現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

セル セキュリティは SQL Server Analysis Services を有効にすると書き戻しのパフォーマンスの問題

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2747616
現象
Microsoft SQL Server 分析サービス (SSAS) セルのセキュリティが有効になってロールで実行されていることを前提としています。更新キューブ ・多次元式 (MDX) ステートメントを実行しようとすると、ステートメントの実行がよりどのセルのセキュリティが有効になっているロールを実行することが長くなります。
原因
この動作は仕様です。セルのセキュリティが有効になっている場合は、Analysis Services エンジンはセルごとのモードで、クエリを実行します。高レベルでの割り当ての書き戻し操作を実行すると、リーフ レベルのセルの領域は非常に大きくなります。

メモ スペースは、ファクト テーブル内の行の数ではありません。領域は、完全相互結合領域のすべてのディメンションの粒度属性です。によって、セル セキュリティを確認するのには 1 セルの列挙に時間がかかります。
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の「対象製品」として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
回避策
この問題を回避するには、次の方法のいずれかを使用します。

方法 1

別のキューブには、セキュリティで保護する必要があり、キューブ レベルの書き込みのセキュリティ ロールを評価します。

メモ このメソッドを使用するとパフォーマンスは、管理者の役割] でクエリを実行するときと同じくらい高速です。ただし、キューブのデザインが複雑になり、リンク メジャー グループは、単一の MDX クエリで、別のメジャーを取得するために使用する仮想キューブを作成する必要があります。また、書き戻し操作を実行すると、[書き戻しのメジャーに基づく適切なキューブの名前を使用して MDX クエリを作成する必要があります。

方法 2

レベル低い粒度の特定メンバーの書き戻し操作を実行します。詳細な粒度の多くのメンバーを割り当てることができません。

メモ ダミーのメンバーが、書き戻し操作をサポートするために調整としてディメンションのメンバーごと、マークされているディメンション テーブルで作成する必要があります。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2747616 - 最終更新日: 02/19/2013 02:26:00 - リビジョン: 2.0

Microsoft SQL Server 2008 R2 Analysis Services, Microsoft SQL Server 2008 Analysis Services, Microsoft SQL Server 2005 Analysis Services, Microsoft SQL Server 2012 Analysis Services

  • kbsurveynew kbtshoot kbexpertiseadvanced kbmt KB2747616 KbMtja
フィードバック