現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Visio 2003 以前のバージョンで作成した UML 図を Visio 2007 以降のバージョンで開くと、図形の「文書化」タグに入力した値が編集できない

現象
Microsoft Visio 2003 以前のバージョンで作成した UML 図 を Microsoft Visio 2007 以降のバージョンで開くと、図面に含まれる図形の「文書化」タグの内容を編集することができません。また、ノート図形の場合、図形のプロパティを表示して OK で閉じた後、図形に表示されていた「文書化」タグの内容が図面上に表示されなくなります。
原因
Visio 2007 以降のバージョンでは、それ以前のバージョンで「文書化」 とされていたタグ名が 「文書」 と変更されました。この変更の影響を受け、本現象が発生しています。

なお、本現象は日本語版の製品使用時のみ発生します。
回避策
各図形のプロパティで「文書化」 タグとして登録されている情報を複製し、新たに「文書」という名前のタグとして追加します。以降、「文書」タグの値を使用します。なお、同ファイルを Visio 2003 以前のバージョンでも引き続き使用される場合は、追加した「文書」 タグと元の 「文書化」タグ双方に同じ値を指定するようにします。
状況
マイクロソフトでは、この問題について現在調査中です。詳細については、わかりしだいこの資料に掲載する予定です。
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:2710944 - 最終更新日: 05/07/2012 10:43:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft Office Visio Professional 2007, Microsoft Visio Professional 2010

  • kbtshoot KB2710944
フィードバック