Office 365 とオンプレミス環境のハイブリッド展開で発生する "外部の組織からフェデレーション情報を受信できませんでした。"、"405 許可されていないメソッド" エラー

: Microsoft Exchange Server 2010 の Exchange 管理コンソールにバンドルされていた従来のハイブリッド構成ウィザードのサポートは終了したため、今後は Office 365 ハイブリッド構成ウィザードを使用してください。Office 365 ハイブリッド構成ウィザードは、こちらからインストールできます。詳細については、以下の資料を参照してください。

現象
Office 365 Exchange Online およびオンプレミス Exchange Server 2010 環境のハイブリッド展開を運用している場合、以下のいずれかの現象が発生します。
  • 自動検出オプションを使用し、Office 365 組織から組織関係を作成すると、以下のエラー メッセージが表示される。
    “外部の組織からフェデレーション情報を受信できませんでした。"
  • Office 365 ユーザーが、オンプレミス ユーザーの空き時間情報を参照しようとすると、空き時間情報が表示されない。
  • Windows PowerShell で Get-FederationInformationコマンドレットを実行すると、以下のエラー メッセージが表示される。
    “HTTP エラー
    405 許可されていないメソッド"
オンプレミス Exchange 2010 ハイブリッド サーバーの C:\Inetpub\logs フォルダー内の IIS ログを表示すると、関連エンドポイントへの接続に対し、405 エラーが表示されます。エンドポイントは以下のとおりです。
  • メールボックスの移動エンドポイント: MrsProxy.svc
  • 自動検出のエンドポイント: Autodiscover.svc
たとえば、IIS ログのエラーには以下に類似したエントリが表示されます。
<Date><Time> 10.10.10.1 POST /EWS/mrsproxy.svc - 443 test\admin 10.10.10.12 - 405 0 1 15
原因
この問題は、Internet Information Services (IIS) で、svc-Integrated ハンドラー マッピングが構成されていない場合に発生します。以下のスクリーン ショットは、IIS での svc-Integrated ハンドラー マッピングの構成例を示しています。

解決方法
この問題を解決するには、Internet Information Services (IIS) マネージャーでサーバー レベルのハンドラー マッピングを確認します。

  • svc-Integrated ハンドラー マッピングが構成されていない場合は、方法 1 を参照してください。
  • svc-Integrated ハンドラー マッピングが構成されている場合は、方法 2 を参照してください。

方法 1: IIS で ハンドラー マッピングを再登録する

注: 以下の手順を実行する場合は、IIS 構成のバックアップを取ってから操作を行ってください。

ServiceModelReg.exe –r コマンドを実行し、IIS で ハンドラー マッピングを再登録します。これを実行するには、以下の手順に従ってください。
  1. Exchange 2010 ハイブリッド サーバー上で、コマンド プロンプト ウィンドウを開き、以下のフォルダーに移動します。

    C:\Windows\Microsoft.Net\Framework\v3.0\Windows Communication Foundation
  2. 以下のコマンドを入力してから Enter キーを押します。
    ServiceModelReg.exe –r
    注: このコマンドを実行後、IIS の再起動が必要となる場合があります。

方法 2: サーバー レベルのハンドラー マッピングを確認する


  1. IIS マネージャーで、既定のWeb サイトを開き、続いて Autodiscover 仮想ディレクトリを選択します。
  2. ハンドラー マッピングを開きます。
    • svc-Integrated ハンドラー マッピングが構成されている場合は、手順 8 を参照します。
    • svc-Integrated ハンドラー マッピングが構成されていない場合は、手順 3 を参照します。
  3. Autodiscover 仮想ディレクトリにある web.config ファイルのバックアップを取ります。
  4. 操作ウィンドウで、[Revert to Parent] (親構成に戻す) をクリックし、続いて [Yes] (はい) をクリックして確定します。
  5. Autodiscover 仮想ディレクトリに svc-Integrated ハンドラー マッピングが構成されているか確認します。
  6. Autodiscover 仮想ディレクトリを再設定します。これを実行するには、Exchange 管理シェルを開き、続いて以下のコマンドを実行します。
    Remove-AutodiscoverVirtualDirectory “<ServerName>\Autodiscover (Default Web Site)”
    New-AutodiscoverVirtualDirectory -WebSiteName "Default Web Site" -WSSecurityAuthentication:$True
  7. バックアップ web.config ファイルからハンドラーをコピーし、続いて web.config ファイルにそれを貼り付けます。当該ハンドラーは、web.config ファイルの <system.webServer></system.webServer> のタグの間に貼り付けます。

    少なくとも、web.config ファイルには、以下のハンドラーが含まれます。

    <handlers>      <add name="AutodiscoverAsmxHandler" path="*.asmx" verb="*" type="System.ServiceModel.Activation.HttpHandler, System.ServiceModel, Version=3.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b77a5c561934e089" preCondition="integratedMode,runtimeVersionv2.0" />      <add name="AutodiscoverXMLHandler" path="*.xml" verb="POST" type="System.ServiceModel.Activation.HttpHandler, System.ServiceModel, Version=3.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b77a5c561934e089" preCondition="integratedMode,runtimeVersionv2.0" />      <add name="AutodiscoverDiscoveryLegacyHandler" path="*.xml" verb="GET" type="Microsoft.Exchange.Autodiscover.WCF.LegacyHttpHandler, Microsoft.Exchange.Autodiscover, Version=14.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=31bf3856ad364e35" preCondition="integratedMode,runtimeVersionv2.0" />      <add name="AutodiscoverDiscoveryHandler" path="*.svc" verb="GET" type="Microsoft.Exchange.Autodiscover.WCF.AutodiscoverDiscoveryHttpHandler, Microsoft.Exchange.Autodiscover, Version=14.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=31bf3856ad364e35" preCondition="integratedMode,runtimeVersionv2.0" />    </handlers>
  8. IIS を再起動します。これは、コマンド プロンプトに iisreset /noforce を入力して実行できます。
追加情報
この問題が発生しても、自動検出サービスからユーザー プロファイルをセットアップする操作など、クライアント アクセス サーバー (CAS) などの他のエンドポイントを使用する接続には影響は及びません。これは、CAS では svc エンドポイントを使用しないためです。問題が発生するのは、svc エンドポイントを使用する接続であり、その他のエンドポイントを使用する接続には問題はありません。

その他トピックは、Office 365 コミュニティ Web サイトまたは Exchange TechNet フォーラムを参照してください。
プロパティ

文書番号:2773628 - 最終更新日: 05/23/2016 08:55:00 - リビジョン: 4.0

Microsoft Exchange Online, Microsoft Exchange Server 2010 Standard, Microsoft Exchange Server 2010 Enterprise

  • o365 kbgraphxlink o365a o365e hybrid o365m o365022013 kbgraphic KB2773628
フィードバック