コマンドレットまたはOWA から予定表の稼働日を設定すると Outlook にて正常に表示されない

現象
Exchange 2010 の環境において、以下のシナリオで発生します。

  1. Exchange サーバー側から (OWA または Exchange 管理シェルにて)  予定表の稼働日を以下のように設定します。
    • [月曜、火曜、水曜、木曜、金曜] または [土曜、日曜] など
  2. 異なるアカウントにて Outlook を起動し、1. のメールボックスを共有予定表として参照します。
  3. 予定表の稼働日が白抜きされずに表示されます。(Outlook でログオンしたことがある予定表は白抜き表示されます。)
原因
Exchange 2010 が対象のメールボックスに設定する、以下の稼働日の組み合わせを示すコードを Outlook が正常に識別できず NULL として処理を行う事で発生します。

以下に、Exchange 2010 が設定するコードと曜日の組み合わせの対応を示します。

Code




回避策
Outlook にて当該メールボックスにログオンし、以下の場所より稼働時間を一旦例えば [月曜のみ] 等に変更後一旦設定を行い、暫くしてから再度 [月曜、火曜、水曜、木曜、金曜] 等に設定します。


Outlook 2010 の場合 :

[ファイル タブ] - [オプション] - [予定表] - [稼働時間]



Outlook 2007 の場合 :

[ツール] - [オプション] - [初期設定タブ] - [予定表オプション] - [稼働日の設定]




状況
マイクロソフトでは、この問題について現在調査中です。詳細については、わかりしだいこの資料に掲載する予定です。
詳細
会議室メールボックス等に例えば以下のような Exchange 管理シェルを用いて実行した場合にも当該事象が発生します。

  • set-mailboxcalendarconfiguration -id UserA -workdays "Sunday,Monday,Tuesday,Wednesday,Thursday,Friday,Saturday"
  • set-mailboxcalendarconfiguration –id UserA –workdays Weekdays

関連情報
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:2758458 - 最終更新日: 09/29/2016 09:53:00 - リビジョン: 2.0

Microsoft Office Outlook 2007, Microsoft Outlook 2010, Microsoft Exchange Server 2010 Standard, Microsoft Exchange Online

  • kbdeployment kbsetup kbhowto KB2758458
フィードバック