Windows 8 で DHCPv6 のステートレスモードによる DNS サーバーのアドレス取得ができない

現象
DHCPv6 ステートレスモードを使用するネットワークに Windows 8 PC を接続した際、Windows 8 PC が DHCPv6 ステートレスモードで動作せずに、DNS サーバーのアドレスなどのオプションが取得できない問題が発生する場合があります。
この問題は、Windows 8 PC を IPv6 ルーターが存在しないネットワークに接続した後、DHCPv6 ステートレスモードを使用するネットワークに移動した場合などに発生し始める場合があります。
一度問題が発生する状態になった場合、PC を再起動しても改善せずに問題が発生します。
原因
DHCPv6 ステートレスモードを使用するネットワークでは、IPv6 ルーターから ICMPv6 Router Advertisement (RA) にて Managed (M) フラグ および Other (O) フラグが、M=0/O=1 と設定された RA が配信されます。
M=0/O=1 の RA を受信した場合、DHCPv6 クライアントは本来はステートレスモード (M=0/O=1 の状態) で動作します。

Windows 8 PC を IPv6 ルーターが存在せず、RA が配信されていないネットワークに接続した場合、Windows 8 の DHCPv6 クライアントはステートフルモード (M=1/O=1 の状態) で動作します。
このステートフルモード (M=1/O=1) のステータスが内部に保存されるため、その後、ステートレスモードを使用するネットワークに移動して Windows 8 PC を起動しても、RA で通知されるステートレスモード (M=0/O=1) が反映されず、ステートフルモードで動作し続けます。

DHCPv6 ステートレスモードで構成した環境で、Windows 8 PC がステートフルモードで動作するために、DNS サーバーのアドレスなどのオプションが取得できなくなります。
回避策
以下の手順を実行し、Windows 8 PC の内部情報に格納された DHCPv6 のモードを初期化することで問題が改善します。

1. スタート画面で、"cmd" と入力してアプリを検索します。

2. "コマンドプロンプト" を右クリックして、"管理者として実行" をクリックします。

3. 管理者権限で起動したコマンドプロンプトで、以下のコマンドを入力します。

netsh interface ipv6 reset

4. PC を再起動します。
状況
この問題について、以下の URL で修正プログラム (KB 2822311) を公開しています。

You cannot configure DHCPv6 stateless mode to be used by a Windows 8-based or Windows Server 2012-based computer
http://support.microsoft.com/kb/2822311/ja-jp

KB 2822311 の修正内容は以下のセキュリティ更新プログラム以降のものに含まれ、Windows Update により自動的に適用されます。

[MS13-049] カーネルモード ドライバーの脆弱性により、サービス拒否が起こる (2013 年 6 月 11 日)
http://support.microsoft.com/kb/2845690

- 注意事項 
既に本文書に記載の問題が発生している場合、セキュリティ更新プログラムの適用のみでは、問題の現象は改善されません。
この場合、内部に格納されている DHCPv6 のモードを消去するために、一度、以下のいずれかの対処を実施する必要があります。

・ 上述の回避策の手順の実行
・ KB 2822311 の修正プログラムの適用
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:2772182 - 最終更新日: 10/31/2016 09:35:00 - リビジョン: 9.0

Windows 8

  • KB2772182
フィードバック