FAT32 形式の DVD-RAM メディア上のファイル操作によりシステム キャッシュが不足します。

現象
USB インターフェース接続の DVD ドライブにて、FAT32 形式の DVD-RAM メディア上のファイル (1 ~ 4GB) を読み込もうとすると、システム キャッシュが不足して、システムの動作が不安定になります。
原因
ファイルの読み込みに使用するバッファ領域を、USB デバイス ドライバーと CD-ROM デバイス ドライバー間で管理していますが、USB デバイス ドライバー側で使用済みとなったバッファが、CD-ROM デバイス ドライバー側で解放されないために、システム キャッシュを完全に解放できずに枯渇していき、ファイルの読み込みに失敗し、システムが不安定になります。
解決方法
以下のサポート技術情報にて、修正プログラムを提供しています。

Memory leak occurs when you run an application to read a file on a DVD-RAM disc that uses the FAT32 file system in Windows 7 or in Windows Server 2008 R2

http://support.microsoft.com/kb/2736469/en-us
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
DVD-RAM では UDF 形式をサポートしています。UDF 形式を使用する場合は、この問題は発生しません。
以下の環境では、当現象は発生いたしません。 
- 64 ビット Windows 7。
- USB 接続の DVD ドライブで、DVD-RAM の FAT32 形式以外のファイル操作。
- USB 接続以外の DVD ドライブで DVD-RAM の FAT32 形式のファイル操作。
- USB メモリの FAT32 形式のファイル操作。

注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:2697279 - 最終更新日: 09/20/2016 09:52:00 - リビジョン: 4.0

  • KB2697279
フィードバック