Office 365 からハイブリッド展開のオンプレミス環境にメールボックスを戻そうとすると、移行が 95% 完了した後に失敗する

: Microsoft Exchange Server 2010 の Exchange 管理コンソールにバンドルされていた従来のハイブリッド構成ウィザードのサポートは終了したため、今後は Office 365 ハイブリッド構成ウィザードを使用してください。Office 365 ハイブリッド構成ウィザードは、こちらからインストールできます。詳細については、以下の資料を参照してください。

現象
シナリオ説明
  • Microsoft Office 365 の Microsoft Exchange Online とオンプレミスの Microsoft Exchange Server 環境のハイブリッド展開をしています。
  • オンプレミス環境から Office 365にメールボックスを移行済みです。
  • 同じメールボックスを Office 365 からオンプレミス環境にオフボードまたは戻します。
このシナリオでは、移行操作は 95% 完了した後に失敗します。

この現象が発生すると、/EWS/mrsproxy.svc リンクにアクセスした場合に、以下のオンプレミス環境の ログ ファイルに "HTTP 400" エラーが表示されます。
  • インターネット インフォメーション サービス リクエスト (IIS) ログ ファイル
  • HTTPERR ログ ファイル
Office 365 に接続する際に、Windows PowerShell を使用して、Get-MoveRequestStatistics MailboxID -IncludeReport | Export-CliXml FileName.xml を実行すると、XML レポートの「スタック トレース」セクションに、以下が表示されます:
<S N="StackTrace"> at
Microsoft.Exchange.MailboxReplicationService.CommonUtils.CallService
(Action serviceCall, String epAddress, VersionInformation
serverVersion)_x000A_ at
Microsoft.Exchange.MailboxReplicationService.MailboxReplicationProxyClient.CallServiceWithTimeout
(TimeSpan timeout, Action serviceCall)_x000A_ at Microsoft.Exchange.MailboxReplicationService.RemoteDestinationFolder.Microsoft.Exchange.MailboxReplicationService.IDestinationFolder.SetRules(RuleData[] rules)_x000A_ at Microsoft.Exchange.MailboxReplicationService.DestinationFolderWrapper.&lt;&gt;c__DisplayClass31.&lt;Microsoft.Exchange.MailboxReplicationService.IDestinationFolder.SetRules&gt;b__30()_x000A_
at Microsoft.Exchange.MailboxReplicationService.ExecutionContext.Execute
(Action operation)_x000A_ at Microsoft.Exchange.MailboxReplicationService.DestinationFolderWrapper.Microsoft.Exchange.MailboxReplicationService.IDestinationFolder.SetRules(RuleData[] rules)_x000A_ at
Microsoft.Exchange.MailboxReplicationService.FolderRecWrapper.WriteRules
(IDestinationFolder targetFolder, Action`1 reportBadItemsDelegate)
_x000A_ at
Microsoft.Exchange.MailboxReplicationService.MailboxCopierBase.CopyFolderProperties
(FolderRecWrapper folderRec, ISourceFolder sourceFolder,
IDestinationFolder destFolder, FolderRecDataFlags dataToCopy)
_x000A_ at Microsoft.Exchange.MailboxReplicationService.MailboxMover.&lt;&gt;c__DisplayClass2.&lt;&gt;c__DisplayClass4.&lt;FinalSyncCopyAllFolders&gt;b__1()_x000A_ at
Microsoft.Exchange.MailboxReplicationService.ExecutionContext.Execute
(Action operation)_x000A_ at Microsoft.Exchange.MailboxReplicationService.MailboxMover.&lt;&gt;c__DisplayClass2.&lt;FinalSyncCopyAllFolders&gt;b__0
(FolderRecWrapper folderRec, EnumFolderContext ctx)_x000A_ at
Microsoft.Exchange.MailboxReplicationService.FolderMap.EnumSingleFolder
(FolderRecWrapper folderRec, EnumFolderContext ctx, EnumFolderCallback callback, EnumHierarchyFlags flags)_x000A_ at Microsoft.Exchange.MailboxReplicationService.FolderMap.EnumSingleFolder(FolderRecWrapper folderRec, EnumFolderContext ctx, EnumFolderCallback callback, EnumHierarchyFlags flags)_x000A_ at Microsoft.Exchange.MailboxReplicationService.FolderMap.EnumSingleFolder(FolderRecWrapper folderRec, EnumFolderContext ctx, EnumFolderCallback callback, EnumHierarchyFlags flags)_x000A_ at Microsoft.Exchange.MailboxReplicationService.MailboxMover.FinalSyncCopyAllFolders()
_x000A_ at
Microsoft.Exchange.MailboxReplicationService.MoveBaseJob.&lt;FinalSync&gt;b__4d
(MailboxMover mbxCtx)_x000A_ at
Microsoft.Exchange.MailboxReplicationService.MoveBaseJob.ForeachMailboxContext
(Action`1 del)_x000A_ at
Microsoft.Exchange.MailboxReplicationService.MoveBaseJob.FinalSync(Object[] wiParams)_x000A_ at Microsoft.Exchange.MailboxReplicationService.CommonUtils.CatchKnownExceptions
(Action actionDelegate, Action`1 failureDelegate)</S>
原因
SetRules の Mailbox Replication Proxy (MRSProxy) サービス ファイルへの呼び出しが失敗すると、この問題が発生します。移行されるメール ボックスに大量の迷惑メール ルールとユーザー ルールが含まれる場合、この問題が発生する場合があります。
解決方法 
この問題を解決するには、移行時にメール ボックスが通過するパスにあるオンプレミスの環境で、クライアント アクセス サーバーごとに Web.config ファイルの MRSProxyHttpsBinding 設定と MRSProxyWSSecurityBinding 設定の値を変更します。これを行うには、以下の手順に従います:
  1. クライアント アクセス サーバーで、Web.config ファイルを見つけて開きます。

    : Exchange Server 2010 では、Web.configファイルは以下のフォルダー内にあります。 
    \Program Files\Microsoft\Exchange Server\V14\ClientAccess\exchweb\ews
  2. MRSProxyHttpsBinding 設定と MRSProxyWSSecurityBinding 設定の以下の値を ”1048576” から “8388608” に変更してから、ファイルを保存します。

    値を変更した後は、Web.config のこのセクションは次の例のようになります。
    <binding name="MRSProxyHttpsBinding"> <reliableSession />

    <textMessageEncoding>

    <readerQuotas maxDepth="32"

    maxStringContentLength="8388608"

    maxArrayLength="8388608"

    maxBytesPerRead="4096"

    maxNameTableCharCount="16384" />

    </textMessageEncoding>

    <httpsTransport authenticationScheme="Negotiate"

    maxReceivedMessageSize="8388608" />

    </binding>

    <binding name="MRSProxyWSSecurityBinding">

    <reliableSession />

    <textMessageEncoding>

    <readerQuotas maxDepth="32"

    maxStringContentLength="8388608"

    maxArrayLength="8388608"

    maxBytesPerRead="4096"

    maxNameTableCharCount="16384" />

    </textMessageEncoding>

    <httpsTransport authenticationScheme="Anonymous"

    maxReceivedMessageSize="8388608" />

    </binding>
  3. iisreset コマンドを使用して ISS を再起動します。
追加情報
メールボックスを Office 365 の Exchange Online へ移動させる際に問題が発生する場合は、トラブルシューティングを自動で行う診断ツールである Office 365 のメールボックス移行トラブルシューティング ツールを実行してください。既知の問題である場合は、問題に関する情報を含むメッセージが表示され、そのメッセージ内には解決方法を含む資料へのリンクがあります。現在、本ツールは Internet Explorer でのみサポートされています。

その他トピックは Office 365 コミュニティ Web サイトを参照してください。
プロパティ

文書番号:2698528 - 最終更新日: 05/23/2016 09:41:00 - リビジョン: 8.0

Microsoft Exchange Server 2010 Enterprise, Microsoft Exchange Server 2010 Standard, Microsoft Exchange Online

  • o365 o365e o365a o365m hybrid o365022013 KB2698528
フィードバック