「ドメイン アカウント ロックアウト」の脆弱性の修正プログラム

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP274372
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
ドメイン管理者がアカウント ロックアウト ポリシーを設定した場合でも、悪意あるユーザーが Windows 2000 コンピュータに対するブルート フォース パスワード推測攻撃を使用できる可能性があるという脆弱性を解決するセキュリティ修正プログラムをリリースしました。こうした攻撃の標的となるのは、あらかじめ目的のコンピュータにログオンし、ログオン資格情報がそのコンピュータにログオン資格情報がキャッシュされているユーザーのアカウントだけです。

: この脆弱性の影響を受けるのは、Windows 2000 Service Pack 1 (SP1) が動作しており、非 Windows 2000 ドメインのメンバになっているコンピュータだけです。

この問題の関連情報については、次の Microsoft Web サイトを参照してください。この脆弱性に関してよく寄せられる質問については、次の Microsoft の Web サイトをご覧ください。
解決方法
この問題を解決するためのモジュールは、Windows 2000 日本語版 Service Pack 2 以降に含まれております。Windows 2000 日本語版の最新サービスパックについては、以下 Web サイトから入手できます。また、個別の修正ファイルは、こちらからダウンロードできます。Japanese または Japanese NEC を選択して、ファイルをダウンロードしてください。ファイルのダウンロード方法の詳細については、下記「Microsoft ダウンロードセンター」の Web サイト、で、「Microsoft ダウンロード センターの使い方」をクリックしてください。

修正ファイルの属性は次のとおりです。ただし、これより新しい修正ファイルがリリースされている可能性もあります。
   日付        時刻    サイズ    ファイル名   プラットフォーム   -----------------------------------------------------------   2000/10/09  13:23   103,936   msv1_0.dll   x86   2000/10/09  13:23   103,936   msv1_0.dll   NEC PC9800

状況
弊社ではこの問題を、この資料の冒頭に記載した Microsoft 製品の問題として認識しており、Windows 2000 日本語版 Service Pack 2 以降で修正されています。
詳細
Windows 2000 と Windows 2000 のホットフィックスを同時にインストールする方法の関連情報については、次の文書番号をクリックして Microsoft Knowledge Base を参照してください。
249149 Microsoft Windows 2000 および Windows 2000 ホットフィックスのインストール
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 274372 (最終更新日 2001-02-23) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号:274372 - 最終更新日: 02/23/2014 22:19:50 - リビジョン: 3.2

  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 1
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 1
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbfix kbwin2000presp2fix KB274372
フィードバック