Windows 2000 リソース キットに SVCACLS.EXE は含まれていない

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

269875
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
次のドキュメント、サービス ACL エディター (SVCACLS.EXE) では Windows 2000 リソース キット ツールのヘルプ ファイルに含ま。 ただし、SVCACLS.exe ファイルは、Microsoft Windows 2000 リソース キットの CD-ROM に含まれません。

Svcacls.exe: サービスの ACL エディター

このコマンド ライン ツールのアクセス制御リスト (ACL) のサービス オブジェクト、管理者はサービスの制御を委任を有効にする設定します。

最初にサービスの ACL エディターを使用するには、特権が必要管理者、ユーザー ツールを使用して管理者特権のアクセス許可を付与する、ツールを使用管理者特権を持つユーザーできますがします。 削除、コントロールの読み取り、およびサービスの随意アクセス制御リスト (DACL) を変更する必要は随意アクセス制御を作成します。 オブジェクトのアクセス許可を決定する (ACL としてだけでは、通常、呼ばれます) の DACL します。 DACL を変更するには、WRITE_DAC と呼ばれるアクセス許可は必要です。

サービスの ACL エディターは x86 でのみ実行 - Windows 2000 または Windows NT 4. 0 を実行するベースのコンピューター。

警告
管理者またはシステムの任意のサービスに対するアクセス許可を削除しないでください。 を行う場合、サービスの制御を取り戻すに Windows 2000 を再インストールができます。

ACL エディター"項目"をサービスします。
サービスの ACL エディターの構文
ACL エディターの例をサービスします。

ファイルが必要です。

Svcacls.exe
詳細
Svcacls.exe ユーティリティが、最後に、リソース キットの CD-ROM から引き出されます。 残念ながらこのユーティリティは、ドキュメントが背後のまま誤ってです。

同じ機能が SUBINACL ツールで利用できるため、このユーティリティが引き出されます。 SUBINACL ツールの追加については、リソース キット ツールのヘルプ ファイルです。
RKBook Reskit Win2k Win2kPro の Windows 2000

警告: この資料は、自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:269875 - 最終更新日: 02/23/2014 22:17:09 - リビジョン: 1.1

  • MSPRESS Microsoft Windows 2000 Server Resource Kit ISBN 1-57231-805-8
  • MSPRESS Microsoft Windows 2000 Professional Resource Kit ISBN 1-57231-808-2
  • kbnosurvey kbarchive kbinfo kbdocfix kbdocerr kbmt KB269875 KbMtja
フィードバック