現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

パス モードで SQL Server 2008 R2 SQL Server 2012年での FOR XML 句を使用するクエリを実行するときのエラーを修復します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

2715312
Microsoft Microsoft SQL Server 2008 R2 Service Pack 1 (SP1) の修正プログラムでは、1 つのダウンロード可能なファイルを配布しています。修正プログラムは累積的であるため、各新しいリリースにはすべての修正プログラムと SQL Server 2008 R2 Service Pack 1 (SP1) の以前の更新リリースで含まれていたすべてのセキュリティ更新プログラムが含まれます。
現象
次のシナリオを検討してください:
  • Microsoft SQL Server 2008年の R2 または Microsoft SQL Server 2012年でクエリを実行、クライアント アプリケーションがあります。
  • クエリパスモードでは、 FOR XML句を使用します。
  • クエリは通常 NO_BROWSETABLEの設定を有効にするのには、通常 NO_BROWSETABLE ON の設定コマンドを実行します。
このシナリオでは、クエリは実行されません。さらに、クライアント アプリケーションで、次のエラー メッセージが表示され、が SQL のエラー ログには、ミニダンプ ファイルが生成されます。

メッセージ 0、レベル 11、状態 0、行 0
重大なエラーには、現在のコマンドでが発生しました。必要に応じて、結果を破棄しなければなりません。
メッセージ 0、レベル 20、状態 0、行 0
重大なエラーには、現在のコマンドでが発生しました。必要に応じて、結果を破棄しなければなりません。

注意
  • クエリを実行するために使用するクエリ プランがコンパイルされていません。
  • SQL Server プロファイルを起動すると、失敗したクエリのプロファイラーのイベントはありません。
  • この問題が発生すると、SQL Server サービスは断続的にシャット ダウンします。

原因
この問題は SQL Server algebrizer で内部エラーが原因発生します。SQL Server 結合演算子ノードの 1 つの側面から、結合演算子ノードの反対側に引き出されている列を追加しようとすると、この問題が発生します。したがって、一方、結合演算子ノードで定義されている列に結合演算子ノードの向こう側には見えないため、無効な algebrizer ツリーが作成されます。
解決方法

累積的な更新プログラムの情報

SQL Server 2012

この問題に対する修正は SQL Server 2012 の累積的な更新プログラム 3 で初めてリリースされました。この累積的な更新プログラム パッケージの詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
2723749 累積的な更新プログラム パッケージ 3 の SQL Server 2012
ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースにはすべての修正プログラムが含まれています、以前の SQL Server 2012 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。マイクロソフトはこの修正プログラムが含まれている最新の修正プログラム リリースを適用を検討することをお勧めします。詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
2692828 SQL Server の 2012年 2012 の SQL Server のリリース以降後にリリースされたビルドします。
SQL Server 2012年のインストールには SQL Server 2012年の修正プログラムを適用する必要があります。

SQL Server 2008年の R2 Service Pack 2

この問題に対する修正は、SQL Server 2008 R2 Service Pack 2 の累積的な更新 1 でまずリリースされました。この累積的な更新プログラム パッケージの入手方法の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
2720425 SQL Server 2008 R2 Service Pack 2 用の累積的な更新プログラム パッケージ 1
ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースにはすべての修正プログラムが含まれています、以前の SQL Server 2008 R2 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。この修正プログラムが含まれている最新の修正プログラム リリースを適用を検討することをお勧めします。詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
2730301 SQL Server 2008年の R2 SQL Server 2008 R2 Service Pack 2 のリリース以降後にリリースされたビルドします。

SQL Server 2008年の R2 SP1 用の累積的な更新プログラム パッケージ 7

この問題に対する修正は、SQL Server 2008 R2 Service Pack 1 用の累積的な更新 7 まずリリースされました。この累積的な更新プログラム パッケージの詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
2703282 SQL Server 2008年の R2 SP1 用の累積的な更新プログラム パッケージ 6
ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースにはすべての修正プログラムが含まれています、以前の SQL Server 2008 R2 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。マイクロソフトはこの修正プログラムが含まれている最新の修正プログラム リリースを適用を検討することをお勧めします。詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
2567616 SQL Server 2008年の R2 SQL Server 2008 R2 SP1 のリリース後にリリースされたビルドします。
Microsoft SQL Server 2008 R2 固有の SQL Server のサービス パックの修正プログラムが作成されます。SQL Server 2008 R2 Service Pack 1 をインストールする SQL Server 2008 R2 Service Pack 1 の修正プログラムを適用する必要があります。既定では、SQL Server の Service Pack で提供されるすべての修正プログラム SQL Server の次の service pack に含まれているです。
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
回避策
この問題を回避するには、次の方法のいずれかを使用します。

方法 1

パスモードでは、 FOR XML句を使用しないでください。

方法 2

通常 NO_BROWSETABLEの設定を無効にするには、次のコマンドを実行します。

セット通常 NO_BROWSETABLE オフ

関連情報
ブラウズ モードの詳細についてには、次の MSDN web サイトを参照してください。パス モードでの FOR XML 句を使用する方法の詳細についてには、次の MSDN web サイトを参照してください。

警告: この資料は、自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2715312 - 最終更新日: 08/29/2012 23:34:00 - リビジョン: 2.0

  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Developer
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Enterprise
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Express
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Standard
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Web
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Workgroup
  • Microsoft SQL Server 2012 Business Intelligence
  • Microsoft SQL Server 2012 Developer
  • Microsoft SQL Server 2012 Enterprise
  • Microsoft SQL Server 2012 Standard
  • Microsoft SQL Server 2012 Web
  • SQL Server 2012 Enterprise Core
  • kbqfe kbfix kbexpertiseadvanced kbsurveynew kbmt KB2715312 KbMtja
フィードバック