Excel 2007 および Excel 2010 で分割した画面の上下で表示している行見出しの最大桁が異なる状態でカーソルを移動すると残像が表示される

現象
Microsoft Office Excel 2007 および Microsoft Excel 2010 において、上下にウィンドウを分割したファイルで、上のウィンドウの行見出しが最大 3 桁、下のウィンドウの行見出しが最大 4 桁といったように、分割した上下のウィンドウで表示している行見出しの最大桁が異なる状態で、カーソルキーで右に移動させてから A 列まで戻ると、各列の右側に残像が表示されます。
回避策
現時点で、現象の発生を抑制する事前の対処方法はありません。
以下は現象発生事後の対処方法となります。
残像が表示された状態で以下のいずれかの操作を行い、画面を再描画して残像を解消してください。
  • 画面をスクロールする
  • シートの表示倍率を変更する
  • ウィンドウを一旦最小化後、最大化する
  • 一旦 [ファイル] タブをクリックして [ホーム] タブをクリックする
  • 標準ビューから改ページプレビューへなど、ビューを切り替える
  • Sheet1 から Sheet2 へなど、シートを切り替える
状況
マイクロソフトでは、この問題について現在調査中です。詳細については、わかりしだいこの資料に掲載する予定です。
詳細
問題の再現手順
  1. Excel 2010 を起動します。
  2. [表示] - [ウィンドウ] - [分割] をクリックします。
  3. 垂直方向の分割バーでダブルクリックして、水平方向の分割バーのみ表示します。
  4. 分割された下のウィンドウをアクティブにして、Ctrl + G キーを押下し、[参照先] に「A1000」と入力して [OK] をクリックします。
    これにより、上のウィンドウの行番号は最大 2 桁表示され、下のウィンドウの行番号は最大 4 桁表示された状態となります。
  5. 上のウィンドウをアクティブにし、[→] キーを長押しして画面をスクロールします。
  6. [←] キーを長押しして画面をスクロールします。
結果
各列の右側に残像が表示されます。
なお、手順 4 の時点で、上のウィンドウの行番号は最大 3 桁、下のウィンドウの行番号は最大 4 桁表示された状態でも再現します。
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:2737262 - 最終更新日: 09/29/2016 09:41:00 - リビジョン: 3.0

Microsoft Office Excel 2007, Microsoft Excel 2010

  • kbtshoot KB2737262
フィードバック