Office ドキュメントがフレーム内に開かれたときの元の形式で保存できません。

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP274810
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:274810
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
フレーム内のドキュメントを有効にすると Web ページは、Microsoft Office のドキュメントへのリンクが含まれているし、リンクがフレーム内に含まれている場合は、ドキュメントを元の形式で保存できません。ドキュメントを HTML 形式でのみ保存できます。

Internet Explorer 5.5 の最新の service pack の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の文書番号をクリックしてください。
267954 Internet Explorer 5.5 の最新の Service Pack を入手する方法
回避策
この現象を回避し、元の形式で文書を保存するには、ファイルを新しいウィンドウで開く必要があります。次の手順のいずれかを使用して、新しいウィンドウにドキュメントを開くことができます。
  • リンクを右クリックしをクリックしてください 新しいウィンドウで開く.
  • リンクを入力して新しいウィンドウを開くには、サーバーの構成します。 _ (空白)、リンクの末尾にします。
  • ドキュメントのすべてのリンクで新しいウィンドウを開くには、クライアント コンピューターを構成します。
状況
回避策のいずれかを使用したくない場合は、修正プログラムが、Internet Explorer 5.5 Service Pack 2 で (SP2) が含まれています。修正プログラムを適用した後、そのフレームを開いているときから離れてドキュメント内をクリックする必要があるし、tab キーを使用して、ドキュメントにフォーカスを取得するのには。あなたは文書、フォーカスが回復した後、そのドキュメントの元の形式で保存することです。
詳細
ブラウザーでは、Microsoft Knowledge Base の代わりに Word でリンクされたファイルを開くには、Internet Explorer に変更する方法についての記事を表示するには、文書番号ブラウザーの下での代わりに Word でリンクされたファイルを開くには、Internet Explorer の変更方法に関する詳細についてをクリックします。
254918 Q254918 の wd 2000: ブラウザーの代わりに Word でリンクされたファイルを開くには、Internet Explorer に変更する方法
関連情報
xls の ppt

プロパティ

文書番号:274810 - 最終更新日: 02/24/2014 03:20:03 - リビジョン: 1.0

  • kbnosurvey kbarchive kbenv kbprb kbie550presp2fix kbmt KB274810 KbMtja
フィードバック