Visual SourceSafe のパフォーマンスに影響するウイルス対策ソフトウェア場合があります。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

274051
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
ウイルスおよび電子メール、インターネット経由での展開で増加の問題に多くのウイルス対策ソフトウェア企業が、ファイルが開かれるたびにすべてのファイルをスキャンする機能を実装します。 この機能に Visual SourceSafe (VSS) のパフォーマンスに劇的な影響可能性があります。 この機能は自動保護または自動スキャンも呼ばれます。
詳細
Visual SourceSafe はできるのでを多数の小さなファイル組み合わせの分岐または他大規模 Visual SourceSafe の操作を行うと、自動スキャン機能パフォーマンスに劇的な影響を及ぼします。 1 つの場合も、この機能を有効になっている、VSS プロジェクトで実行する分岐を 8 時間のかかった。 20 分かかった無効になっている機能を使用します。

この機能は、操作は、ネットワーク経由で行われるとネットワーク パフォーマンスの影響を受けるため、このような効果には。 同時に、他のユーザーのネットワークのパフォーマンスもに影響がします。

さまざまなウイルス対策ソフトウェア企業は、ファイルの種類は、これらの機能を使ってスキャンを構成できます。

Microsoft Visual SourceSafe サポートするウイルス、Visual SourceSafe サーバーで自動スキャン オプションを付けずにチェックを有効をお勧めのみ、SourceSafe サーバー上のファイルの完全スキャンを定期的に行います。
パフォーマンスの低下

警告: この資料は、自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:274051 - 最終更新日: 02/24/2014 03:19:47 - リビジョン: 1.1

  • Microsoft Visual SourceSafe 4.0 Standard Edition
  • Microsoft Visual SourceSafe 4.0a
  • Microsoft Visual SourceSafe 5.0 Standard Edition
  • Microsoft Visual SourceSafe 6.0 Standard Edition
  • Microsoft Visual SourceSafe 2005 Standard Edition
  • kbnosurvey kbarchive kbinfo kbmt KB274051 KbMtja
フィードバック