現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

リモート デスクトップ プロトコル クライアントがターミナル サービス サーバーに接続できない

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP270588
重要 : この資料には、レジストリの編集方法が記載されています。万一に備えて、編集の前には必ずレジストリをバックアップし、レジストリの復元方法を理解しておいてください。バックアップ、復元、および編集方法の詳細を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
256986 Microsoft Windows レジストリの説明
現象
ターミナル サービス クライアントが、ターミナル サービスを実行している Windows 2000 ベースのコンピュータに接続できないことがあります。

ターミナル サービス構成スナップイン (Tscc.msc) を使用すると、トランスポート (RDP-Tcp) が存在し、機能しているように見えます。ただし、ターミナル サービス マネージャ (Tsadmin.exe) を使用してトランスポートを表示すると、RDP-TCP リスナが "Down 65536" と表示されます。
原因
この問題は、サーバーが 2 度以上、"前回正常起動時の構成" オプションを使用して起動されていた場合に発生することがあります。サーバーが 2 度以上、前回正常起動時の構成で起動されると、ControlSet001 レジストリ キーが削除されます。しかし、以下のレジストリ値は、ControlSet001 レジストリ キーを使用するよう、ハードコーディングされています。
キー :
HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Control\Terminal Server\VIDEO\rdpdd\


値の名前 :
\Device\Video0

値の種類 :
REG_SZ

値のデータ :
\REGISTRY\Machine\System\ControlSet001\Services\RDPDD\Device0
解決方法
警告 : レジストリ エディタの使い方を誤ると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、オペレーティング システムの再インストールが必要になることがあります。マイクロソフトは、レジストリ エディタの誤用により発生した問題に関しては、一切責任を負わないものとします。レジストリ エディタは、自己の責任においてご使用ください。

この問題を解決するには、Windows 2000 の最新の Service Pack を入手します。関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
260910 最新の Windows 2000 Service Pack の入手方法
この問題を解決するには、次の手順を実行します。
  1. レジストリ エディタ (Regedt32.exe) を起動します。
  2. 次のレジストリ キーを見つけてクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Control\Terminal Server\VIDEO\rdpdd\
    : 上記のキーがない場合は、レジストリ エディタを使用して作成します。
  3. 以下のいずれかの手順を実行します。
    • 手順 2. でキーを作成する必要がない場合は、次の値を変更します。
      名前 :
      \Device\Video0

      種類 :
      REG_SZ

      値 :
      \REGISTRY\Machine\System\ControlSet001\Services\RDPDD\Device0
      次のように変更します。
      名前 :
      \Device\Video0

      種類 :
      REG_SZ

      値 :
      \REGISTRY\Machine\System\CurrentControlSet\Services\RDPDD\Device0
    • 手順 2. でレジストリ キーを作成する必要がある場合は、次の値を追加します。
      サブキー名 :
      RDPDD

      名前 :
      \Device\Video0

      種類 :
      REG_SZ

      値 :
      \REGISTRY\Machine\System\CurrentControlSet\Services\RDPDD\Device0
  4. この値を変更 (または作成) した後、ターミナル サービスを実行しているコンピュータを再起動します。
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の冒頭に記載したマイクロソフト製品の問題として認識しています。 この問題は、Windows 2000 Service Pack 2 で最初に修正されました。
rdp-tcp Down
プロパティ

文書番号:270588 - 最終更新日: 01/10/2006 07:05:58 - リビジョン: 3.0

  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Datacenter Server
  • kbbug kbenv kbtermserv KB270588
フィードバック