Exchange バック エンドの web サイトから自己署名証明書が削除された後に、OWA、ECP、または EMS を開くことができません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2779694
現象
2016 の Microsoft Exchange Server、または Microsoft Exchange Server 2013年を使用する場合は、次のシナリオを検討してください。
  • Exchange バック エンドの web サイトから Microsoft Exchange の自己署名証明書を削除するには、MMC の証明書を削除 Exchangecertificate、IIS マネージャーまたは別のメソッドを使用します。
  • 再起動または IISReset を IIS のキャッシュをオフにするとします。
このシナリオでは、ECP、OWA、ActiveSync と Exchange 管理シェルなどのいくつかのクライアント プロトコルは接続できません。次の問題が発生する可能性があります。
  • OWA および ECP は、空白のページを表示します。
  • ActiveSync ユーザーが電子メールを受信できません。
  • Exchange 管理シェルでは、接続ができないし、次のエラーが表示されます。

    新しい-PSSession: [dc.local.mcrlegal.com] dc.local.mcrlegal.com のリモート サーバーからのデータの処理が失敗しました、
    次のエラー メッセージ:、WinRM シェル クライアントが要求を処理できません。WSMan シェルに渡されるシェル ハンドル
    関数を使用することはできません。シェル ハンドルでは WSManCreateShell 関数が正常終了したときにのみ有効です。変更
    有効なシェルを含む要求を処理し、再度実行してください。詳細については、about_Remote_Troubleshooting を参照してください。
    ヘルプ トピックです。
    行: 1 文字: 1
    +"$ConnectionUri"を新規の PSSession ConnectionURI ConfigurationName Microsoft.Excha.
    + ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    + CategoryInfo: OpenError: (System.Manageme.RemoteRunspace:RemoteRunspace) [PSSession 新しい]、PSRemotin
    gTransportException
    + FullyQualifiedErrorId:-2144108212、PSSessionOpenFailed
    現在のサイト内の Exchange サーバーへの接続に失敗しました。
    サーバーに接続する FQDN を入力します。。
原因
セットアップ中に Microsoft Exchange と呼ばれる自己署名証明書のプロセスはポート 444 に Exchange バックエンドの web サイトにバインドされています。これは、既定の Web サイトおよびバックエンド Exchange の web サイト間の通信します。証明書が削除されると、既定の Web サイトができなくバックエンド Exchange の web サイトへのプロキシ接続にします。
解決方法
この問題を解決するには、新しい自己署名証明書を作成することにより、バックエンド Exchange の web サイトに証明書を追加し、バックエンド Exchange の web サイトにバインドし。

注: <b>手順は、Exchange メールボックス サーバーの役割に対して実行する必要があります。
  1. メールボックス サーバーでは、管理シェルを起動します。
  2. タイプ 新しい-ExchangeCertificate.

    注: <b>既定の証明書を上書きするメッセージが表示されたらを選択します。 No.
  3. 開始 IIS マネージャー メールボックス サーバーです。
  4. 展開 サイト、強調表示 Exchange バックエンドを選択し、 バインド 右側にある列の [操作] ウィンドウ
  5. ポート 444 にhttps種類を選択します。
  6. [ 編集 Microsoft Exchange 証明書を選択します。
  7. 管理者のコマンド プロンプトからIISResetを実行します。


警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2779694 - 最終更新日: 10/01/2015 20:02:00 - リビジョン: 2.0

Exchange Server 2016 Enterprise Edition, Microsoft Exchange Server 2013 Enterprise

  • kbsurveynew kbexpertiseinter kbtshoot kbmt KB2779694 KbMtja
フィードバック