[MacXL] リストがペースト範囲に合わせて拡張されない

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP272875
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
リスト オブジェクトの新しい行に選択範囲をコピーし、ペーストすると、次のエラー メッセージが表示されます。
選択したセルはリストに影響があります。
  • 選択したセルや範囲がリストに重なっている場合は、重ならない範囲を選択するか、リストを他の場所へ移動してください。
  • セルを挿入する場合は、リストがセルの移動先にないかどうかを確認してください。この場合は、リストを移動するか、セルをワークシートの別の場所に挿入してください。
このメッセージを解除すると、Excel に次の警告が表示される場合があります。
データをペーストできません。
この問題は次の場合に発生します。
  • esc キーを押して、選択範囲をペーストする前にコピー操作をキャンセルした。

    および
  • コピー領域に複数の行があるか、またはコピー領域にリスト オブジェクトよりも多くの列がある。
原因
ペーストする選択範囲でリストを拡大する必要がある場合、操作が内部 (マーキー選択) ペースト操作では成功しますが、Mac OS クリップボードからの外部ペースト操作では失敗します。
回避策
この現象を回避するには、リスト オブジェクトの右下のサイズ変更ハンドルを使用して、コピー領域を合わせてから、新しい行に選択範囲をペーストします。
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の冒頭に記載したマイクロソフト製品の問題として認識しています。
関連情報
リスト マネージャを使用する方法の関連情報については、Office アシスタントをクリックし、リスト マネージャでリストを作成する際の手引きと入力し、[検索] をクリックして、トピックを参照してください。

: アシスタントが表示されていない場合は、[標準] ツール バー上の [Office アシスタント] ボタンをクリックします。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 272875 (最終更新日 2002-05-16) をもとに作成したものです。

off2001kb MacXLX Mac XLX XL2001 excel list update modify increase manager object big open enlarge
プロパティ

文書番号:272875 - 最終更新日: 02/06/2014 14:10:00 - リビジョン: 2.0

  • Microsoft Excel X for Mac
  • Microsoft Excel 2001 for Mac
  • kbnosurvey kbarchive kbpending kbprb KB272875
フィードバック