現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Outlook 2007 および Outlook 2010 で [接続ステータス] ダイアログへの更新

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2737188
概要
Microsoft Office Outlook 2007年および Microsoft Outlook 2010 の 2012 年 6 月 26 日修正プログラム パッケージでは、追加の詳細情報を提供する接続の状態ダイアログ ボックスが更新されました。これらは、Office 365 環境での Microsoft Exchange Online のアカウントに接続するときに特に便利です。
詳細
Outlook の接続 statusproperties を表示するのには以下の手順を実行します。

  1. Ctrl キーを押し、押し、通知領域にOutlookアイコンをクリックします。

    注: Windows 7 では既定では、通知領域のビューから [Outlook] アイコンは表示されません。
  2. [接続状態] をクリックします。

Outlook 2007 および Outlook 2010 の 2012 年 6 月 26 日修正プログラム パッケージでは、Exchange Server の接続状態] ダイアログ ボックスにいくつかの変更を紹介します。ダイアログ ボックスのサイズを変更し、いくつかの列が追加されました。列の説明の後に、次の例のイメージを参照してください。

Microsoft Exchange の接続状態のスクリーン ショット

CID
この列は、接続 ID を示します。マイクロソフトのサポート エンジニアが接続の問題の診断に役立つ 2 人乗りでログ データをトラブルシューティングする Outlook でこの情報は使用します。

SMTP アドレス
Outlook では、複数の Exchange アカウントをサポートするため、この列は、特定の接続に関連付けられている勘定を示します。

プロキシ サーバー
これは、Outlook が接続するプロキシの serverthrough を示します。TCP (RPC TCP) 経由で RPC を使用する Exchange サーバーに接続している場合、プロキシの名前は表示されません。[サーバー名] 列 (サーバー名] 列のスクリーン ショットからを省略すると)、theRPC サーバーのみが表示されます。

各種の認証
この列では、認証の種類の 1 つの Outlook の接続の使用を示します。使用可能な値は次のとおりです。

エラー
チェック ボックスをオフにメモOutlook を使用して、[消去する] (通常は SSL を使用)、基本認証を示すために
NTLM
NEGO
KERBEROS
匿名

Outlook は、接続が複数のプロトコルを使用する場合、各種の認証] 列に複数の値を表示できます。このような場合は、これらをスペースで区切られます。サンプルのスクリーン ショットには、この値を参照してください。

[匿名] をオフに

例のスクリーン ショット、接続プロトコル] 列は RPC 要求します。匿名認証と HTTP の部分が基本 (クリア テキスト) を使用している現在の接続オブジェクトの RPC の部分を使用している各種の認証の列表示されます。

注: 認証のカラムだけでは、Outlook の接続のセキュリティを完全に定義しません。接続を相互参照して、接続のセキュリティを確認する必要があります(接続) と暗号化(暗号化) の列です。


暗号化
この列は、接続で使用される暗号化の種類を示します。使用可能な値は次のとおりです。

エラー
なし
SSL
なし
[はい]

[認証] 列と同じように、[暗号化] 列に複数のプロトコルに関する情報ことがあります。その場合は、各プロトコルの詳細については、スペースで区切られます。サンプルのスクリーン ショットには、この値を参照してください。

SSL [いいえ]

例のスクリーン ショットでは、接続プロトコルの列の値は、RPC 要求を表示します。暗号化列がわかりますこの接続オブジェクトの HTTP の部分は、SSL を使用して暗号化されて、暗号化には、RPC の部分がないです。

RPCPort
このフィールドの値を使用して、ポートに接続されている Outlook と統合の接続が正しく動作しているかどうかをすばやく判断できます。

タイプ
この列の値は、Exchange の端点の接続を指定します。ディレクトリ、メール、GC (レガシ)、およびパブリックの値が含まれます (パブリック フォルダー ストア)。

平均反応
この列には、クライアントの要求の平均ラウンド トリップの要求と応答時間が表示されます。平均応答時間を考慮する場合のサンプル サイズを大きくより顕著を得接続の待機時間。十分大きなサンプル サイズ (100 要求と応答のペア) を想定して、Outlook のオンライン モードの接続は、250 ミリ秒の最大の平均応答時間を必要し、Outlook のキャッシュ モード クライアントの接続に最適なクライアントのパフォーマンスを 250 ミリ秒間の潜在期間の最大する必要があります。

注: この値には、サーバーの待機時間が含まれています。


平均処理
この列には、Exchange が Outlook に報告されたクライアント側の要求の平均処理時間が表示されます。

セッションの種類
これは、Outlook が Exchange キャッシュ モードまたはオンライン モードで Exchange のメールボックスに接続されているかどうかを指定します。この情報は、待ち時間の問題のトラブルシューティングを行う場合に便利です。Forground、背景、スプーラー、およびキャッシュに使用可能な値が含まれます。

Interface
この列には、特定の Outlook 接続で使用されているローカルのネットワーク カードが表示されます。

接続
このコラムでは、特定の接続で使用されている接続プロトコルのバインドについて説明します。HTTP、TCP、RPC では、値が含まれます。

バージョン
この列には、特定の接続の Exchange サーバーのバージョンが一覧表示されます。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2737188 - 最終更新日: 04/01/2016 04:22:00 - リビジョン: 3.0

Microsoft Outlook 2010, Microsoft Office Outlook 2007

  • kbmt KB2737188 KbMtja
フィードバック
html>