IME 2010 は、Windows 7 では Office の次期バージョンで使用できるようになりました

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2719861
現象
Windows 7 は、Microsoft Office 入力方式エディター (IME) 2010年には含まれません。したがって、Windows 7 を実行しているコンピューターで次のバージョンの Office を起動して、IME を起動し、以前のバージョンの IME が開始されます。ただし、Windows 8 には、新しい IME が含まれています。

<b>IME 2010 は、Microsoft Office 2010 に含まれています。

原因
Windows 7 にも次のバージョンの Office にも IME 2010 が含まれていないので、この問題が発生します。

解決方法
IME 2010 を取得するには、次の方法のいずれかを使用します。

方法 1

IME 2010 をインストールするには、Windows Update を使用します。Microsoft Update を使用して更新プログラムをチェックするときに、オプションの更新プログラムとして IME 2010 をダウンロードすることができます。

方法 2

IME 2010 のインストール ファイルは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロードします。これを行うには、お使いのシステムに応じて次のリンクをクリックします。

IME 2010 の簡体字中国語バージョンをダウンロードします。

IME 2010 の繁体字中国語バージョンをダウンロードします。

日本語バージョンの IME 2010 をダウンロードします。

韓国語版 IME 2010 をダウンロードします。
注: <b>
  • 次のバージョンの Office の 64 ビット版を実行している場合は IME 2010 の 64 ビット版、次のバージョンの Office の 32 ビット版を実行している場合は IME 2010 の 32 ビット版をインストールします。
  • IME 2010 のインストール ファイルは、Windows 7、Windows 7 Service Pack 1 (SP1)、Windows Server 2003 R2、Windows Server 2003 Service Pack 2 (SP2)、Windows Server 2008 R2、Windows Server 2008 SP2、Windows Vista SP1 または Windows XP Service Pack 3 (SP3) で、Microsoft Office XP、Microsoft Office 2003年、2007 Office System の Microsoft Office 2010 を実行しているユーザーに alsoavailable です。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2719861 - 最終更新日: 07/03/2016 14:48:00 - リビジョン: 9.0

Microsoft Office Input Method Editor 2010

  • kbsurveynew atdownload kbmt KB2719861 KbMtja
フィードバック