"ことはできませんファイルを開く既定の id に関連付けられているではないため「スポット ライトは Mac 用の Outlook のエラー メッセージを検索します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2741583
現象
Mac OS X でスポット ライトの検索結果から電子メール メッセージを開くしようとすると、製品のバージョンに応じて、次のエラー メッセージのいずれかが表示されます。

For Mac outlook 2016:
Outlook は、既定のプロファイルに関連付けられているではないために、ファイルを開くことができません。

Mac 2011 を outlook します。
既定の id に関連付けられているではないために、outlook はファイルを開くことができません。
原因
この問題は、スポット ライト検索が、Outlook のプロファイルまたはユーザーは、既定ではないから結果を返すために発生します。この現象は、Outlook のプロファイルまたは id を再構築または新規に作成した後に発生する起動ことがあります。
解決方法
この問題を解決するには、次の方法のいずれかを使用します。

メソッド 1: その他の Outlook のプロファイルまたはユーザーを削除します。

注: <b>Outlook プロファイルの oridentity を削除すると、すべての電子メール メッセージおよびそのプロファイルの oridentity に関連付けられているデータベース内のデータも削除されます。このメソッドを使用する前にする必要はありません関連付けられているデータのいずれかを確認します。


For Mac outlook 2016:
  1. For mac Outlook 2016 を終了します。
  2. 移動アプリケーションをクリックします。
  3. Microsoft Outlook] を右クリックし、パッケージの内容を表示するを選択します。
  4. 内容SharedSupportを展開し、 Outlook プロファイル マネージャーを起動します。

    メモOutlook プロファイル マネージャーでは、エイリアスを作成して、デスクトップまたは別に移動したい場合に便利な場所です。
    キーを押し、Option キーを押したままOutlookのアイコンをクリックします。
  5. 、削除するプロファイルを選択し、ウィンドウの下部にあるマイナス記号(-) ] をクリックします。

Mac 2011 を outlook します。

  1. Mac 2011 を Outlook を終了します。
  2. Microsoft データベース ユーティリティを起動するのには [Outlook] アイコンをクリックするときに、オプション キーを押し続けます。
  3. されたを削除するを選択し、ウィンドウの下部にあるマイナス記号(-)] をクリックします。

Method2: スポット ライトのインデックスからの他の Outlook のプロファイルまたはユーザーを除外します。

  1. [ Apple ] メニューの [システム環境設定を選択します。
  2. [スポット ライト] をクリックします。
  3. [プライバシー] をクリックします。
  4. プラス記号をクリックして(+) ウィンドウの下部にあります。
  5. Mac 用の Outlook のバージョンに応じて、次のディレクトリのいずれかを見つけます。

    For Mac outlook 2016:
    /Users/<Username>/ライブラリ/グループのコンテナーと UBF8T346G9。15 の Office または Outlook または Outlook のプロファイルまたは<profile name="">

    Mac 2011 を outlook します。
    /Users/<username>/ドキュメントと Microsoft ユーザー データと Office 2011 の Id と<Identity name="">
    </Identity></username></profile></Username>
  6. スポット ライトは、インデックス作成から除外し、[選択] をクリックするユーザーまたはプロファイルのフォルダーを選択します。

    注: <b>Id やプロファイルを選択した後、[プライバシー ] セクションに表示されます。スポット ライトでは、このセクションに記載されているディレクトリはインデックスでは不要になった。
  7. Additionalprofiles または id を除外する手順 4 ~ 6 を繰り返します。

この資料で説明するサード・パーティ製品は、マイクロソフトとは無関係の企業による製品です。明示的か黙示的かにかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる保証も行いません。


詳細
For Mac outlook 2016 Mac 2011 を Outlook を使用して、Outlook のユーザーの Outlook プロファイルを使用します。この資料は、プロファイルとユーザーの両方を参照し、両方のバージョンの製品に適用されます。

プロパティ

文書番号:2741583 - 最終更新日: 08/11/2015 10:13:00 - リビジョン: 3.0

Microsoft Outlook 2016 for Mac, Outlook for Mac for Office 365, Microsoft Outlook 2011 for Mac

  • kbmt KB2741583 KbMtja
フィードバック