現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Outlook 2010 の自動競合解決の処理が向上します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2755373
概要
Microsoft Outlook 2010 では、オンライン モードでの競合解決を提供するために、競合の処理機能が強化されています。この機能はサーバー上およびクライアント上で異なるバージョンの同じ項目に該当する場合に競合を解決します。

アイテムを保存するときにいくつかのシナリオでは、以前のバージョンの Outlook クライアントのエラーを表示します。エラーは、次のように。
それを別のユーザーまたはほかのウィンドウが変更されたため、アイテムを保存できません。

それを別のユーザーまたはほかのウィンドウが変更されたため、アイテムを保存できません。アイテムの既定のフォルダーのコピーを作成しますか。

ただし、同じような状況において、Outlook 2010 の競合エラー生成しません。
詳細
新しい Outlook 2010 オンライン モードの機能が完全に時が解決している多くの競合を保存します。Outlook は、Exchange キャッシュ モードの同期中に加えた変更を解決するために使用同じ競合解決ロジックを使用してこれを行います。競合の自動処理の目的は決して競合エラーをユーザーに表示するのにです。ただし、一部のシナリオでは、ユーザーは以前のバージョンの Outlook で受信した、競合メッセージを表示するに期待します。複数のユーザーが、同じ会議を予定表パブリック フォルダーを更新します。このシナリオでは、Outlook 2010 の競合の解決機能は、パブリック フォルダーの設定をオーバーライドします。したがっても同じ項目を同時に 2 つ以上の異なるユーザーが変更された場合、Exchange ユーザー競合のメッセージは表示されません。

新しい Outlook 2010 の自動競合解決動作を無効にする方法

重要レジストリを変更する方法についての情報を掲載しています。これを変更する前にレジストリのバックアップを作成することを確認してください。問題が発生した場合にレジストリを復元する方法を知っていることを確認してください。バックアップ、復元、およびレジストリを変更する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照するのには、以下の「base をクリックします。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法
Outlook 2007 の競合解決方法の動作に戻すには、次のレジストリ値を作成します。

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\14.0\Outlook\Options
値: OutlookOnlineConflictResolutionDisabled
値の種類: DWORD
値のデータ: 1

重要OutlookOnlineConflictResolutionDisabled を 1 に設定すると、表示されるエラー メッセージの数が大幅に向上する可能性があります。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2755373 - 最終更新日: 10/01/2012 19:01:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft Outlook 2010

  • kbmt KB2755373 KbMtja
フィードバック