インターネット印刷クライアント機能を使用して長い名前のドキュメントを印刷すると、印刷に失敗することがあります。

現象
インターネット印刷クライアント機能を使用して長い名前のドキュメントを印刷すると、印刷に失敗することがあります。
原因
Windows のインターネット印刷クライアント機能では、StartDoc 関数の DOCINFO 構造体に指定された lpszDocName を元に、job-name 属性を生成いたします。

job-name 属性には、'nameWithoutLanguage' の表記法を使用しており、RFC 2911 では、最大文字列長が 255 文字であると定義されておりますが、lpszDocName に長い文字列が指定されたときに、job-name 属性の長さが 255 文字を超えることがあり、プリンターが印刷ジョブの受け入れを拒否することがあります。

この問題は、たとえば、インターネット エクスプローラーを使用して長い URL のドキュメントを印刷したときなどに発生します。
解決方法
本問題を回避するためには、lpszDocName に長い文字列が指定されないよう、URL や、ドキュメントの名前を短くしてください。
回避策
状況
詳細
関連情報
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:2725562 - 最終更新日: 09/20/2016 10:46:00 - リビジョン: 3.0

Windows Server 2008 Datacenter, Windows Server 2008 Enterprise, Windows Server 2008 R2 Datacenter, Windows Server 2008 R2 Enterprise, Windows Server 2008 R2 Standard, Windows Server 2008 Standard, Windows Vista Business, Windows Vista Enterprise, Windows Vista Home Premium, Windows Vista Ultimate, Windows 7 Enterprise, Windows 7 Home Premium, Windows 7 Professional, Windows 7 Ultimate

  • KB2725562
フィードバック