方法: デバッグ、マイクロソフトのディレクトリ同期サービス ツールでログ有効にします。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

269536
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。

このタスクで


重要 : この資料は、レジストリを変更する方法について。 万一に備えて、編集の前には必ずレジストリをバックアップし、レジストリの復元方法を理解しておいてください。 バックアップ、復元、および編集方法の詳細については、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
256986Description of the Microsoft Windows Registry JP256986 Microsoft Windows レジストリの説明
概要
ここではデバッグ ディレクトリ同期サービス (MSDSS) ツールでログを有効にする方法について説明します。

警告 : 深刻な問題として、オペレーティング システムの再インストールする必要がありますが生じるレジストリ エディターを誤って使用する場合。 マイクロソフトではあることができます解決を保証レジストリ エディターを誤って使用起因する問題。 レジストリ エディターは、自己の責任においてご使用してください。

トラブルシューティングする場合、MSDSS ツールで同期の問題は、デバッグ ログを同期プロセスに関する詳細情報をキャプチャできます。

back to the top

ログ詳細 MSDSS を有効にします。

  1. レジストリ エディター (Regedt32.exe) を実行します。
  2. 次のキーに移動します:
    HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\Msdss\
  3. パラメーター キーをクリックします。
  4. [ 編集 ] の [ 値の追加 ] をクリックします。
  5. 値名] ボックスに入力: DebugLogLevel
  6. データ型で REG_DWORD ] をクリックし、 [OK]
  7. 入力して、データ値: 1 、[ OK] をクリック します。 値 1 のログをアクティブにされ、オフの値が 0 (ゼロ) にログをなります。
  8. コンピュータを再起動してください。
ログ情報は、%Systemroot%\System32\Directory Synchronization\Session ログ フォルダーに保存されます。 ログ ファイルの表記は"セッション数-#.log"します。

back to the top

警告: この資料は、自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:269536 - 最終更新日: 02/10/2014 21:47:46 - リビジョン: 2.2

  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • kbnosurvey kbarchive kbhowto kbhowtomaster kbnetwareservice kbmt KB269536 KbMtja
フィードバック