現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

一括挿入や BCP ステートメントを実行しようとすると、SQL Server のアサーション エラー:「<loglock.cpp>、行 = 807 失敗したアサーション = ' 結果 LCK_OK を = = '"</loglock.cpp>

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2700641
現象
次のような状況を考えます。
  • Microsoft SQL Server 2008 または SQL Server 2008 R2 のサーバー A とサーバー B が実行しています。
  • サーバー A とサーバー B の間でのデータベース ミラーリングを設定します。
  • プリンシパル データベースに一括挿入や BCP ステートメントを実行するとします。

    注: <b>既定では、CHECK_CONSTRAINTS オプションは、一括挿入や BCP ステートメントを実行するときにオフに設定します。
  • データベース ミラーリングは破損し、データベース ミラーリング セッションが保留状態に入る。
このシナリオでは、ミラー ・ サーバでアサーションが発生します。したがって、SQL Server ログ フォルダーに最小ダンプ ファイルが作成されます。さらに、ミラー サーバー上で次の SQL Server エラー ログにエラーが表示されます。

日付時刻 spid 'Dbghelp.dll' バージョン '4.0.5' を使用してください。
日付時刻 spid * * スレッド - spid をダンプ = 31、EC = 0x00000007F9B1C1A0
日付時刻 spid C:\Program を指定して SQL Server\MSSQL10_50.MSSQLSERVER\MSSQL\LOG\SQLDump0001.txt に送信されるスタック ダンプ

日付時刻 spid * *******************************************************************************

日付時刻 spid *
日付時刻 spid * 開始スタック ダンプ:
日付時刻 spid * 01/04/12 16時 46分: 21 spid 12100
日付時刻 spid *
日付時刻 spid * 場所: loglock.cpp:807
日付時刻 spid * 式: の結果 LCK_OK を = =
日付時刻 spid * SPID: 31
日付時刻 spid * プロセス ID: 2228年

日付時刻 spid エラー: 17066、レベル: 16、状態: 1 です。

日付時刻 spid SQL Server アサーション: ファイル: <loglock.cpp>、行 = 807 失敗したアサーション = '結果 LCK_OK を = =' です。このエラーは、タイミングに関連する可能性があります。ステートメントを再実行した後、エラーが解決しない場合は、DBCC CHECKDB を使用して、データベースの構造上の整合性をチェックするか、サーバーを再起動してメモリ内の データ構造が破損していないことを確認します。

</loglock.cpp>日付時刻 spid エラー: 3624、レベル: 20、状態: 1 です。

日付時刻 spid システム アサーション チェックが失敗しました。詳細については、SQL Server エラー ログを確認してください。通常、アサーション エラーは、ソフトウェアのバグまたはデータの破損によって発生します。データベースの破損を確認するには、DBCC CHECKDB を実行して検討してください。場合はセットアップ中にダンプをマイクロソフトに送信するのには合意すると、ミニ ダンプがマイクロソフトに送信されます。更新プログラムは、マイクロソフトの最新の Service Pack またはテクニカル ・ サポートから QFE で利用できる可能性があります。

日付時刻 spid エラー: 1454、重大度: 16、状態: 1 です。

日付時刻 spid データベース ミラーリングは中断されます。エラー 3624、状態 1、重大度レベル 20 の '<database name="">' のデータベース ミラーリング パートナーとして機能していたことと、サーバー インスタンス '<Instance name="">' が発生しました。データベース ミラーリング パートナーは可能性がありますエラーから自動的に回復し、ミラーリング ・ セッションを再開してください。詳細については、追加のエラー メッセージは、エラー ログを表示します。 </Instance></database>


注: <b>この問題を解決するのにはデータベースのミラーリングを再初期化する必要があります。
原因
ミラー サーバーにプリンシパル データベースのトランザクション ・ ログでロックの互換性の情報は転送されませんので、この問題が発生します。
回避策
この問題を解決するには、CHECK_CONSTRAINTS ON オプションを使用して、一括挿入や BCP ステートメントをプリンシパル データベースで実行します。

注: <b>CHECK_CONSTRAINTS] ボタンは、パフォーマンスが低下します。ただし、ミラー サーバーではロック アサートは発生しません。
詳細
子トランザクションは、一括挿入や BCP の操作中に CHECK_CONSTRAINTS] オプションをオフにします。この子トランザクションでは、親トランザクションのロックと互換性があるロックを使用します。互換性に関する情報は、プリンシパル データベースのトランザクション ログに格納されます。したがって、子トランザクションのロック要求は、プリンシパル データベースで付与します。

ただし、この互換性の情報はミラー サーバーに転送されません。したがって、子トランザクションのロック要求では、このミラー ・ サーバ上の親トランザクションのロックと互換性がありません。このシナリオでは、ミラー ・ サーバのアサートが発生します。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2700641 - 最終更新日: 05/07/2016 10:50:00 - リビジョン: 3.0

Microsoft SQL Server 2008 R2 Enterprise, Microsoft SQL Server 2008 Enterprise

  • kbsurveynew kbtshoot kbprb kbmt KB2700641 KbMtja
フィードバック