SharePoint Server 2013 で、コンテンツ展開ジョブを実行した後、ドキュメント ライブラリに規制が上書きされます。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2756732
現象
次のシナリオについて考えてみましょう:
  • 規制の設定を有効にして、Microsoft SharePoint Server 2013 の「好き」の評価エクスペリエンスを発行元 web サイトのドキュメント ライブラリを選択します。
  • ドキュメント ライブラリにドキュメントをアップロードし、ドキュメントを発行元 web サイトの評価。
  • ソース web サイトからは、ターゲットの web サイトをコンテンツ展開ジョブを起動します。
  • 他のユーザー、ソース公開 web サイトとターゲットの公開 web サイト上のドキュメント ライブラリにドキュメントを評価します。これらのアクションは、ソースの公開 web サイト、および発行先 web サイトの評価矛盾したください。
  • コンテンツ展開ジョブをソース web サイトから、ターゲットの web サイトを起動します。
  • 評価をチェック アウト、 評価の数 対象の web サイト上のドキュメント ライブラリの列。
このシナリオでは、ソース web サイトの規制によって規制が上書きされます。
原因
この問題を発生、SharePoint Server 2013 ソーシャル データベースでの規制値は格納されません。代わりに、コンテンツ データベース内のリスト項目と共に格納されます。コンテンツ展開ジョブのすべてのプロパティの評価値が含まれている元の項目をコピーします。したがって、評価後のコンテンツ展開ジョブが上書きされます。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2756732 - 最終更新日: 11/16/2012 15:25:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft SharePoint Server 2013

  • kbmt KB2756732 KbMtja
フィードバック