[XGEN] 6 個または 8 個のプロセッサを使用する Windows 2000 Active Directory サーバーでExchange 2000 を実行するための最適化

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP271088
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
Exchange 2000 Server はユーザー情報と構成情報の両方に関して Microsoft Windows 2000 Active Directory に依存しています。Exchange 2000 はこの情報に関してドメイン コントローラやグローバル カタログ サーバーと通信するために主に LDAP (Lightweight Directory Access Protocol) を使用します。Exchange 2000 は Active Directory をきわめて効果的に使用しますが、多くのサーバー操作やユーザー操作では LDAP ディレクトリの照合が必要になります。

Windows 2000 サイトに多くの Exchange 2000 サーバーが存在するときは、Active Directory サーバー上に非常に大きな LDAP の負荷がかかる可能性があります。デフォルトでは、Active Directory は MaxActiveQueries 値が 20 (LDAP クエリ数) になるように構成されます。この設定は、Active Directory が処理できる保留中の LDAP クエリの最大数です。

この制限値に達すると、Active Directory はエラー メッセージ "LDAP_ADMIN_LIMIT_EXCEEDED" を返し、それ以後の LDAP クエリは処理しません。一般的には、MaxActiveQueries 値の 20 は大部分の Active Directory サーバーで十分な値ですが、6 個または 8 個のプロセッサを持つドメイン コントローラが実行されていて、このエラー メッセージが表示される場合は、この値を増加する必要があります。
詳細
Windows 2000 Ntdsutil.exe ツールを使用して、MaxActiveQueries 値を増加できます。

この設定を増加すると、Active Directory で Lsass.exe プロセスで使用するメモリがいくぶん多くなります。そのため、必要以上にこの値を増加しないようにします。この値を変更する手順の概要を次の例で示します。
c:\>ntdsutil.exentdsutil: Ldap policiesldap policy: connectionsserver connections: Connect to server DCServer1DCServer1 に結合しています...ローカルでログオンしているユーザー資格情報を使って DCServer1 に接続しましたserver connections: qldap policy: Show ValuesPolicy                          Current(New)MaxPoolThreads              8MaxDatagramRecv             1024MaxReceiveBuffer            10485760InitRecvTimeout             120MaxConnections              5000MaxConnIdleTime             900MaxActiveQueries            20MaxPageSize                 1000MaxQueryDuration            120MaxTempTableSize            10000MaxResultSetSize            262144MaxNotificationPerConn      5ldap policy: set MaxActiveQueries to 40ldap policy: Commit Changesldap policy: Show ValuesPolicy                          Current(New)MaxPoolThreads              8MaxDatagramRecv             1024MaxReceiveBuffer            10485760InitRecvTimeout             120MaxConnections              5000MaxConnIdleTime             900MaxActiveQueries            40MaxPageSize                 1000MaxQueryDuration            120MaxTempTableSize            10000MaxResultSetSize            262144MaxNotificationPerConn      5ldap policy: qntdsutil: qDCServer1 から切断しています...
Active Directory は再起動しないでこの値を使用します。上記の例では Active Directory は一度に 40 を超える LDAP クエリは処理しません。

: この設定は、フォレスト内のすべての Active Directory サーバーに対してグローバルです。1 つの Active Directory サーバーでこの値を変更すると、フォレスト内のその他のすべてのドメイン コントローラが同様にこの値を使用します。
詳細
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 271088(最終更新日 2000-10-20) をもとに作成したものです。

x2kmrp
プロパティ

文書番号:271088 - 最終更新日: 02/01/2014 00:21:19 - リビジョン: 1.0

  • Microsoft Exchange 2000 Server Standard Edition
  • kbnosurvey kbarchive kbinfo KB271088
フィードバック