[FIX] 多くのJoinやSemi-Joinを含む複雑なクエリはプラン生成が遅い

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP274329
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
多くのビュー (テーブル数が 20 を超える)、Join、GROUP BY 句、サブクエリ、およびOuter-joinが関係した複雑なクエリをコンパイルすると、オプティマイザによるクエリ プランの生成に時間がかかります。この間、SQL Server は継続してその他のクエリを処理しますが、CPU 使用率が高くなります。
原因
SQL Server クエリ オプティマイザはコスト ベースのオプティマイザであり、最適なクエリ プランの生成を試みます。最適化の中では、多数のJoin、ビュー、GROUP BY 句、サブクエリ、およびOuetr-joinが、より単純な操作に分解されます。これにはSemi-joinも含まれます。Semi-joinはテーブル結合順序の並べ替えロジックと相関関係があり、対象となるオペレータ ツリーの上位の組み合わせはSemi-joinにより増加します。サーバーは、その下のSemi-joinによって変更される膨大な数の結合の順列を処理対象とします。その結果を基に、より上位での並べ替えが行われます。そのため、最適なプランを生成するための時間が長くなり、クエリが応答しなくなった (ハングアップした) ように見えることがあります。

解決方法
この問題を解決するために、SQL Server 2000 の最新の Service Pack の適用をお願いいたします。
最新の SQL Server サービスパックのダウンロードおよびインストールについて詳しくは以下をご覧下さい。

http://www.microsoft.com/japan/sql/download/default.asp (日本語版)
http://www.microsoft.com/sql/downloads/default.htm(英語版)
状況
弊社では、これを Microsoft SQL Server version 2000 の問題として確認しています。
この問題は、Microsoft SQL Server version 2000 Service Pack 1 で修正されています。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 274329 (最終更新日 2001-06-15) をもとに作成したものです。

query hung opt lost loop infinite unresponsive sluggish perf performance
プロパティ

文書番号:274329 - 最終更新日: 01/16/2015 20:46:29 - リビジョン: 3.1

  • Microsoft SQL Server 2000 Standard Edition
  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbfix kbsqlserv2000bug kbsqlserv2000sp1fix KB274329
フィードバック