現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

PowerPoint 2013 更新プログラムの説明: 2013 年 1 月 8 日

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2726947
はじめに
マイクロソフトの更新プログラム Microsoft PowerPoint 2013 をリリースしました。この更新プログラムの安定性やパフォーマンスに関するアップデートが含まれている、最新の修正プログラムは、32 ビットおよび 64 ビット エディションの PowerPoint 2013 および Office Home and Student 2013 RT. Additionally この更新プログラムを提供します。

この更新プログラムで修正される問題

  • .Ppt のファイル PowerPoint 2013 のカスタム PowerPoint テンプレート (.potx ファイル) として保存することを前提としています。クリックすると、 新しい コマンドで、 ファイル ユーザー設定のテンプレートの表が表示されません。
  • 再使用するマクロを作成することはできませんが する PowerPoint 2013 のコマンドです。
  • 次のような状況で発生します。
    • スライドを PowerPoint 2013 内のテーブルが含まれるプレゼンテーションを開きます。
    • コンピューターで、Microsoft Narrator を起動します。
    • キーボードを使用して、スライド テーブルに集中します。
    このシナリオでは、正しく、テーブル「形」としてナレーターいません
  • 次のような状況で発生します。
    • スライドを PowerPoint 2013 内のコメントを含むプレゼンテーションを開きます。
    • ナレーターは、コンピューターを起動します。
    • キーボードを使用して、コメント ウィンドウのコメントのテキストに集中します。
    このシナリオでは、ナレーターをコメントのテキストが期待どおりに読み込まれません。
解決方法

更新プログラムの詳細

この更新プログラムによって、以前にリリースされた更新プログラムが置き換えられることはありません。

更新プログラムを入手してインストールする方法

メモ この更新プログラムは Office 2013 MSI インストールにのみ適用されます。この更新プログラムをクリックしてに実行されるインストールには適用されません。

Office 2013 のインストール バージョンを識別するのには、次の手順を実行します。
  1. Microsoft Word 2013 など、Office 2013 アプリケーションを起動します。
  2. で、 ファイル メニューをクリックして アカウント.
  3. Office 2013 クイック実行を使用してインストールした場合は、[オプションの更新プログラム] の項目が表示されます。MSI のインストールは、更新オプション」の項目は表示されません。
次ファイルをマイクロソフトのダウンロードからダウンロードできます。Center:


注: Office Home and Student 2013 RT の更新プログラムを Windows Update から使用可能なのみです。


32 ビット


ダウンロード32 ビット版更新プログラム パッケージをダウンロードします。

64 ビット

ダウンロード64 ビット版更新プログラム パッケージを今すぐダウンロードします。

詳細については方法マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードを表示するのには、次の資料番号をクリックしてください資料では、マイクロソフト サポート技術情報:
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、この配布ファイルのウイルス チェックを行いました。Microsoft は、最も使用されます。日に存在した最新のウイルス検出ソフトウェアをファイル送信されました。ファイルを防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されます。ファイルに不正な変更。

再起動に関する情報

この更新プログラムをインストールした後、コンピューターを再起動する必要はありません。

更新プログラムがインストールされているかどうかを確認する方法

この更新プログラムには、次の表に記載されているファイルが含まれています。

Office Home and Student 2013 RT

powerpointintl-en-us.msp
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時間
Msointl.dll.arm15.0.4442.10002,985,8882012/12/821:33

powerpoint の x-none.msp
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時間
Mso.dll15.0.4454.100225,353,8242012/12/821:27
Office.dll15.0.4454.1004457,2882012/12/821:27

32 ビット

powerpointintl-en-us.msp
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時間
Ppintl.dll15.0.4454.10001,236,0402012/12/821:41
powerpoint の x-none.msp

ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時間
Powerpnt.exe15.0.4454.10001,846,3442012/12/821:32
Ppcore.dll15.0.4454.100410,270,7922012/12/821:32
Pptpia.dll15.0.4454.1004399,9682012/12/821:27

64 ビット

powerpointintl-en-us.msp

ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時間
Ppintl.dll15.0.4454.10001,236,0562012/12/821:49

powerpoint の x-none.msp
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時間
Powerpnt.exe15.0.4454.10001,847,8802012/12/821:39
Ppcore.dll15.0.4454.100415,802,9522012/12/821:39
Pptpia.dll15.0.4454.1004399,9682012/12/821:35


この更新プログラムをアンインストールする方法



Windows 8 の場合

  1. 画面の右端から読み取りしをタップ 検索.マウスを使用している場合は、画面の右下の角をポイントしをクリックしてください 検索.
  2. Windows の更新をタップまたはクリックを入力します。 設定、と、をタップまたはクリックして 更新プログラムのインストールの表示 検索結果には。
  3. 更新プログラムの一覧でを見つけるをタップまたは 2726947、] をクリックと、タップまたはクリックしてくださいアンインストール.


Windows 7
  1. クリックしてください。 スタートプロパティ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない.
  2. Appwiz.cplと入力しをクリックしてください ].
  3. クリックしてください。 更新プログラムのインストールの表示.
  4. 更新プログラムの一覧で、2726947 の更新] をクリックしをクリックしてくださいアンインストール.

Office (IT 担当者向け) サイトには、全バージョンの Office に対する最新の管理用更新プログラムや、計画的な配置に役立つ資料が掲載されています。Office (IT 担当者向け) サイトの詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2726947 - 最終更新日: 04/24/2013 04:36:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft PowerPoint 2013

  • kbsurveynew kbexpertisebeginner atdownload kbmt KB2726947 KbMtja
フィードバック
&t=">cking = 1; var varCustomerTracking = 1; var Route = "76500"; var Ctrl = ""; document.write("