Active Directory 統合 DNS ゾーンの削除に失敗する

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP276023
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
次の手順を実行すると、Active Directory 統合 DNS ゾーンの削除に失敗します。
  1. Active Directory 統合 DNS ゾーン x.y.z を作成します。.
  2. ゾーン x.y.z を削除します。
  3. ドメイン コントローラ (DC) をシャットダウンして、Active Directory からゾーン x.y.z を削除します。.
  4. Active Directory 統合 DNS ゾーン x.y.z を作成します。このとき、作成するゾーン名が手順 1. で作成したゾーンと同じゾーン名であることに注意してください。
  5. ゾーン x.y.z を削除します。このとき、ゾーン x.y.z の削除に失敗することに注意してください。
原因
この問題は、DC がゾーンの削除完了前にシャットダウンされた場合にのみ発生します。この問題が発生すると、削除しようとしたゾーンはそのまま永遠に Active Directory 内に残ります。管理者がゾーンを削除しようとしても、このゾーン名が引き続き Active Directory 内に存在するため、DNS によってこのゾーン名を削除されたゾーン名に変更することができません。そのため、このゾーン名の削除に失敗します。たとえば、DNS によってゾーン x.y.z の名前が削除されたゾーン .x.y.z の名前に置き換えられることはありません。

状況

Windows 2000

この問題を解決するためのモジュールは、Windows 2000 日本語版 Service Pack 2 以降に含まれております。
Windows 2000 日本語版の最新 Service Pack については、以下 Web サイトから入手できます。
詳細
Windows 2000 と Windows 2000 の修正プログラムを同時にインストールする方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
249149 Installing Microsoft Windows 2000 and Windows 2000 Hotfixes
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 276023 (最終更新日 2001-02-22) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号:276023 - 最終更新日: 02/06/2014 22:04:35 - リビジョン: 4.1

  • Microsoft Windows 2000 Professional
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • kbnosurvey kbarchive kbhotfixserver kbbug kbenv kbfix kbnetwork kbtool kbwin2000presp2fix KB276023
フィードバック