現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Internet Explorer 8 (IE8) または Internet Explorer 9 (IE9) の自動アップグレードをブロックする方法

はじめに
2011 年 12月 15 日 に公開された Exploring IE ブログ (英語) において、Microsoft Windows XP Service Pack 3 (SP3)、Windows Vista Service Pack 2 (SP2)、Windows 7 をお使いの場合、それぞれの Windows がサポートする最新の Internet Explorer への自動アップグレードを開始する旨が発表されました。

システム管理上の理由などにより、最新の Internet Explorer の自動アップグレードをブロックしたい場合には、Fix it を実行することにより、Internet Explorer の自動アップグレードを自動的にブロックすることができます。

この問題を自動的に解決するには「Fix it で解決する」セクションに進んでください。自身でこの問題を解決するには、「自分で解決する」セクションに進んでください。

Fix it で解決する
この問題を自動的に解決するには、お使いの Windows のバージョンに合わせて、[この問題を解決する] ボタンまたはリンクをクリックします。[ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックスで [実行] をクリックし、ウィザードの手順に従ってください。

Windows XP SP3 上で Internet Explorer 6 または Internet Explorer 7 を使用している場合 :


Windows Vista SP2 もしくは Windows 7 上で Internet Explorer 7 または Internet Explorer 8 を使用している場合 :


: このウィザードは英語版のみである場合がありますが、自動的な解決は英語版以外の Windows でも機能します。

自分で解決する
この問題を解決するには、お使いの Windows のバージョンに合わせて、次の手順を実行してください。

重要 : このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの編集方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。レジストリを編集する際には十分に注意してください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしておくと、問題が発生した場合にレジストリを復元することができます。バックアップおよび復元方法の詳細を参照するには、以下のサポート技術情報をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法

Windows XP SP3 上で Internet Explorer 6 または Internet Explorer 7 を使用している場合 :

  1. [レジストリー エディター] を起動します。
  2. [レジストリー エディター] で、以下のレジストリー キーを見つけます。

    レジストリ キー :
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Internet Explorer\Setup\8.0

  3. 次に、[レジストリー エディター] で、キー値の名前、"DoNotAllowIE80" を見つけます。お使いの環境の設定状況に合わせてキーやキーの値を設定します。

    DoNotAllowIE80 が定義されていない場合 :
    自動アップグレードをブロックできない状態ため、キー値の名前、"DoNotAllowIE80" を新規に作成して、[値のデータ] に 1 を設定します。


    DoNotAllowIE80 が定義されていない場合 :
    • DoNotAllowIE800 に設定されている場合は、自動アップグレードはブロックされない設定のため、[値のデータ] に 1 を設定します。
    • DoNotAllowIE801 に設定されている場合、自動アップグレードはブロックされる状態のため、設定は必要ありません。

Windows Vista SP2 もしくは Windows 7 上で Internet Explorer 8 または Internet Explorer 9 を使用している場合 :

  1. [レジストリー エディター] を起動します。
  2. [レジストリー エディター] で、以下のレジストリー キーを見つけます。

    レジストリ キー :
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Internet Explorer\Setup\9.0

  3. 次に、[レジストリー エディター] で、キー値の名前、"DoNotAllowIE90" を見つけます。お使いの環境の設定状況に合わせてキーやキーの値を設定します。

    DoNotAllowIE90 が定義されていない場合 :
    自動アップグレードをブロックできない状態ため、キー値の名前、"DoNotAllowIE90" を新規に作成して、[値のデータ] に 1 を設定します。

    DoNotAllowIE90 が定義されている場合 :
    • DoNotAllowIE900 に設定されている場合は、自動アップグレードはブロックされない設定のため、[値のデータ] に 1 を設定します。
    • DoNotAllowIE901 に設定されている場合、自動アップグレードはブロックされる状態のため、設定は必要ありません。
詳細
Internet Explorer の自動アップグレードの対象 OS と、自動アップグレード後の Internet Explorer のバージョンは以下のとおりです。

注 : 下記以外のバージョンの OS は、Microsoft Windows Server 2003、Windows Server 2008 および Windows Server 2008 R2 などのサーバー OS を含め Internet Explorer の自動アップグレードは対象外となります。

  • Windows XP Service Pack 3 (SP3) は、Internet Explorer 8 に自動アップグレードされます。
  • Windows Vista Service Pack 2 (SP2) は、Internet Explorer 9 に自動アップグレードされます。
  • Windows 7 RTM または Service Pack 1 (SP1) は、Internet Explorer 9 に自動アップグレードされます。
Internet Explorer 自動アップグレードに関する詳細は、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

Internet Explorer の自動アップグレードについて
http://technet.microsoft.com/ja-jp/ie/hh859701
プロパティ

文書番号:2695147 - 最終更新日: 04/26/2012 02:31:00 - リビジョン: 2.1

Windows Internet Explorer 8, Windows Internet Explorer 9

  • kbfixme kbmsifixme kbharmony kbexpertisebeginner kbexpertiseinter kbdeployment kbsetup kbhowto KB2695147
フィードバック
;did=1&t=">aScript" async=""> var varAutoFirePV = 1; var varClickTracking = 1; var varCustomerTracking = 1; var Route = "76500"; var Ctrl = ""; document.write("