ネットワーク アダプターの電源管理の設定に関する情報

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2740020
概要
電源設定を管理するネットワーク アダプター数が著しく減少、誤ったスリープ解除の長時間のスリープ状態にコンピューターをできるように、アイドル状態のときに、Windows 7 に行われた機能を強化します。さらに、デバイスのプロパティ、標準レジストリ設定を使用して、ユーザーのニーズを満たすために電源管理設定を構成できます。

Windows 7 または Windows Server 2008 R2 を展開する場合は一部のコンピューターに電力を節約するには、このデバイスを無効にするネットワーク アダプターの電源管理設定を無効にすることもできます。

詳細
コンピューターがスリープ状態に入るし、ドライバーがそれを処理する方法を偽る場合に使用できるときにネットワーク カードを処理する方法に、電力を節約するには、このデバイスを無効にする設定のコントロールはスリープ状態です。Windows は、決して非アクティブのためのネットワーク カードを無効にします。Checked(enabled) は、この設定では、Windows で、ネットワーク カードを使用すると、スリープ状態となり、再開するときに、 D0に戻る。この設定は checked(disabled) ではない場合、Windows は完全にデバイスを停止し、再開時にそれを再初期化します。この設定は、ネットワーク カードのドライバーと記載されていますさまざまなスリープ状態にし、 D0に戻すをサポートしていますが、最終的にはこの機能をサポートしていませんがある場合に便利です。

デバイス マネージャーを使用すると、ネットワーク アダプターの電源管理設定を変更します。デバイス マネージャーでこの設定を無効にするには、ネットワーク アダプター] を展開、アダプターを右クリックし、プロパティ] をクリックして、電源の管理] タブをクリックしに電力を節約するには、このデバイスを無効にする] チェック ボックスをオフにし。

Windows 7 または Windows Server 2008 R2 では、このデバイスがコンピューターのスリープを解除できるかどうかを定義するネットワーク アダプターの [電源の管理] タブで他の 2 つのチェック ボックスがあります。

  • コンピューターのスリープ状態を解除するには、このデバイスを許可します。
  • コンピューターのスリープ状態を解除するのには、マジック パケットのみを許可します。
: の上のために、説明したように設定する必要がありますも WOL を有効にする BIOS の設定を有効にします。特定の BIOS 設定は、コンピューターの製造元によって異なります。

ただし、一部の Windows 7 または Windows Server 2008 R2 のインストールでに電力を節約するには、このデバイスを無効にするネットワーク アダプターの電源管理設定を無効にするか、上記のスリープ解除のオプションを構成するのにはレジストリを使用することがあります。

1 台のコンピューター上のネットワーク アダプターの電源管理を無効にするレジストリ エディターを使用する方法

重要: このセクション、方法、タスクには、レジストリを変更する方法の手順が含まれています。ただし、レジストリが正しく変更されないと、深刻な問題が発生することがあります。そのため、次の手順に慎重に従ってください。また、念のため、レジストリを変更する前に、レジストリをバックアップしておいてください。そうすることで、問題が発生した場合にレジストリを復元できます。レジストリをバックアップおよび復元する方法についての詳細は、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法
、我々 のネットワーク アダプターの電源管理設定を有効または無効にするには、「ここでは、簡単に直るセクションに進んでください。ネットワーク アダプターの電源管理を自分で設定を有効または無効にする場合に、「手動で解決するセクションに進んでください。

ここでは、簡単に直る

ネットワークを有効または無効にするには、アダプターの電源管理の設定は自動的に、[ダウンロード] ボタンをクリックします。ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックスで [実行] または [開く] とし、次の簡単な修正プログラム ウィザードの手順にします。
  • この修正プログラムの簡単なソリューションのインストール時に、[DeviceNumber] ボックスの一覧で有効または無効にするデバイスを選択する必要があります。
  • このウィザードは英語版のみとなります。ただし、自動修正は、他言語バージョンの Windows でも動作します。
  • されていない場合に、問題があるコンピューターを簡単に修正プログラム ソリューションをフラッシュ ドライブまたは CD に保存し、し、問題のあるコンピューターで実行します。
ネットワーク アダプターの電源管理の設定を無効にします。ネットワーク アダプターの電源管理の設定を有効にします。

手動で解決する

1 台のコンピューターの電源を保存するには、このデバイスを無効にするコンピューターを許可するネットワーク アダプターの設定を無効にするレジストリ エディターを使用するには、は、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタン、[実行] をクリック、種類 regeditオープンでボックスし、[ OK] をクリックします。
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Class\ で使用。DeviceNumber
    注: <b>DeviceNumber ネットワーク アダプターの数です。単一のネットワーク アダプターがコンピューターにインストールされている場合、 DeviceNumber 0001 です。
  3. [ PnPCapabilitiesを] をクリックします。
  4. を編集 ] メニューの [変更] をクリックします。
  5. [値データ] ボックスで、次のように入力します。 24と入力し、[OK] をクリックします。

    注: <b>既定では、0 の値は、ネットワーク アダプターの電源管理が有効になっていることを示します。24 の値は Windows 7 のネットワーク アダプターを無効にすることを防ぐまたは、コンピューターをスタンバイ状態から復帰するネットワーク アダプターを使用します。
  6. [ファイル] メニューの [終了] をクリックします。

この問題は解決しましたか?

問題が解決したかどうかを確認します。問題が解決した場合は、このセクションで終了です。問題が修正されていない場合することができます。サポートにお問い合わせください。.

追加情報

ネットワーク カードの電源管理のプロパティの 3 つのオプションがあります。
  • オプション 1: コンピューターの電源を保存するには、このデバイスをオフにするを許可します。
  • オプション 2: は、コンピューターのスリープ状態を解除するには、このデバイスを許可します。
  • オプション 3: は、コンピューターのスリープ状態を解除するのには、マジック パケットのみ許可します。
DWORD 値 (10 進数および 16 進数) が存在する別の可能な組み合わせは次のとおりです。
  • オプション 1 と 2 のオプションがオンになって、オプション 3 は取り消しではない: これは、既定値とその値は 0、つまり
  • オプション 1、オプション 2 と 3 のすべてをチェック: 0x100 (256) を値になります。
  • オプション 1 のみをオンにします値は 0x110 (272) になります。
  • オプション 1 は取り消しではありません (そのオプション 2 を注意してくださいし、3 のオプションが淡色表示されて結果として): 値は 0x118 (280) になります
次の手順は、後述のように正確に行われる場合のオプション 1 のみチェックすると、最後のステップの DWORD 値の重複が発生します。

  • すべてのボックスをチェックする場合、値は 256 (0x100 です)。
  • 場合 280 (0x118) をするオフには他の 2 つ、値を灰色のボックス 1 になります。
  • 以外のすべてのボックスをチェックすると、3 番目のものでは、PNPCapabilites の値は 0 になります。
  • 手順 2 を繰り返し、値になります 24 (0x18 を使います)。
これで、値は、別の方法となっていますので、同じ設定を実現します。

展開の目的のために電力を節約するには、このデバイスを無効にするをオフにしたは、値を保持する必要があります 24 の値を使用する (0x18 を使います)。(既定では、キーはレジストリに存在しない) 場合でも、このキーの DWORD 値 0 と同じですが、1 と 2 のオプションをチェックすると、既定では、されている理由です。したがって、このキーを作成する値が 24 (0x18) 配置スクリプトとビルドのプロセスが順にする必要があります] をオフに最初のボックスのサーバの起動時に、レジストリにこのエントリを挿入します。

同様に、チェックできるようにするコンピューターの電源を保存するには、このデバイスをオフにして、オプション 2 と 3 をオフにしたを保持する場合は、値が必要になります 10 (0x16)。

: これは、まったくデザインです。
関連情報
Windows XP を展開するときにネットワーク アダプターの電源管理を無効にする方法については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
837058 Windows XP を展開するときにネットワーク アダプターの電源管理を無効にする方法
無効なスリープ状態を管理する fixit fixme を修正します。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2740020 - 最終更新日: 09/25/2015 23:24:00 - リビジョン: 1.0

Windows 7 Home Premium, Windows 7 Enterprise, Windows 7 Professional, Windows 7 Ultimate, Windows 7 Service Pack 1, Windows Server 2008 R2 Standard, Windows Server 2008 R2 Standard without Hyper-V, Windows Server 2008 R2 Enterprise, Windows Server 2008 R2 Enterprise without Hyper-V, Windows Server 2008 R2 Datacenter, Windows Server 2008 R2 Datacenter without Hyper-V, Windows Server 2008 R2 Service Pack 1

  • kbfixme kbmsifixme kbmt KB2740020 KbMtja
フィードバック