイクロソフトのサポートを維持する [認証要求側 (AR)] ボックスの一覧からユーザーの追加と削除する顧客と SDM の送信を要求する必要があります。ARs を確認するには、そのリストを参照するのにはマイクロソフトのフロント エンドのエージェントが続行されます。
  4. プライマリ電子メール アドレスを設定します。

    デフォルトのプライマリ電子メール アドレスになりますしていないを構成した場合ディレクトリ同期 Azure Active Directory (AAD) にまだ、*. onmicrosoft.com のアドレスは、ユーザー アカウントを追加するときに使用します。メール ・ アドレスで送信する電子メールの使用と、SRs のスタンプが必要でない場合は、SRs は、次の提出手順を送信する前に、変更されることを確認する必要があります。例: SunnyDay@contoso.com は sunnyday@contoso.onmicrosoft.com ではありません。

    ディレクトリ同期と AAD で、環境の構成が完了した後連絡先の詳細は、手動で更新します。

    Office 365 管理センターのページの sreenshot
  5. これはすべてのユーザーに、O365AC を共有ログインを持つ必要があるため、O365AC からの SRs を送信する 1 つのサービス デスクの電子メール アドレスを使用してはお勧めしません。お客様のチケット システムに送信された SR 応答を表示するには、SR の送信処理中に連絡先のアドレスを指定します。(確認 & 送信) します。
  6. 電話番号を設定します。

    ITPros サービス デスクのユーザーまたは管理者アカウントを作成するとき、Office の電話番号] フィールドが表示されていることを確認します。このフィールド事前フィールドに設定されます、電話番号のお問い合わせください SR の送信処理中に、it プロフェッショナルが送信される各 SR の連絡先の電話番号を手動で入力する必要があるないようにします。/優先する別の連絡先電話番号を使用する場合は、SR の送信中にあらかじめ設定されている電話番号を上書きできます。マイクロソフトのフロント エンドのエージェントでは、既定と推奨される連絡先の電話番号の両方を確認できます。

    <b>携帯電話番号の連絡先フィールドがある場合でも、事前 SR の送信中に、連絡先の電話番号フィールドを挿入する Office の電話番号フィールドを勧めします。
サービス正常性ダッシュ ボード (SHD)

かどうかが問題の原因不明の問題レポートを参照してくださいサービス正常性ダッシュ ボードのサービスのさまざまな問題を確認します。大文字と小文字の場合は、問題が解決されるまでに転記されている最新情報を確認してください。ここで問題が見つからない場合は、サポート案件をオープンするのには次の手順を続行します。

サービス正常性ダッシュ ボードのスクリーン ショット

O365 AC の概要のセクション

O365AC の概要のセクションでは、(専用の O365 および PowerBi などの他のサービス) を展開しているすべてのサービスの SRs を送信します。

O365 AC のサポートの概要」セクションのスクリーン ショット

サービス リクエストを送信する方法

SR を送信するにサービス (たとえば、メール) をクリックし、次の手順。
  1. 識別問題: 機能と現象を選択」ドロップ ダウン リストから、追加し、問題の概要と、問題の範囲で Microsoft を支援する問題の詳細を入力します。

    新しいサービス リクエストのページのスクリーン ショット

    <b>O365 のマルチ テナント型とサポートに関するトピック (機能/症状) が揃います。エスカレーション問題に応じた最適なトピックを選択する必要があります。機能と症状がない特定の専用のエスカレーションの状況によっては、です。したがって、エスカレーションと最も密接に合ったサポートのトピックを選択してください。または、常にサポートを呼び出すことができます。主な例としては次のとおりです。

    Active Directory (MMSSPP): アクティブ ディレクトリを選択します。
    PST のキャプチャ: コンプライアンスと PST のインポート] を選択します。
    ProofPoint: コンプライアンスを選択します。
    SharePoint のセルフ サービス管理ポータル: は、管理、SharePoint 管理センターを選択します。
    コロケーションや顧客のポータル: サポートを呼び出す
  2. の提案を確認します。選択した機能と現象に基づいて、コンテンツとリソースが表示されますをトラブルシューティングおよびマイクロソフトのサポートに頼らず問題を解決するに役立ちます。表示される質問の範囲は、選択した機能と症状によって異なります。
  3. の詳細を追加します。ここで番号を指定することができます、問題の影響を受ける人のユーザーとドメインの詳細についてを提供し、エスカレーションする前に実行したすべてのトラブルシューティングの詳細を提供します。添付ファイルを追加することもできます。スコープ情報が SR の重要度を決定します。SR フォームの送信元では、SR の重要度は設定されていません。それは、SR (機能/症状を選択) のスコープによって決定されます。

    追加の詳細ページのスクリーン ショット

    メモを設定する場合、サービスではない、利用可能なですか?オプションを「yes」との影響受けるユーザーの数ですか?に「すべて」で、SevA SR、CritSit のリソースで、お客様とマイクロソフトには) を使用すると、これにより、します。SevA のシナリオでは、お客様をお勧めします。 電話 マイクロソフト。
  4. 確認送信 & 。ここで送信して、連絡先の電子メール アドレス、電話番号を指定するための情報を確認できます。この情報は、SR をサブミットするユーザーに関係するものや、SR の応答が送信される場合、チケット システムの電子メール アドレスがある可能性があります。SR を送信する前に SR の連絡先情報が正確であるかどうかを確認します。

    確認のスクリーン ショット ページを送信し、
表示し、サービス ・ リクエストを管理する方法

サポート領域のサービスの要求] セクションで表示および管理する SRs。 SRs の検索、並べ替え、およびフィルター処理が可能です。

ビューのスクリーン ショットおよび SRs のページを管理します。

サービス ・ リクエストを開いたり、閉じたりする方法

SR、O365AC で作成されているし、メモや添付ファイルを追加するを開くことができます。(待ちを閉じるには、マイクロソフト) ではなく SR を閉じることもできます。

閉じるページのスクリーン ショット

SR をクローズすると後、は、メモおよび要求を再度開くをクリックして開くことができます。休業日の 14 日間内でのみ SRs を再オープンできることに注意します。14 日以上前 (ただし、90 日未満の場合) が終了した SR を再び開く場合は、マイクロソフト サポートに連絡します。

再登録ページのスクリーン ショット

マイクロソフト O365 専用のサポートを電話で連絡する方法

O365 管理センターで、O365 のマルチ テナント型の電話番号を参照してください可能性があります。O365 専用 (O365 D) の Microsoft のサービスの技術に到達するのには次の表の番号をサポートする電話を使用し続けます。呼び出している国または地域に対応する番号を使用します。専用の顧客を使用する必要があります。 Office 365 専用のテクニカル サポート.


フリー ダイヤルローカル
デンマーク 80347602 38322753
日本 0120 984630 0364042874
スイス 0800 001 449 0227614087
英国 0800 032 3138 0203 450 5647
米国 (877) 9MOSSUP
(877) 966-7787
(425) 706-7732
ITAR サポートの電話番号
フリー ダイヤルローカル
米国 (408) 352-9290


警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2694621 - 最終更新日: 11/29/2016 20:24:00 - リビジョン: 17.0

Microsoft Business Productivity Online Dedicated, Microsoft Business Productivity Online Suite Federal

  • vkbportal226 kbgraphxlink kbgraphic kbmt KB2694621 KbMtja
フィードバック