現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

1801 が記録されますを継続的に利用可能な Windows Server 2012 クラスター ファイル共有を追加します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2772113
現象
有効に継続的に利用可能なプロパティがクラスター化された Windows Server 2012 のファイル サーバー上にファイル共有を作成する次のイベントが記録されます。
ソース: Microsoft Windows SmbServer
イベント ID: 1801年
説明:
CA エラー - プロパティを設定する継続的な新規または既存のファイル共有に Resume キーのフィルターが起動していないようでした。
さらに、次のイベントが、ResumeKeyFilter のログに記録されます。
ソース: Microsoft Windows ResumeKeyFilter
イベント ID: 1008年
説明:
フィルターはボリュームは短い形式の名前をサポートしますが、短い名前のフィルターではサポートしていませんので、ボリュームにアタッチするに失敗しました。
注: <b>リソース グループがオンラインのとき、従来のファイル サーバー クラスターでのクラスター ノードでイベント ID 1008 が記録されます。スケール アウト ファイル サーバー クラスターでクラスター共有ボリューム (CSV) の調整役のノードでこのイベントが記録されます。
原因
追加されるファイル共有のファイル ・ システムが短い (8.3) ファイル名をサポートするので、この問題が発生します。ただし、継続的に使用可能なファイルの共有はサポートされません短いファイル名。
解決方法
短いファイル名に依存するアプリケーションを使用する場合、継続的な機能は使用できません。継続的な機能について、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックします。
2709568 Windows Server 2012 のファイル サーバーで SMB 3.0 の新機能
短いファイル名に依存するアプリケーションを使用しない場合、継続的に利用可能なプロパティを有効にする前に短いファイル名のサポートを無効にします。

無効にして短いファイル名を削除する方法

注: <b>クラスターの共有ボリュームは、これらのコマンドを実行する前に割り当てられたドライブ文字が必要です。クラスターの共有ボリュームにドライブ文字を割り当てる、するに移動します」ボリュームにドライブ文字を割り当てる方法のセクションに進みます。
  • 短いファイル名が有効かどうかを確認するのに次のコマンドを実行します。
    Fsutil 8dot3name クエリ<volume path=""></volume>
    出力は、グローバルとボリュームの設定を示しています。
  • 特定のボリューム上の短いファイル名の作成を無効にするには、次のコマンドを実行します。
    Fsutil 8dot3name セット<volume path=""> </volume>1
  • 短いファイル名特定のボリュームからを削除するには、次のコマンドを実行します。
    Fsutil 8dot3name ストリップ<volume path=""> </volume>
    注: <b>継続的に利用可能なプロパティを有効にする前にボリュームから既存の短いファイル名を削除することをお勧めします。

    警告場合をの短いファイル名を完全に削除し、短いファイル名をポイントするレジストリ キーを変更しないでください、予期しないアプリケーション エラーが発生します。これらの障害はアプリケーションをアンインストールすることができません。最初をバックアップすること、ディレクトリまたはボリュームを短いファイル名を削除する前にことをお勧めします。
8dot3nameFsutilコマンドの詳細については、次のマイクロソフト TechNet web サイトを参照してください。

ボリュームにドライブ文字を割り当てる方法

ボリュームにドライブ文字を割り当てる、次の手順を実行。
  1. Mountvol.exe をクラスターの共有ボリュームのボリューム名を決定するパラメーターを付けずに実行します。
  2. 手順 1 で取得するボリュームの名前の値を使用してドライブ文字を割り当てます。次のコマンドを実行します。
    Mountvol.exe <drive letter=""> </drive>::<volume name=""></volume>
  3. 短いファイル名作成を無効にした後、マウント ポイントを削除します。次のコマンドを実行します。
    Mountvol.exeドライブ>: /D
詳細
SMB 透過フェールオーバー機能の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。アプリケーションの互換性および SMB 3.0、クラスターの共有ボリュームのファイル システム、および弾力性のあるファイル システム API のサポートに関する詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。SMB 3.0 ファイル管理機能の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2772113 - 最終更新日: 06/05/2015 22:37:00 - リビジョン: 2.0

Windows Server 2012 Datacenter, Windows Server 2012 Standard

  • kbsurveynew kbexpertiseadvanced kbprb kbmt KB2772113 KbMtja
フィードバック
r="var m=document.createElement('meta');m.name='ms.dqp0';m.content='true';document.getElementsByTagName('head')[0].appendChild(m);" onload="var m=document.createElement('meta');m.name='ms.dqp0';m.content='false';document.getElementsByTagName('head')[0].appendChild(m);" src="http://c1.microsoft.com/c.gif?">