Outlook のフォルダ上でアイテムをコピーし、同じフォルダにペーストすることにより発生する問題について

Office 2003 のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Office 2003 のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

現象
Outlook のフォルダ上でアイテムをコピーし、同じフォルダにペーストして、編集後に送信すると、意図しないアイテムが検索されたり、メール ボックスの移動の際に重複アイテムとして削除されるなどの、予期しない問題を引き起こす場合があります。

本現象は、メッセージ アイテムだけでなく、予定表アイテムなどでも発生する場合があります。
原因
Outlook フォルダ上でアイテムをコピーして同じフォルダにペーストする操作や .msg 形式のアイテムをコピーして編集する操作は、推奨していない操作です。
アイテムに含まれるプロパティがアイテムのコピーにより重複することにより、予期しない動作となります。
回避策
同様の形式のメールをテンプレートとして複製して利用する場合は、oft 形式のファイルを使用してください。
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:2742673 - 最終更新日: 09/29/2016 09:44:00 - リビジョン: 3.0

Microsoft Office Outlook 2003, Microsoft Office Outlook 2007, Microsoft Outlook 2010

  • KB2742673
フィードバック