現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

作業ウィンドウ内のバインディングとコンテンツ アプリケーションで Office 2013 を適用するには、必要なアクセス許可

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2755147

概要

バインドはタスク ウィンドウのアプリケーションやコンテンツのアプリケーションは、文書またはワークシート内の特定のセクションにリンクします。バインディングを適用するには、Microsoft Office 2013 で、 ReadWriteDocumentのアクセス許可を使用します。
詳細
作業ウィンドウのアプリケーションやコンテンツのアプリケーションのバインドを管理する場合、 ReadDocument許可のバインドを適用するには使用しないでください。マイクロソフトにはこのアクセス許可をサポートする予定はありません。

タスク ウィンドウのアプリケーションやコンテンツ ・ アプリケーションをサポートするアクセス許可の詳細についてを要求するアクセス許可によって作業ウィンドウ アプリケーションセクションに、次のマイクロソフト web サイトに移動します。

タスク ウィンドウのアプリケーションが要求するアクセス許可

またを要求するアクセス許可によって、アプリケーションのコンテンツセクションには、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

コンテンツ ・ アプリケーションにアクセス許可の要求

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2755147 - 最終更新日: 11/16/2012 15:09:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft Office Home and Business 2013, Microsoft Office Home and Student 2013, Microsoft Office Personal 2013, Microsoft Office Professional 2013, Microsoft Office Professional Academic 2013, Microsoft Office Professional Plus 2013, Microsoft Office Standard 2013

  • kbinfo kbprb kbsurveynew kbexpertiseadvanced kbmt KB2755147 KbMtja
フィードバック