「証明書チェーンでしたいないビルドする信頼されたルート証明機関」2013 の Visual Studio または Visual Studio 2012 のインストールが完了します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2746268
現象
Microsoft Visual Studio 2013 または Visual Studio 2012 のインストールが完了したら、最後のページに次のメッセージが表示されます。

セットアップが完了しました
ただし、すべての機能が正しくインストールされています。

完全な製品の機能を確認するのには次の問題を修正してください。ここをクリックすると、最も一般的な問題と回避策またはログ ファイルを確認するのにはここを参照してください。

Microsoft Web Deploy 3.0 の
信頼ルート証明機関証明書チェーンを構築できませんでした。

ログ ファイルを表示し、「エラー」を検索クリックする以下のようなログ行が表示されます。

[05B0:0500][2012-08-05T14:07:07]: Acquiring package: webdeploy_x64_en_usmsi_902, payload: webdeploy_x64_en_usmsi_902, copy from: D:\packages\WebDeploy\WebDeploy_x64.msi[04E4:0564][2012-08-05T14:07:08]: Error 0x800b010a: Failed to verify certificate chain policy status.[04E4:0564][2012-08-05T14:07:08]: Error 0x800b010a: Failed to get certificate chain for authenticode certificate.[04E4:0564][2012-08-05T14:07:08]: Error 0x800b010a: Failed to verify signature of payload: webdeploy_x64_en_usmsi_902[04E4:0564][2012-08-05T14:07:08]: Failed to verify payload: webdeploy_x64_en_usmsi_902 at path: C:\ProgramData\Package Cache\.unverified\webdeploy_x64_en_usmsi_902, error: 0x800b010a. Deleting file.[04E4:0564][2012-08-05T14:07:08]: Error 0x800b010a: Failed to cache payload: webdeploy_x64_en_usmsi_902

注: <b>いくつかについては、ログ ファイルで、次の使用例とは異なります。
原因
2013 を Visual Studio と Visual Studio 2012 の一部のコンポーネントは、Windows 7 または Windows Server 2008 R2 にインストールされていない証明機関によって署名されているために、この問題が発生します。インターネットに接続されていないコンピューターでは、これらの証明書を自動的にダウンロードできません。
解決方法
この問題を解決するには、次のマイクロソフト サポート技術情報資料に記載されているルート証明書の更新プログラムをダウンロードします。
931125 Windows のルート証明書プログラム メンバー

注: <b>更新プログラムは、Windows XP、Windows Server 2003 およびそれ以降のバージョンの Windows に適用されます。Windows 7 または Windows Server 2008 R2 を実行しているコンピューターにインストールします。2013 の Visual Studio および Visual Studio 2012 の Windows がサポートされている最小のバージョンを次に示します。

インストールされているルート証明書の更新をした後、このサポート技術情報資料に記載されている問題の影響を受けるパッケージ Visual Studioto のインストールを修復する必要があります。これを行うには、次の手順を実行します。

  1. 開始] をクリックしての種類 プログラムと機能、し、検索結果に [プログラムと機能] をクリックします。
  2. 「に適用する」セクションに記載されている製品を選択します。
  3. ツールバーの [変更] をクリックします。
  4. [修復] をクリックします。
  5. これを行うよう求められた場合は、続行] または [はい]をクリックします。インストールが続行されます。
詳細
Windows 7 および Windows Server 2008 R2 のリリース後に作成された新しいルート証明機関には、SHA256 ハッシュを使用する厳密な署名が有効にします。インターネットに接続されているコンピューターは、自動的にこれらの証明書をダウンロードします。ただし、コンピューター、インターネットに接続していないかをしていないルート証明書更新プログラムをインストールするために、必要な証明機関がインストールされている必要はありません。

更新された証明機関をインストールした後、Visual Studio 2012 を修復すると、不足しているコンポーネントがインストールされます。したがって、Web 配置 3.0 またはその他の影響を受けるコンポーネントがインストールされます。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2746268 - 最終更新日: 09/05/2015 07:46:00 - リビジョン: 3.0

Microsoft Visual Studio Premium 2013, Microsoft Visual Studio Professional 2013, Microsoft Visual Studio Ultimate 2013, Microsoft Visual Studio Express 2013 for Web, Microsoft Visual Studio Premium 2012, Microsoft Visual Studio Professional 2012, Microsoft Visual Studio Ultimate 2012, Microsoft Visual Studio Express 2012 for Web

  • kbtshoot kbmt KB2746268 KbMtja
フィードバック