現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows Vista、Windows 7、Windows Server 2008 または Windows Server 2008 R2 を実行しているファイル サーバー上で ABE を使用していると、CPU 使用率が高くなります

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2732618
現象
次の状況を想定してください。
  • 以下のオペレーティング システムのいずれかを実行しているファイル サーバー上の多くのサブフォルダーを含むフォルダーを作成します。
    • Windows Vista
    • Windows サーバー 2008
    • Windows 7
    • Windows Server 2008 R2
  • フォルダーを共有します。
  • アクセス ベースの列挙 (ABE) 上の共有フォルダーを有効にします。
このシナリオでは、ファイル サーバー上の高い CPU 使用率が発生します。さらに、共有フォルダーを参照しようとするユーザーには遅延が発生します。
原因
ABE は多くのサブフォルダーが含まれているフォルダーを列挙する場合、多くのアクセス要求のチェックがあるために、この問題が発生します。
解決方法

修正プログラムの情報

重要: この修正プログラムがマイクロソフトでは、問題のファイルのデジタル署名を生成、および署名の有効期限は処理の途中で説明されているアドレスを再リリースしました マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ 2749655.

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この修正プログラムは、この資料に記載された問題があったシステムのみに対して適用してください。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。したがって、この問題の影響が深刻でない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことをお勧めします。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。

注: <b>さらなる問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストの作成が必要な場合があります。この修正プログラムの対象外の追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。マイクロソフト カスタマー サービス サポートの電話番号一覧または別のサービス リクエストの作成については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 注: <b>[修正プログラムのダウンロード] フォームには、修正プログラムが提供されている言語が表示されます。お使いの言語が表示されない場合は、その言語の修正プログラムが利用できないためです。

必要条件

この修正プログラムを適用するには、次のいずれかのオペレーティング システムを実行している必要があります。
  • Windows Vista Service Pack 2 (SP2)
  • Windows Server 2008 Service Pack 2 (SP2)
  • Windows 7 Service Pack 1 (SP1)
  • Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 (SP1)
Windows Vista Service Pack を入手する方法の関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
935791 最新の Windows Vista Service Pack を入手する方法
Windows Server 2008 サービス パックの入手方法の詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料の次の記事をご参照ください。
968849 Windows Server 2008 の最新の service pack の入手方法
Windows 7 または Windows Server 2008 R2 service pack の入手方法の詳細については、次の文書番号をクリックして次のマイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
976932 Windows 7 Service Pack 1 および Windows Server 2008 R2 に関する情報

レジストリ情報

修正プログラムのインストール後、新しいレジストリ エントリを作成する必要があります。レジストリ エントリを作成するため、進んでする、」Fix it で解決するのセクションに進みます。レジストリ エントリを手動で作成したい場合は、「自分で解決するのセクションに進みます。

Fix it で解決する



レジストリ エントリを自動的に作成する] をクリックして、修正 ボタンまたはリンクです。クリックし、を実行 ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックス ボックスし、それを修正するウィザードで手順を実行します。




注:
  • 修正プログラムを実行するときにウィザードが必要がありますABELevelの値を入力します。ABELevel値は、ABE の機能を有効にするフォルダーの最大レベルを指定します。
  • このウィザードは英語版のみとなります。ただし、自動修正は、他言語バージョンの Windows でも動作します。
  • 操作しているコンピューターに問題がない場合、Fix it ソリューションをフラッシュ ドライブまたは CD に保存して、問題のあるコンピューターで実行することができます。

移動し、」問題が解決されたかどうかの確認のセクションに進みます。



自分で解決する

新しいレジストリ エントリを作成するのに次の手順を実行します。

重要: このセクション、方法、タスクには、レジストリを変更する方法の手順が含まれています。ただし、レジストリが正しく変更されないと、深刻な問題が発生することがあります。そのため、次の手順に慎重に従ってください。また、念のため、レジストリを変更する前に、レジストリをバックアップしておいてください。そうすることで、問題が発生した場合にレジストリを復元できます。レジストリをバックアップおよび復元する方法についての詳細は、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法
  1. レジストリ エディターを開きます。これには、開始] をクリックしますの種類 regedit検索の開始ボックス、および Enter キーを押します。
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\LanmanServer\Parameters\
  3. [編集] メニューで、新規作成をポイントし、[ DWORD (32 ビット) 値] をクリックします。
  4. タイプ ABELevel、し、Enter キーを押します。
  5. で、 編集 メニューのをクリックします 変更.
  6. [値のデータ] ボックスで ABE は、共有フォルダーで有効になっているレベルに応じて数値を入力し、[ OK] をクリックします。
  7. レジストリ エディタを終了します。
ABELevel値は、ABE の機能を有効にするフォルダーの最大レベルを指定します。たとえば ABE を有効にする場合は、\\サーバー\共有ABELevelの値を1に設定する必要があります。ABE を有効にする場合は、\\サーバー\共有\共有ABELevelの値を2に設定する必要があります。場合は、 ABELevelの値が設定されていないか、 0の値が、この修正プログラムは有効になっていません。

上記のキーの値は、次のように設定されます。
値 0 =: ABE (同様にキーがない場合の既定の動作) のすべてのレベルが有効になって
値 = 1: 1 (\server\share) の深さの有効になっている ABE
値 = 2: 2 (\server\share\folder) の深さの有効になっている ABE
複数のレベル。



問題が解決されたかどうかの確認

  • 問題が解決したかどうかを確認します。問題を解決した場合は、このセクションで終了です。問題が解決しない、することができます。 サポートへの問い合わせ.
  • ご意見をお聞かせください。フィードバックを提供するまたはこのソリューションでは、問題を報告するには、してくださいにコメントを記入します」Fix it で解決する「ブログを送信するか、 電子メール.

再起動の必要性

この修正プログラムの適用後、コンピューターを再起動する必要があります。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムを適用しても、以前にリリースされた修正プログラムが置き換えられることはありません。

ファイル情報

この修正プログラムのグローバル版では、次の表に示す各属性を持つファイル群がインストールされます。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。お使いのコンピューターに表示される各ファイルの日付および時刻は、夏時間 (DST) 調整を含めたローカル時刻で表示されます。さらに、ファイルに対して特定の操作を実行すると、日時が変更される場合があります。
Windows Vista と Windows Server 2008 のファイル情報のメモ
重要: 修正プログラムの Windows Vista および Windows Server 2008 の修正プログラムは、同じパッケージに含まれます。ただし、のみ「Windows Vista」が、修正プログラムの要求ページで表示されます。1 つまたは両方のオペレーティング システムに適用される修正プログラム パッケージを要求するには、ページに"Windows Vista"の下に記載されている修正プログラムをオンにします。必ず資料の「対象製品」を参照して、各修正プログラムの適用対象である実際のオペレーティング システムを確認してください。
  • 特定の製品、SR_Level (RTM、SP を適用するファイルn)、および、サービスの支社 (LDR、GDR) は、次の表に示すように、ファイルのバージョン番号を調べることによって識別できます。
    バージョン製品SR_Levelサービス区分
    6.0.600 223xxxWindows Vista および WIndows Server 2008SP2LDR
  • マニフェスト ファイル (.manifest) と、MUM ファイル (.mum) はインストールされているそれぞれの環境には、 別に記載 その他ファイル情報」の Windows Server 2008 と Windows Vista の場合に記載します。MUM ファイルと MANIFEST ファイルと関連付けられているセキュリティ カタログ (.cat) ファイルは、更新されたコンポーネントの状態を維持するために非常に重要です。属性の一覧が表示されていないセキュリティ カタログ ファイルは、Microsoft デジタル署名で署名されています。
すべてのサポートされる x 86 ベース バージョンの Windows Vista および Windows Server 2008
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時刻プラットフォーム
Srvnet.sys6.0.6002.23075102,9122013 年 3 月-08-01:16x86
Srv2.sys6.0.6002.23075148,4802013 年 3 月-08-01:16x86
すべての サポートされるx64 ベース バージョンの Windows Vista および Windows Server 2008
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時刻プラットフォーム
Srvnet.sys6.0.6002.23075146,4322013 年 3 月-08-01:56x64
Srv2.sys6.0.6002.23075178,1762013 年 3 月-08-01:56x64
すべてのサポートされる IA 64 ベースのバージョンの Windows Server 2008
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時刻プラットフォーム
Srvnet.sys6.0.6002.23075294,9122013 年 3 月-08-00:53IA-64
Srv2.sys6.0.6002.23075474,6242013 年 3 月-08-00:53IA-64
Windows 7 および Windows Server 2008 R2 のファイル情報メモ
重要: Windows 7 の修正プログラムと Windows Server 2008 R2 の修正プログラムは、同じパッケージに収められています。ただし、"修正プログラムの要求" ページの修正プログラムは、両方のオペレーティング システムの下に表示されます。一方または両方のオペレーティング システムに適用される修正プログラム パッケージを要求するには、ページ上の "Windows 7/Windows Server 2008 R2" の下に表示されている修正プログラムを選択します。必ず資料の「対象製品」を参照して、各修正プログラムの適用対象である実際のオペレーティング システムを確認してください。
  • 特定の製品、マイルス トーン (RTM、SP を適用するファイルn)、および、サービスの支社 (LDR、GDR) は、次の表に示すように、ファイルのバージョン番号を調べることによって識別できます。
    バージョン製品マイルストーンサービス区分
    6.1.760 1.22xxxWindows 7 および Windows Server 2008 R2SP1LDR
  • GDR サービス区分には、広域で重要な問題に対処するために幅広くリリースされている修正プログラムのみが含まれています。LDR サービス区分には、幅広くリリースされている修正プログラムに加えて、緊急性の高い修正プログラムが含まれます。
  • マニフェスト ファイル (.manifest) と、MUM ファイル (.mum) はインストールされているそれぞれの環境には、 別に記載 その他ファイル情報」の Windows Server 2008 R2 と Windows 7 のセクション。MUM と MANIFEST ファイルおよび関連付けられているセキュリティ カタログ (.cat) ファイルは、更新されたコンポーネントの状態を維持するために重要です。属性の一覧が表示されていないセキュリティ カタログ ファイルは、Microsoft デジタル署名で署名されています。
サポートされているすべての x86 ベース バージョンの Windows 7
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時刻プラットフォーム
Srv2.sys6.1.7601.22055312,83213-7 月-201207:32x86
サポートされているすべての x64 ベース バージョンの Windows 7 および Windows Server 2008 R2
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時刻プラットフォーム
Srv2.sys6.1.7601.22055408,06413-7 月-201207:55x64
サポートされているすべての IA-64 ベース バージョンの Windows Server 2008 R2
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時刻プラットフォーム
Srv2.sys6.1.7601.22055795,13613-7 月-201207:25IA-64
状況
マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
ソフトウェア更新プログラムの用語の詳細については、次の文書番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
824684 マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される標準的な用語について

追加ファイル情報

Windows Server 2008 と Windows Vista の場合、追加のファイル情報

すべてサポートされている x86 ベース バージョンの Windows Vista および Windows Server 2008 用の追加ファイル
ファイル名Update.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ2,412
日付 (UTC)2013 年 3 月-08-
時刻 (UTC)08:53
プラットフォーム該当なし
ファイル名X86_6df2524a855db25db8debd1a3c61fbdd_31bf3856ad364e35_6.0.6002.23075_none_f0b063736186f369.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ1, 048
日付 (UTC)2013 年 3 月-08-
時刻 (UTC)08:53
プラットフォーム該当なし
ファイル名X86_microsoft windows smbserver common_31bf3856ad364e35_6.0.6002.23075_none_05ff7be9269f61de.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ4,227
日付 (UTC)2013 年 3 月-08-
時刻 (UTC)04:00
プラットフォーム該当なし
ファイル名X86_microsoft windows smbserver v2_31bf3856ad364e35_6.0.6002.23075_none_dc15e7240cf3feed.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ4,426
日付 (UTC)2013 年 3 月-08-
時刻 (UTC)03:57
プラットフォーム該当なし
すべてサポートされている x64 ベース バージョンの Windows Vista および Windows Server 2008 用の追加ファイル
ファイル名Amd64_8b11ed075b0befcdc4550779950d2123_31bf3856ad364e35_6.0.6002.23075_none_5ab58f521e40bc57.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ1,054
日付 (UTC)2013 年 3 月-08-
時刻 (UTC)08:53
プラットフォーム該当なし
ファイル名Amd64_microsoft windows smbserver common_31bf3856ad364e35_6.0.6002.23075_none_621e176cdefcd314.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ4,493
日付 (UTC)2013 年 3 月-08-
時刻 (UTC)04:12
プラットフォーム該当なし
ファイル名Amd64_microsoft windows smbserver v2_31bf3856ad364e35_6.0.6002.23075_none_383482a7c5517023.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ4,688
日付 (UTC)2013 年 3 月-08-
時刻 (UTC)04:07
プラットフォーム該当なし
ファイル名Update.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ2,430
日付 (UTC)2013 年 3 月-08-
時刻 (UTC)08:53
プラットフォーム該当なし
すべてのサポートされている IA 64 ベース バージョンの Windows Server 2008 の他のファイル
ファイル名Ia64_b3890cea3a7e9c29ba0cc20141acdb57_31bf3856ad364e35_6.0.6002.23075_none_4b574d121928e337.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ1,051
日付 (UTC)2013 年 3 月-08-
時刻 (UTC)08:53
プラットフォーム該当なし
ファイル名Ia64_microsoft-windows-smbserver-common_31bf3856ad364e35_6.0.6002.23075_none_06011fdf269d6ada.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ4,488
日付 (UTC)2013 年 3 月-08-
時刻 (UTC)02:28
プラットフォーム該当なし
ファイル名Ia64_microsoft windows smbserver v2_31bf3856ad364e35_6.0.6002.23075_none_dc178b1a0cf207e9.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ4,683
日付 (UTC)2013 年 3 月-08-
時刻 (UTC)02:25
プラットフォーム該当なし
ファイル名Update.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ2,255
日付 (UTC)2013 年 3 月-08-
時刻 (UTC)08:53
プラットフォーム該当なし

Windows 7 および Windows Server 2008 R2 の追加ファイル情報

サポートされているすべてのバージョンの Windows 7 (x86 ベース) 用の追加ファイル
ファイル名Update.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ1,643
日付 (UTC)17-9 月-2012
時刻 (UTC)14:21
プラットフォーム該当なし
ファイル名X86_e72bc273f644e60d54fcdca202bc65e9_31bf3856ad364e35_6.1.7601.22055_none_63b615ddfbb7e26c.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ700
日付 (UTC)17-9 月-2012
時刻 (UTC)14:21
プラットフォーム該当なし
ファイル名X86_microsoft windows smbserver v2_31bf3856ad364e35_6.1.7601.22055_none_dc533e936dfb206d.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ2,655
日付 (UTC)13-7 月-2012
時刻 (UTC)10:00
プラットフォーム該当なし
サポートされているすべての x64 ベース バージョンの Windows 7 および Windows Server 2008 R2 用の追加ファイル
ファイル名Amd64_5b544784de2c15a7653245d1dcffeb10_31bf3856ad364e35_6.1.7601.22055_none_575d12729f381228.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ704
日付 (UTC)17-9 月-2012
時刻 (UTC)14:21
プラットフォーム該当なし
ファイル名Amd64_microsoft windows smbserver v2_31bf3856ad364e35_6.1.7601.22055_none_3871da17265891a3.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ2,657
日付 (UTC)13-7 月-2012
時刻 (UTC)11:00
プラットフォーム該当なし
ファイル名Update.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ1,853
日付 (UTC)17-9 月-2012
時刻 (UTC)14:21
プラットフォーム該当なし
サポートされているすべてのバージョンの Windows Server 2008 R2 (IA-64 ベース) の追加ファイル
ファイル名Ia64_854dfe5defc20e72c0d97628b3643e98_31bf3856ad364e35_6.1.7601.22055_none_36fe35d9345f6cf4.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ702
日付 (UTC)17-9 月-2012
時刻 (UTC)14:21
プラットフォーム該当なし
ファイル名Ia64_microsoft windows smbserver v2_31bf3856ad364e35_6.1.7601.22055_none_dc54e2896df92969.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ2,656
日付 (UTC)13-7 月-2012
時刻 (UTC)11:00
プラットフォーム該当なし
ファイル名Update.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ1,447
日付 (UTC)17-9 月-2012
時刻 (UTC)14:21
プラットフォーム該当なし
fixme fixit 修正します。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2732618 - 最終更新日: 05/04/2015 02:12:00 - リビジョン: 6.0

Windows Server 2008 R2 Standard, Windows Server 2008 R2 Enterprise, Windows Server 2008 R2 Datacenter, Windows Server 2008 R2 for Itanium-Based Systems, Windows Web Server 2008 R2, Windows Server 2008 R2 Foundation, Windows 7 Enterprise, Windows 7 Home Basic, Windows 7 Home Premium, Windows 7 Professional, Windows 7 Ultimate, Windows Vista Business, Windows Vista Business 64-bit edition, Windows Vista Enterprise, Windows Vista Enterprise 64-bit edition, Windows Vista Home Basic, Windows Vista Home Basic 64-bit edition, Windows Vista Home Premium, Windows Vista Home Premium 64-bit edition, Windows Vista Ultimate, Windows Vista Ultimate 64-bit edition, Windows Server 2008 Datacenter, Windows Server 2008 Datacenter without Hyper-V, Windows Server 2008 Enterprise, Windows Server 2008 Enterprise without Hyper-V, Windows Server 2008 for Itanium-Based Systems, Windows Server 2008 Standard, Windows Server 2008 Standard without Hyper-V

  • kbautohotfix kbqfe kbHotfixServer kbfix kbexpertisebeginner kbsurveynew kbfixme kbmsifixme kbmt KB2732618 KbMtja
フィードバック