現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

[FIX] 混合モードセキュリティに変更後はSAのパスワードが空

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP274773
現象
Microsoft SQL Server をインストールする際、セキュリティ認証に [混合モード (Windows 認証と SQL Server 認証)] モード オプションを選択すると、システム管理者 (SA) アカウントのパスワード入力を求めるダイアログ ボックスが表示されます。SQL Server を [Windows 認証] モード オプションでインストールし、後になってセキュリティ認証を [混合モード (Windows 認証と SQL Server 認証)] モードに変更すると、SA パスワードは空 (NULL) のままとなります。このオプションを SQL Server Enterprise Manager で変更する際には、SA アカウントのパスワードを入力する方法が用意されていません。
解決方法
この問題を解決するために、SQL Server 2000 の最新の Service Pack の適用をお願いいたします。
最新の SQL Server サービスパックのダウンロードおよびインストールについて詳しくは以下をご覧下さい。

http://www.microsoft.com/japan/sql/download/default.asp (日本語版)
http://www.microsoft.com/sql/downloads/default.htm (英語版)
回避策
セキュリティ モードを [Windows 認証] から [混合モード (Windows 認証と SQL Server 認証)] に変更する前に SQL Server の SA アカウントのパスワードを設定することができます。SA アカウントに設定したパスワードは、SQL Server に保持されます。SA アカウントのパスワードを設定するには、sp_password ストアド プロシージャを使用します。たとえば、次のようなコードを使用すると、SA のパスワードを NULL から "Test!01" に設定することができます。
sp_password NULL,'Test!01','sa'
sp_password ストアド プロシージャの関連情報については、SQL Server Books Online を参照してください。
状況
弊社では、これを Microsoft SQL Server version 2000 の問題として確認しています。
この問題は、Microsoft SQL Server version 2000 Service Pack 1 で修正されています。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 274773 (最終更新日 2001-06-15) をもとに作成したものです。

security sa null blank pwd password
プロパティ

文書番号:274773 - 最終更新日: 11/10/2003 21:29:26 - リビジョン: 3.1

  • Microsoft SQL Server 2000 Standard Edition
  • kbbug kbfix kbsqlserv2000bug kbsqlserv2000sp1fix KB274773
フィードバック