現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

FIX、rc:Toolbar、SSRS レポートをレンダリングするときにエラー メッセージを使用して = false パラメーターの URL:「レポート サーバーのデータベース内でエラーが発生」

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2739213
Microsoft Microsoft SQL Server 2008 R2 Service Pack 2 修正プログラム 1 のダウンロード ファイルとして配布しています。修正プログラムは累積的であるため、各新しいリリースすべての修正プログラムが含まれているし、以前 SQL Server 2008 R2 Service Pack 2 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。
現象
次のシナリオについて考えてみましょう:
  • 設定して、cookie なしのセッションを使用するには、レポート サーバーを構成する、 UseSessionCookies レポート サーバーのシステム プロパティ False Microsoft SQL Server 2008 R2 または Microsoft SQL Server 2012年で。
  • 自動的に更新するには、SQL Server レポート サービス (SSRS) レポートを構成する各 x 秒。
  • レポートを使用して、 rc:Toolbar = false URL 内のパラメーターです。
  • レポートを表示します。
このシナリオでは、レポートに最初に正しく表示されます。ただし、SSRS レポートを自動的に更新する際に、次のエラー メッセージが表示されます。

エラーは、レポート サーバー データベース内でが発生しました。接続の失敗、タイムアウトまたはディスク状態データベース内にあります。(rsReportServerDatabaseError)オンライン ヘルプを表示します。
オブジェクトに重複するキー行を挿入することはできません ' dbo。SessionData' を一意インデックス 'IDX_SessionData'。重複するキー値 (onxrpsralint5h55w1tjfcn1) です。ステートメントは終了されました。


解決方法

累積的な更新プログラムの情報

SQL Server 2012年の累積的な更新 5

この問題に対する修正は累積的な更新 5 にまずリリースされました。この累積的な更新プログラム パッケージを SQL Server 2012 の入手方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の資料番号をクリックします。
2777772 累積的な更新プログラム パッケージの 5 の SQL Server 2012
ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースすべての修正プログラムが含まれているし、以前の SQL Server 2012 で含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。この修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用を検討することをお勧めします。詳細については、以下の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
2692828 SQL Server 2012 のリリース後にリリースされた SQL Server 2012 のビルド

SQL Server 2008 R2 Service Pack 2

この問題に対する修正は SQL Server 2008 R2 Service Pack 2 の累積的な更新プログラム 3 で最初リリースされました。この累積的な更新プログラム パッケージの入手方法の詳細については、以下の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
2754552 SQL Server 2008 R2 Service Pack 2 用の累積的な更新パッケージ 3
ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースすべての修正プログラムが含まれているし、以前 SQL Server 2008 R2 Service Pack 2 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。この修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用を検討することをお勧めします。詳細については、以下の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
2567616 SQL Server 2008 R2 Service Pack 1 のリリース後にリリースされた SQL Server 2008 R2 を作成します。
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
回避策
この問題を回避するには、使用しない、 rc:Toolbar = falseパラメーターの URL、および変更は、カスケード スタイル シート (.css) ファイル、レポート ツールバーは HTML ビューアーおよびレポート マネージャーのスタイルを定義します。

HTML ビューアーおよびレポート マネージャーのスタイル シートをカスタマイズする方法の詳細については、次のマイクロソフト TechNet web サイトに移動します。
詳細
レポート サーバーのシステム プロパティの詳細については、次の Microsoft Developer Network (MSDN) web サイトに移動します。 URL アクセスの詳細については、次の MSDN web サイトに移動します。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2739213 - 最終更新日: 12/17/2012 23:57:00 - リビジョン: 3.0

Microsoft SQL Server 2008 R2 Reporting Services, Microsoft SQL Server 2008 R2 Datacenter, Microsoft SQL Server 2008 R2 Enterprise, Microsoft SQL Server 2008 R2 Developer, Microsoft SQL Server 2008 R2 Standard, Microsoft SQL Server 2008 R2 Web, Microsoft SQL Server 2008 R2 Workgroup, Microsoft SQL Server 2008 R2 Express with Advanced Services, Microsoft SQL Server 2012 Developer, Microsoft SQL Server 2012 Enterprise, Microsoft SQL Server 2012 Express, Microsoft SQL Server 2012 Web, SQL Server 2012 Enterprise Core, Microsoft SQL Server 2012 Standard

  • kbqfe kbfix kbsurveynew kbexpertiseadvanced kbmt KB2739213 KbMtja
フィードバック