初心者でもわかる! 「Outlook が起動しない」「起動時にエラーが表示される」ときの対処法 : Outlookが起動できず、警告も表示されない

この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
ホームトラブル 1
トラブル 1: Outlook が起動できず、警告も表示されない
Outlook 2010 または Outlook 2007 では、[スタート] メニューで Outlook のアイコンをクリックしたり、デスクトップの Outlook のアイコンをダブルクリックしても反応がなく、起動できないことがあります。この場合、警告メッセージも表示されません。

これは、前回 Outlook を終了させたときに、Outlook に機能を追加するプログラムであるアドインなどが影響して Outlook が完全に終了しなかったことが原因である場合があります。この場合は、タスクマネージャー*を使って Outlook を完全に終了させたあと、再び Outlook を起動し、問題を起こしているアドインを無効にすることで問題を解決できる場合があります。

*タスク マネージャーとは、起動しているプログラムを一覧表示して強制的に終了させることのできる Windows のツールです。


対応方法は OS によって異なります。下記の流れで作業を進めてください。



作業 A Outlook を完全に終了させる
まずは、タスク マネージャーを起動して、終了していない Outlook を完全に終了させます。

  1. タスク バーのアイコン以外の場所を右クリック
    1.タスク バーのアイコン以外の場所を右クリック

  2. [タスク マネージャーの起動] をクリック
    2.[タスク マネージャーの起動]

  3. [プロセス] タブをクリック

  4. 「OUTLOOK.EXE」をクリック

  5. [プロセスの終了] ボタンをクリック
    プロセスの終了

  6. [プロセスの終了] ボタンをクリック
    6.[プロセスの終了

「OUTLOOK.EXE」が複数ある場合は、手順 4, 5, 6 を繰り返してすべての「OUTLOOK.EXE」を終了してください。

Windows XP ユーザーは作業 B-1
Windows 7 または Windows Vista ユーザーは作業 B-2

作業 B-1 Outlook を起動する (Windows XP の場合)
Windows XP の場合は、管理者の権限を持つユーザーでログインしたあと、通常どおり Outlook を起動してください。

注 : 管理者の権限を持つユーザーとは、アプリケーションのインストールや Windows の設定変更などができるユーザーのことです。

  1. 管理者権限を持つユーザーで Windows にログイン

  2. 通常どおり Outlook を起動したら作業 C にすすむ


作業 B-2 Outlook を起動する (Windows 7、Windows Vista の場合)
Windows 7 または Windows Vista の場合は、以下の手順で Outlook を管理者として実行します。管理者として実行することで、問題を起こしているアドインを無効にすることができます。

  1. [スタート] ボタンをクリック

  2. [プログラムとファイル検索] ボックス (Windows Vista の場合は [検索の開始] ボックス) に半角で「outlook.exe」と入力
    「outlook.exe」と入力

  3. 表示された「outlook」または「outlook.exe」を右クリック

  4. [管理者として実行] をクリック
    [管理者として実行] をクリック

  5. [ユーザー アカウント制御] ダイアログ ボックスが表示された場合は、[はい] ボタンをクリック
    注 : Windows Vista の場合は [続行] ボタンをクリックしてください。
    ユーザーアカウント制御

  6. パスワードの入力を求められた場合は、管理者権限を持つユーザーのパスワードを入力

  7. [はい] ボタンをクリック
    [はい] をクリック

  8. Outlook が起動したら作業 C にすすむ
    Outlookが起動


作業 C アドインを無効にする
Outlook が起動したら、問題を引き起こしているアドインを無効にします。
  1. [ファイル] タブをクリック

  2. [オプション] をクリック
    [オプション] をクリック

    Outlook 2007 の場合は、[ツール] メニューの [セキュリティ センター] をクリックします。以降の手順は同じです。
  3. [アドイン]をクリック
    [アドイン]をクリック

  4. [管理] で「COM アドイン」を選択

  5. [設定] ボタンをクリック
    [管理] で「COM アドイン」を選択

  6. [使用できるアドイン] ボックスの一覧で「MobileMe Outlook Add-in」や「iTunes Outlook Addin」のチェック ボックスをオフにする
    MobileMe Outlook Add-in」や「iTunes Outlook Addin」のチェック ボックスをオフ

  7. [OK] ボタンをクリック
    [OK] ボタンをクリック

    「MobileMe Outlook Add-in や「iTunes Outlook Addin」以外にも、以下のアドインがインストールされていた場合は、これらのアドインを無効にすることで問題が解決する場合があります。問題が解決しない場合は、以下のアドインのチェック ボックスをオフにしてください。
    • Outlook 変更通知機能
    • Microsoft Outlook Mobile Service
    • Windows SideShow 用予定表便利ツール
    • セキュリティ ソフトのアドイン (セキュリティ ソフトのアドイン名はお使いの製品によって異なりますので、マニュアルなどで確認してください)

  8. Outlook を終了

以上でアドインが無効になります。Outlook を通常の方法で再び起動して、正常に起動できるかどうかを確認してください。正常に起動すれば問題は解決です。もしも起動できない場合は、再度、管理者として Outlook を起動し、別のアドインを無効にしてみてください。
プロパティ

文書番号:2721347 - 最終更新日: 09/29/2016 10:30:00 - リビジョン: 10.0

Microsoft Outlook 2010, Microsoft Office Outlook 2007

  • kbexpertisebeginner kbpcillustrated kbtshoot kbarchive KB2721347
フィードバック