専用の Office 365 の個人用アーカイブ メールボックスを無効にする方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2762781
現象
有効にするか、専用の Microsoft Office 365 の個人用アーカイブ メールボックスを無効にするユーザーの要求が表示されます。
原因
ユーザーの拡張属性を有効にするか、アーカイブ メールボックスを無効にすることが管理されるため、この問題が発生します。
解決方法
個人用アーカイブ メールボックスは、2012 年 3 月に開始した武器の規制 (ITAR) サービスで、専用の Office 365 または国際トラフィックの追加機能として使用できます。個人アーカイブ機能は、Microsoft Exchange の計画 2 (EP2) のメールボックスのみに使用できます。ただし、いくつか追加の前提条件を満たす機能は、使用する前に必要があります。メールボックス アーカイブ メールボックスを準備するのには、構成リクエスト (CR) を送信する必要があります。機能を有効にすると、アーカイブ メールボックスは、予約済みの拡張機能の属性を更新することによって管理されます。


個人用アーカイブ メールボックスを有効にする方法

注: <b>証拠保全にプライマリ メールボックスを配置すると、個人用アーカイブ メールボックスは同じ状態に設定されます。

ソース環境では、ユーザーの拡張機能の属性に適切な値を追加します。アーカイブ先のメールボックスが作成され、24 時間以内に自動的に Microsoft Office Outlook Web Access (OWA) と Microsoft Outlook を使用可能です。

割り当てられているプライマリ メールボックスと同じメールボックスのクォータ、同じ管理フォルダー ポリシー、および同じ保持ポリシーには、アーカイブ メールボックスが作成されます。アーカイブ メールボックスの名前は次のようになります。
個人アーカイブ メールボックス ユーザーの表示名
Microsoft Outlook 2010 と OWA では、アーカイブ先のメールボックスが自動的に表示されます。Microsoft Office Outlook 2007年でアクセスは、追加の修正プログラムをインストールすることでもあります。修正プログラムの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照するのには次の資料番号をクリックします。
2475891 Office Outlook 2007 修正プログラム パッケージ (Outlook x none.msp): 2011 年 2 月 22 日
メールボックスをアーカイブするためのアクセスに関する問題の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照するのには次の資料番号をクリックします。
2762690 ユーザーがアクセスまたは専用の Office 365 の個人用アーカイブ メールボックスを表示することはできません。

アーカイブ先のメールボックスが有効になっていることを確認するには、Windows リモート PowerShell で次のコマンドレットを実行します。
Get-Mailbox <user> | fl *archive*
アーカイブが正しく、有効にした場合プロパティは、次のようになります。
ArchiveDatabase         : MailboxDatabase 2ArchiveGuid             : 80cc7144-ebdf-4391-9c61-0780e1d788c4ArchiveName             : {Personal Archive - John Smith}ArchiveQuota            : 50 GB (53,687,091,200 bytes)ArchiveWarningQuota     : 45 GB (48,318,382,080 bytes)ArchiveDomain           :ArchiveStatus           : NoneDisabledArchiveDatabase :DisabledArchiveGuid     : 00000000-0000-0000-0000-000000000000

個人用アーカイブ メールボックスを無効にする方法

注: <b>メールボックスの訴訟ホールド機能が有効になっているし、一時的にする必要が場合は個人用アーカイブ メールボックスを無効にする必要があります、ある訴訟ホールド機能を無効にします。

ソース環境では、ユーザーの拡張機能の属性から適切な値を削除します。または、拡張属性の値を別の番号に設定します。24 時間内で管理対象のメールボックスからアーカイブ先のメールボックスは切断されます。

アーカイブ先のメールボックスまで利用できます切断された状態で削除済みメールボックスの保存期間が終了します。保存期間は、通常 30 日間です。切断されたメールボックスが正しく、し、アーカイブ先のメールボックスがまだ利用可能な場合は、正規の有効化プロセスを使用してメールボックスに再接続できます。アーカイブ先のメールボックスが使用可能でなくなった場合、新しいアーカイブ先のメールボックスが準備されます。

メールボックスが正しく切断されていない場合は、プライマリ メールボックスにアーカイブ メールボックスを再接続するのには Microsoft に問い合わせてください。

アーカイブ先のメールボックスが無効になっていることを確認するには、Windows リモート PowerShell で次のコマンドレットを実行します。
Get-Mailbox <user> | fl *archive*
アーカイブが正常に無効にした場合プロパティは、次のようになります。
ArchiveDatabase         :ArchiveGuid             : 00000000-0000-0000-0000-000000000000ArchiveName             : {}ArchiveQuota            : 50 GB (53,687,091,200 bytes)ArchiveWarningQuota     : 45 GB (48,318,382,080 bytes)ArchiveDomain           :ArchiveStatus           : NoneDisabledArchiveDatabase : MailboxDatabase 2DisabledArchiveGuid     : 80cc7144-ebdf-4391-9c61-0780e1d788c4



詳細
アーカイブ メールボックスの詳細については、次のマイクロソフト TechNet web サイトを参照してください。


警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2762781 - 最終更新日: 12/31/2015 10:07:00 - リビジョン: 9.0

  • vkbportal226 kbmt KB2762781 KbMtja
フィードバック