現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラムのロールアップ 11

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2739504
はじめに
Microsoft Dynamics CRM 2011 ののための更新プログラムのロールアップ 11 は使用できます。この資料は、修正プログラムおよびこの更新プログラムのロールアップに含まれる更新プログラムについて説明します。この更新プログラムのロールアップは、Microsoft Dynamics CRM 2011 でサポートされているすべての言語に対して利用可能です。

メモ 以前更新プログラムのロールアップ (更新プログラムのロールアップ 10 を Microsoft Dynamics CRM 2011) その他の機能とサポートが導入されました。詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
更新プログラムのロールアップ 10 には複数のクエリを取得して、クイック検索機能のパフォーマンスの向上が含まれます。詳細については、「大規模なデータセットに対するクエリのパフォーマンスを最適化する」および「簡易検索クエリ パフォーマンスの最適化」を参照してください、次のマイクロソフトのホワイト ペーパーのセクション。
詳細

この更新プログラムのロールアップのビルド番号とファイル名

プログラムのロールアップ パッケージビルド番号(32 ビット版) のファイル名(64 ビット版) のファイル名
Microsoft Dynamics CRM 2011 サーバー5.0。 9690.2839該当なしCRM2011-サーバー-KB2739504-LangID-amd64.exe
Microsoft Office Outlook 用 Microsoft Dynamics CRM 20115.0。 9690.2838CRM2011-クライアント-KB2739504-LangID-i386.exeCRM2011-クライアント-KB2739504-LangID-amd64.exe
E-mail Router の Microsoft Dynamics CRM 20115.0。 9690.2835CRM2011-ルーター-KB2739504-LangID-i386.exeCRM2011-ルーター-KB2739504-LangID-amd64.exe
Microsoft Dynamics CRM 2011 のレポートの作成の拡張機能5.0。 9690.2835CRM2011-入札-KB2739504-LangID-i386.exe該当なし
Microsoft Dynamics CRM 2011 の言語パック5.0。 9690.2835CRM2011-Mui-KB2739504-LangID-i386.exeCRM2011-Mui-KB2739504-LangID-amd64.exe
Microsoft Dynamics CRM 2011 のレポートの拡張機能5.0。 9690.2835該当なしCRM2011 の Sr-KB2739504-LangID-amd64.exe

更新プログラムのロールアップの情報

Microsoft Dynamics CRM 2011 用の更新プログラム ロールアップ 11 が、2012 年 10 月 11 日にオンプレミス顧客向けに利用可能となります。

次のファイルは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロード可能です :
ダウンロード2739504 パッケージを今すぐダウンロードします。

リリース日: 2012 年 10 月 11 日

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次の資料番号をクリックして、Microsoft Knowledge Base 内にある資料を参照してください。 119591 ファイルをオンラインからマイクロソフトのサポートを入手する方法マイクロソフトのサービスはこのファイルのウイルスをスキャンします。マイクロソフトは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用しました。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

インストール情報

重要Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラムのロールアップ 6 またはそれ以降のバージョンを使用して作成されたデータベースは、Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラムのロールアップ 5 または以前のバージョンの配置にはインポートできません。このシナリオはサポートされていません。

Windows の更新プログラムのインストール

Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラムのロールアップの 11 を自動的にインストールする、Windows Update を使用します。Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラムのロールアップ 11 は、2012 年 10 月 23 日に Windows Update で利用できます。

自動的に推奨される更新プログラムのインストールに Windows を設定することもできます。この設定は重要でない問題に対処し、コンピューティング環境を向上させることがことができます。オプションの更新プログラムしないダウンロードが自動的にインストールします。

Microsoft が公開する更新プログラムの種類についての詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
Windows Update を使用して、Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラムのロールアップの 11 をインストール、以下の手順を実行します。
  1. 開始をクリックして入力 更新プログラム検索の開始ボックス。結果の一覧で、 Windows Updateをクリックします。
  2. ナビゲーション ウィンドウには、更新プログラムの確認] をクリックを Windows コンピューター用の最新の更新プログラムによってチェックされるを待ちます。
  3. 更新プログラムが利用可能なまたは重要な更新プログラムを確認するプロンプトが重要なことを示すメッセージが表示されたら、する場合を表示し、重要な更新プログラムをインストールするを選択できます。
  4. ボックスの一覧で [重要な更新の詳細についてをクリックします。更新プログラムをインストールするには、チェック ボックスをオンにし、[ OK] をクリックします。
  5. 更新プログラムのインストール] をクリックします。
  6. 読み取り (場合、更新プログラムにはこの操作が必要です) し、[完了] をクリックし、ライセンス条項に同意します。管理者のパスワードのプロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。場合は、確認メッセージが表示されたら、確認を提供します。

Microsoft Dynamics CRM サーバー コンポーネント用の更新プログラムのロールアップの 11 更新プログラムが Windows Update に転記しないように注意してください。ただし、他のすべてのコンポーネントがここで転記されます。

手動インストール

Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラムのロールアップの 11 を手動でインストールする、次の手順を実行します。

Microsoft Dynamics CRM 2011 ののための更新プログラムのロールアップ 11 は 2012 年 10 月 23 日に Windows Update で利用できます。
  1. 次の Microsoft Update カタログ web サイトに移動します。
  2. 検索 ボックスに、入力2739504、し、[検索] をクリックします。
  3. クリックして追加 更新プログラムをバスケットに追加します。
  4. [ダウンロード] をクリックします。
  5. 参照] をクリックして、更新をダウンロードするフォルダーを指定し、[ OK] をクリックします。
  6. [続行] をクリックし、同意 、マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項に同意します。
  7. 指定した場所に、更新プログラムがダウンロードされるときに、[閉じる] をクリックします。
Microsoft Update カタログの詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
323166 ドライバーや、Windows Update カタログからの修正プログラムが含まれている更新プログラムをダウンロードする方法

追加のインストール情報

  • この更新プログラムのロールアップをインストールすると、CRM の既存のセッションを終了して、変更を組み込むための新しい CRM セッションを開始ください。
  • 言語パックのプロビジョニングを解除すると、その言語を使用しているすべての Microsoft Dynamics CRM ユーザーの言語設定は、既定の言語に戻ります。再プロビジョニング プロセスでは、ユーザーの言語設定は更新されません。したがって、ユーザーは Microsoft Dynamics CRM 2011 にログオンするときに、[個人用オプション] セクションで、言語の設定をリセットする必要があります。

前提条件

Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラムのロールアップ 6 (ビルド 5.0.9690.1992) またはそれ以降のバージョンにこの更新プログラムのロールアップを適用するインストールされている必要があります。更新プログラムのロールアップ 6 の詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックします。
2600640 Microsoft Dynamics CRM 2011 用の更新プログラムのロールアップ 6 が利用可能です。
互換性に関する詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックします。

2669091 Microsoft Dynamics CRM の互換性リスト

再起動の必要性

ダイアログ ボックスが表示されたら、更新プログラムのロールアップを適用した後、コンピューターを再起動します。

削除情報

Microsoft Dynamics CRM を実行しているサーバーから更新プログラムのロールアップの 11 をアンインストールできます。ただし、更新プログラムのロールアップの 11 をアンインストールする前に、データベースをバックアップする必要があります。詳細については、以下の Microsoft Developer Network (MSDN) web サイトを参照してください。ある 10v2 の更新プログラムのロールアップ更新プログラムのロールアップの 10v1 の上に適用すると、CRM Outlook クライアントの場合は何らかの理由で更新プログラムのロールアップは、10v2 が削除された場合は、再構成することを注意してください。

Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラムのロールアップ 11 で解決される問題

更新プログラムのロールアップ 11 には、次の修正プログラムおよび更新プログラムが含まれます。
  • Microsoft Dynamics CRM 2011 組織 Microsoft Dynamics CRM 4.0 からアップグレードする場合は、SystemForm エンティティのアクセス許可が正しく割り当てられていません。
  • 電子メール メッセージに関連を設定する関数を実行すると、検索ダイアログ ボックス ビューのすべてのアクティブなアカウントを一覧表示します。ただし、ルックアップに別の既定ビューを設定することができます。
  • WAUTH パラメーターは、フェデレーション プロバイダー プロパティは、展開 web サービスではサポートされていません。
  • 差し込み印刷機能を実行すると、CRM アドインがクラッシュする Word オートメーション サービス。
  • 組織の設定で、最初の年の週の設定を変更するとシステムが週ごとにグループ化された日付データの一部を取得するフェッチ機能を使用する場合、変更は考慮されません。
  • Outlook のアラーム時刻を変更すると、定期的な予定が破損しています。
  • [アクティビティ表示、クイック検索の検索を実行すると予期しない結果可能性があります戻ります。
  • Outlook 2010 では、CRM のリボンを非表示にすることはできません。
  • アドレス帳同期エンティティ] ボックスの一覧は、セキュリティのアクセス許可ではフィルター処理されません。
  • Outlook 用 Microsoft Dynamics CRM 2011 のクライアントで一括操作を実行するとパフォーマンスが低下が発生します。
  • クレーム認証展開、CRM web サイトにアクセスすると認証エンジンは、要求を拒否可能性があります。この状況で、次のエラー メッセージが表示されます。
    404 - ファイルまたはディレクトリが見つかりません。
  • 探索サービスを参照するには、次のエラー メッセージが表示されます。
    サーバーの内部エラーのため要求を処理できませんでした。
    この問題は、展開マネージャーのアドレスのため発生します。
  • ルール展開ウィザードは、Microsoft Exchange Server 2003年と Exchange Server 2010年の混在環境では機能しません。
  • カスタム メニュー オプションを使用すると、Internet Explorer のスクリプト エラーが表示されることがあります。
  • クイック検索では、ユーザーの既定の日付形式の設定は適用されません。
  • セカンダリ並べ替え機能は、クライアントの Microsoft Dynamics CRM 2011 では、ビューでは機能しません。この問題は、DisableMapiCaching のレジストリ キーが有効になっている場合に発生します。
  • ワークフロー インスタンスはワークフロー定義の Microsoft Dynamics CRM 4.0 からアップグレードしたワークフロー定義を使用して所有するユーザーまたはチームが所有している場合に正しく機能しません。
  • CreatedOn と ModifiedOn プライマリ ユニットの出荷単位レコードの値は、データベースで不適切な形式で生成されます。
  • Dynamics CRM 2011 組織にクライアントを接続するときに、Outlook 用 Microsoft Dynamics CRM 4.0 のクライアントは正しく動作しません。
  • Outlook 2007 は、Exchange キャッシュ モードを無効にする、同期を実行する同期 web クライアントから送信された CRM 電子メール活動を再び昇格しようとします。
  • 印刷プレビュー フォームを閉じるしようとすると、スクリプト エラーが発生します。サブグリッドを含むタブが表示されていない場合、この問題が発生します。
  • マネージド ソリューションをインポートするときに監査レコードが予期せず生成されます。
  • Active Directory フェデレーション サービス (ADFS) ユーザーの信頼できるパートナーと dynamics CRM クレーム ベース認証が機能しません。
  • フォーム エディターでは、Dynamics CRM 2011 属性の検索設定を変更した後が予期せずフォーム エディターですべてのフィールドは淡色表示されます。
  • いいえ検索値を持つフィールドが含まれるソリューションをインポートするときに検索可能なフィールドの設定が正しく更新されません。
  • Windows 8 を実行しているコンピューター上の Outlook 用 Microsoft Dynamics CRM 2011 のクライアントをインストールするときに Windows アイデンティティ基盤 (WIF) は使用できません。
  • 予期せず、JavaScript エディターは 2,000 文字に制限です。このような場合に、2,000 を超える文字が含まれているスクリプトが切り捨てられます。
  • SQL Server CE 4.0 を使用する、Outlook 用 Microsoft Dynamics CRM 2011 のクライアントを構成するときに、クライアントがクラッシュします。
  • ソリューションをインポートしようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。
    無効な XML が含まれているため、ソリューション パッケージをインポートできません。
  • クイック検索は失敗し、結果は表示されません。
  • 保存、フォームを保存すると、背景のメイン ページのグリッドの [更新] 操作によってアクションがブロックされることがあります。
  • Microsoft Dynamics CRM クライアントのトレース ログには、次のエラー メッセージが記録されます。
    NullReferenceException<InvalidateItemCache></InvalidateItemCache>
  • フォームの保存は、背景ページのメイン グリッドの更新によってブロックされます。
  • スケジュール ダイアログ ボックス フォーム ポップアップ、再スケジュールのサービス活動を保存します。
  • 重複データ検出ジョブは、12 を超えるレコードは表示されず、ページ ナビゲーションが無効になります。
  • 「エラーが発生しましたこのビューではレコードの表示」のエラー メッセージ問題の特別なフィルターを使用するとします。
  • Outlook でのグラフの X フィールドと Y フィールドを設定することはできません。
  • DBO をオブジェクトに重複するキー行を挿入できません。ソリューションをインポートするときに、DependencyNodeBase です。
  • Web クライアントで予定が初めて作成されたとき Outlook 用 Microsoft CRM クライアントに重複した予定が作成されると、Outlook では編集します。

修正プログラムおよび更新を有効にするか手動で構成する必要があります。


Microsoft Dynamics CRM 2011 ののための更新プログラムのロールアップ 11 または修正プログラムが含まれています有効にするか手動で構成する必要がありますを更新します。

ルール展開ウィザードは、Exchange 2003 と Exchange 2010 の混在環境では機能しません。

ルール展開ウィザードは、Exchange 2003 と Exchange 2010 の混在環境では機能しません。


Microsoft Dynamics CRM 2011 には、以下の修正プログラムと更新を有効にするか手動で構成する必要がありますが含まれているために、プログラムのロールアップの 10 を更新します。EnableRetrieveMultipleOptimization の機能の詳細についてを最適化して Microsoft Dynamics CRM 2011 のサーバー インフラストラクチャのパフォーマンスを維持するこのホワイト ペーパーの「最適化、パフォーマンスのクエリに対して大規模なデータセット」セクションを表示します。クイック検索機能の詳細についてを最適化して Microsoft Dynamics CRM 2011 のサーバー インフラストラクチャのパフォーマンスを維持するこのホワイト ペーパーの「の最適化、パフォーマンスのクイック検索クエリ」セクションを表示します。最適化して Microsoft Dynamics CRM 2011 のサーバー インフラストラクチャのパフォーマンスを維持するホワイト ペーパーをダウンロードするには、次のマイクロソフト ダウンロード センター web サイトに移動します。Microsoft Dynamics CRM 2011 には、以下の修正プログラムと更新を有効にするか手動で構成する必要がありますが含まれている更新プログラムのロールアップ 8。有効にするまたは Microsoft Dynamics CRM 2011 を実行しているサーバーでこれらの修正プログラムまたは更新プログラムを構成するには、次のマイクロソフト サポート技術情報の資料手順を実行します。詳細については、以下の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
2651621 Microsoft Dynamics CRM 2011 で利用可能な時間を検索を使用するとパフォーマンスが低下が発生します。
Microsoft Dynamics CRM 2011 用の更新プログラムのロールアップ 7 には、修正プログラムや更新を有効にするか手動で構成する必要があります含まれません。

Microsoft Dynamics CRM 2011 は、以下の修正プログラムと更新を有効にするか手動で構成する必要がありますが、プログラムのロールアップ 6 を更新します。有効にするまたは Microsoft Dynamics CRM 2011 を実行しているサーバーでこれらの修正プログラムまたは更新プログラムを構成するには、次のマイクロソフト サポート技術情報の資料手順を実行します。記事には手順を実行することができますが含まれています、PrincipalObjectAccess テーブルをクリーンアップするのには、Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラムのロールアップ 6 をインストールした後。
2664150 CRM 2011 で PrincipalObjectAccess テーブルの増大を制御する方法
2741514 Microsoft Dynamics CRM でビューを固定するときにパフォーマンスの低下
Microsoft Dynamics CRM 2011 用の更新プログラムのロールアップ 5 には、修正プログラムや更新を手動で構成する必要があります含まれません。

Microsoft Dynamics CRM 2011 用の更新プログラムのロールアップ 4 には、修正プログラムや更新を手動で構成する必要があります含まれません。

Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラムのロールアップ 3 には、修正プログラムや更新を手動で構成する必要があります含まれません。

Microsoft Dynamics CRM 2011 用更新プログラムのロールアップ 2 は、有効にするか手動で構成する必要がある以下の修正プログラムと更新プログラムを含みます。有効にするまたは Microsoft Dynamics CRM 2011 を実行しているサーバーでこれらの修正プログラムまたは更新プログラムを構成するには、次のマイクロソフト サポート技術情報の資料手順を実行します。資料には、Microsoft Dynamics CRM 2011 リリース版の機能を維持したい場合に Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラム ロールアップ 2 をインストールする前に実行できる手順が含まれています。
2535245 Microsoft Dynamics CRM 2011 の大規模なデータセットで RetrieveMultiple クエリを実行すると、パフォーマンスが低下します。
Microsoft Dynamics CRM 2011 用の更新プログラム ロールアップ 1 には、手動で構成する必要のある修正プログラムや更新は含まれません。

修正プログラムおよび個々 の修正プログラムとしてリリースされた更新プログラム

次のバグは修正され重要なオンデマンド (COD) 修正プログラムとして提供されました。

  • 管理ダイアログ ボックスを開くには、Outlook 用 Microsoft Dynamics CRM 2011 のクライアントで、メモリ リークが発生します。さらに、Outlook クライアントがクラッシュすることがあります。
  • サービス活動エンティティの Jscript ライブラリ エディターを使用して、OnSave アクションのスクリプトを追加すると、OnSave アクションはできませんレコードは、データベースの更新、サービス活動の前に期待どおり。
  • 価格表品目を変更したときにクローズされた営業案件が予期せずに更新されます。
  • 予期せずに既存のレコードを持つエンティティの送信の電子メール オプションを有効にできません。
  • Microsoft Dynamics CRM 2011 で追跡された電子メール メッセージに返信するには、2 つのエントリが挿入されません、ActivityPointerBase テーブルに正しくされます。
  • ソフトウェア開発キット (SDK) プラグインのカスタム エラー メッセージは期待どおりには表示されません。代わりに、ISV コードの操作が中断されたことを示す汎用のエラー メッセージが表示されます。
  • 突然、営業資料の添付ファイル、ユーザー定義エンティティには追加できません。
  • 多くのメンバーをマーケティング リストに追加すると、パフォーマンスが低下が発生します。さらに、Internet Explorer のスクリプト エラーが発生します。メンバー検索では、ページング機能を使用すると、この問題が発生します。
  • 複数のセキュリティで保護されたトークン サービス (STS) を使用するには、Microsoft Dynamics CRM 2011 にアクセスする、ときに WHR パラメーター (ホーム レルム)、CRM のサイトマップに追加されたは突然パラメーター フィルターによってブロックされます。
  • Microsoft Dynamics CRM 2011 で予定を作成することを想定しています。Outlook で予定を編集します。この場合、重複した予定が作成されます。
  • 更新プログラムのロールアップの 10 を適用した後、SDK DataContractJsonSerializer エラーがサービス契約であります。
  • Outlook 用 Microsoft Dynamics CRM 2011 のクライアントでは、次のエラー メッセージ表示されます。
    イベント ID 9646: Mapi セッションは 250 種類のオブジェクト"objtmessage"の最大値を超えました。
  • Outlook 用 Microsoft Dynamics CRM 2011 クライアントの関連を設定する関数を実行すると、このアクションを実行するには、アクセス許可を持たないことを示す警告メッセージがあります。

更新プログラムのロールアップの 11 のファイル情報



肯定応答

マイクロソフト ありがとうございました お客様を保護するために協力の次の。



警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2739504 - 最終更新日: 05/14/2014 07:52:00 - リビジョン: 11.0

Microsoft Dynamics CRM 2011

  • kbqfe kbfix kbmbsmigrate kbexpertiseinter atdownload kberrmsg kbsurveynew kbmt KB2739504 KbMtja
フィードバック
var varClickTracking = 1; var varCustomerTracking = 1; var Route = "76500"; var Ctrl = ""; document.write("