Hyper-V 上の Linux ゲスト OS にて kdump が正しく動作しない

現象
LIS(Linux Integration Service) がインストールされている Linux ゲストにて kdump を構成すると、クラッシュ発生時に下記メッセージでダンプ生成処理が止まります。

[例1]

Waiting for block device discovery
Waiting for hda-like devices(s)...

[例2]

Waiting for block device discovery
Waiting for 1 sda-like devices(s)...

[例3 ]

Loading hv_vmbus.ko module
hv_vmbus: Hyper-V Host OS Build:7601-6.1-17-0.17514
hv_vmbus: Unable to initialize the hypervisor - 0xffffffff
insmod: can't insert '/lib/modules/2.6.32-131.0.15.el6.x86_64/hv_vmbus.ko':
Operation not permitted

上記メッセージはコンソールに出力されます。
原因
kdump kernel(/boot/initrd-[version].[arch]kdump.img) に LISLinux Integration Service) のドライバが含まれている場合、クラッシュ発生時に kdump kernel が初期化されますが、その際仮想デバイスの初期化処理に失敗するために、本問題は発生致します。
解決方法
回避策
kdump kernel が仮想デバイスを利用しないよう kdump kernel を構成する必要があります。
Hyper-V 上の Linux ゲストにて LIS を利用する場合は以下の手順で構成してください。


方法 1 新規に kdump を構成する場合
  1. LIS(Linux Integration Service) インストール前にゲスト OS にて kdump を構成します。この際、kdump kernel には LIS 関連ドライバは含まれない状態となります。kdump の構成手順については各 OS のマニュアルをご参照お願い致します。
  2. LIS をインストールします。

方法 2 既に LIS インストール状態で kdump 構成済みの場合(本現象が発生している場合)

既に "LIS のインストール" -> "kdump の構成" の順で構築しており、現象が発生してしまった場合は以下の手順にて kdump を再構成してください。


1. LIS(Linux Integration Service) のパッケージ名を確認します。

rpm -q -a | grep hyper-v

2. 上記で確認した LIS のパッケージをアンインストールします。

rpm -e microsoft-hyper-v-rhelX-XX.X kmod-microsoft-hyper-v-rhelX-XX.X

3. kdump kernel の initrd をリネームします。これにより、再起動時に LIS ドライバを含まない initrd が再作成されます。

mv /boot/initrd-[version].[arch]kdump.img /boot/initrd-[version].[arch]kdump.img.old

4. LIS をインストールします。


5. 下記にてクラッシュダンプ生成の正常性確認を行います。

echo c > /proc/sysrq-trigger

6. 最後に ethX が初期化されておりますので、IP 等ネットワーク設定を行います。
状況
詳細
Redhat Enterprise Linux 5.9 および 6.4 以降では OS 標準として Linux Integration Service が組み込まれておりますが、この場合にも kdump によるクラッシュ発生ダンプ生成時に本 KB と同様の事象が発生します。この際の対処方法は下記 KB2858695 をご参照ください。

KB2858695: Unable to use kdump or kexec for Linux virtual machines on Hyper-V
http://support.microsoft.com/kb/2858695

本事象は LIS の [Linux Integration Services v3.3 Read Me.pdf] にも記載されております。
http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=29991
関連情報
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:2741320 - 最終更新日: 09/20/2016 10:49:00 - リビジョン: 3.0

Windows Server 2008 Datacenter, Windows Server 2008 Enterprise, Windows Server 2008 R2 Datacenter, Windows Server 2008 R2 Enterprise, Windows Server 2008 R2 Standard, Windows Server 2008 Service Pack 2, Windows Server 2008 R2 Service Pack 1, Microsoft Hyper-V Server 2008, Microsoft Hyper-V Server 2008 R2, Microsoft Hyper-V Server 2008 R2 Service Pack 1, Microsoft Hyper-V Server 2008 Service Pack 2

  • KB2741320
フィードバック