Windows 8 で Windows Update を介してドライバーをインストールした場合、Co-Installerによるソフトウェアのインストールは自動的に行われません

現象
 Windows 8 では、接続したデバイスに対応するドライバーを Windows Update を使用してインストールした場合、Co-Installerによるソフトウェアのインストールは自動的に行われません。
原因
Windows 8 では Windows Update を使用したドライバー インストール後の Co-Installer 実行の仕組みが変更されており、ソフトウェアの自動インストールができなくなりました。ドライバーのインストール後に Co-Installer を介したソフトウェア インストールを行うためには、ユーザーがアクションセンターからソフトウェアのインストールを実行する必要があります。
回避策
ドライバーのインストールが完了した後、以下のいずれかの方法でアクション センターを実行し、ソフトウェアのインストールを行います。

- 通知領域からアクションセンターを実行する場合:
  1. タスクバーの通知領域から、アクション センター (旗のアイコン) をクリックします。
  2. 表示されたメッセージの中から、[デバイスのソフトウェアのインストールを完了します] をクリックします。

- コントロール パネルからアクション センターを実行する場合:
  1. コントロール パネルから、[システムとセキュリティ]、 [アクション センター] の順にクリックします。
  2. [メンテナンス] メニュー内の [デバイスのソフトウェアのインストールを完了します] というメッセージを確認し、 [インストール] をクリックします。
状況
この動作は仕様です。
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:2777368 - 最終更新日: 09/20/2016 10:58:00 - リビジョン: 2.0

Windows 8, Windows 8 Pro, Windows 8 Enterprise

  • KB2777368
フィードバック