現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

グループ ポリシー オブジェクトを使用して Internet Explorer の詳細設定を設定する方法

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP274846
概要
この資料では、Windows 2000 を実行しているコンピュータでグループ ポリシー オブジェクト (GPO) を使用して、Microsoft Internet Explorer の [詳細設定] を実装する方法について説明します。この資料では、Windows 2000 環境でグループ ポリシーが正常に実装されていることを前提としています。グループ ポリシーを使用して、Windows 2000 ベースのクライアント コンピュータで Internet Explorer を構成すると、[詳細設定]、およびデフォルトでは使用できない [インターネット一時ファイル] の設定をカスタマイズできます。

先頭に戻る

グループ ポリシー オブジェクトを使用した詳細設定の設定

Internet Explorer をカスタマイズするには、グループ ポリシーを優先モードに設定する必要があります。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. Microsoft 管理コンソール (MMC) を使用して、グループ ポリシー エディタを開きます。
  2. [ユーザーの構成] の [Windows の設定] の下にある [Internet Explorer のメンテナンス] を見つけてクリックします。
  3. [Internet Explorer のメンテナンス] を右クリックし、[優先モード] をクリックします。
ポリシーが既に定義されている場合は、このポリシーを優先モードにするために [ブラウザの設定をリセットする] をクリックする必要があります。ブラウザの設定をリセットすると、グループ ポリシーに指定されているポリシーの設定はリセットされます。

: 優先モードの設定は、管理者が設定します。ただし、ポリシーが適用された後はユーザーが設定 (たとえば、ホームページや [詳細設定] タブの設定) を変更できます。ポリシーがクライアント コンピュータに適用された後、ホームページおよび [詳細設定] を変更できます。

ユーザーに設定の変更を許可しない場合、管理者は GPO の管理用テンプレートを使用して制限を適用することができます。

また、管理者は優先モードとメンテナンス モードの両方の GPO を設定することにより、GPO、組織単位、ユーザー、またはコンピュータを統合する必要があります。

先頭に戻る

トラブルシューティング

グループ ポリシーのトラブルシューティング方法についての詳細を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
250842 グループ ポリシー適用の問題のトラブルシューティング
先頭に戻る


関連情報
Windows 2000 のグループ ポリシーの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。先頭に戻る
プロパティ

文書番号:274846 - 最終更新日: 04/18/2006 06:02:12 - リビジョン: 4.0

Microsoft Windows 2000 Server, Microsoft Windows 2000 Advanced Server

  • kbenv kbhowto kbhowtomaster KB274846
フィードバック
>