[XADM] ウイルス対策 API が使用中の場合メールボックスの移動ユーティリティが機能しません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

271547
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
メールボックスのソース サーバーでは、ウイルス対策アプリケーション プログラミング インターフェイス (API) を使用するウイルス対策プログラムを実行してが場合、Exchange Server 管理ツール プログラムで [メールボックスの移動ユーティリティを使用してメールボックスを移動しようとするとメールボックスの移動操作を動作しない可能性があります、次のエラー メッセージが表示される場合があります。
クライアントの操作は失敗しました
h.Microsoft Exchange Information Store
ID 番号 80004005-0501年-0000050a
原因
この問題は、ウイルス対策 API のアーキテクチャに基づいているために起こります、添付ファイル、メールボックスを含むスキャンが実行されていないに送信、ウイルス対策ソフトウェア ベンダー、メールボックスの移動ユーティリティや、MAPI クライアントでその添付ファイルがリリースされる前にされます。

添付ファイルがスキャンされている際に、メールボックスの移動ユーティリティがこの条件を認識しない、したがって、メールボックスの移動ユーティリティでは、エラー メッセージをこの資料の「現象」に生成します。
解決方法
この問題を解決するには、Exchange Server 5.5 の最新の Service Pack を入手してください。 関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
191914[XGEN、最新の Exchange Server 5. 5 サービス パックを入手します。
: 5. 5 インフォメーション ストアのこのバージョンを起動すると、インフォメーション ストア データベースは自動的に形式にアップグレード新しい。 データベースがアップグレードされて、した後、以前のバージョンの Store.exe ファイル バージョン 5.5.2652.68 になっている場合のみまたはそれ以降は、サーバー上を復元できます。 復元する場合、Store.exe ファイル バージョン 5.5.2652.68 より前、データベースがアップグレードした後、インフォメーション ストアを開始することができなくします。 関連情報については、次の文書番号をクリックして Microsoft Knowledge Base を参照してください:
244976[XADM] イベント ID 1197 および 1005年するときに、インフォメーション ストアを開始
以下のファイルが、Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。
マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の追加についてはをクリックして以下「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
119591Q119591 How to Obtain Microsoft Support Files from Online Services
マイクロソフトはこのファイルのウイルスをスキャンします。 マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用しています。 ファイルは、ファイルに不正な変更を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されます。
回避策
この問題を回避する、するには削除か、Exchange Server 管理ツール プログラムで、[メールボックスの移動] ユーティリティを使用する前に、ウイルス対策 API に基づいているウイルス対策プログラムを無効にします。 ウイルス対策プログラムを無効化については、ウイルス対策プログラムの製造元に問い合わせてください。
状況
マイクロソフトとして認識していますこの Microsoft Exchange Server 5. 5 の問題 Service Pack 3。 この問題は Exchange Server 5.5 Service Pack 4 で修正済みです。
詳細
Store.exe ファイルにこの修正プログラムを適用後、情報ストアは、メールボックスが移動し、添付ファイルをスキャンせず、添付ファイルを解放を特定します。 添付ファイルが移動する前に、添付ファイルはスキャンされないためメールボックスの移動先サーバーにも、ウイルス対策ソフトウェア ベースのソリューションが含まれてことをお勧めします。
AVAPI ウイルス対策ソフトウェアの vapi

警告: この資料は、自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:271547 - 最終更新日: 01/24/2014 03:27:09 - リビジョン: 5.2

  • Microsoft Exchange Server 5.5 Service Pack 3
  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbfix kbexchange550presp4fix kbexchange550sp4fix kbgraphxlinkcritical kbqfe kbhotfixserver kbmt KB271547 KbMtja
フィードバック