現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

[DIAG_CTS_LYNC_SERVER_SQL_COMPONENT][bc3c9624-7235-4c72-9c7d-9cd1ce72e426]

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

2780294
概要
Lync Server 2010 の診断パッケージの Windows Server 2008 R2 を Lync Server 2010 のトラブルシューティング情報の包括的なセットを収集するために使用されます。
詳細
これには別の Lync Server 2010 の診断パッケージは、Windows Server 2008 および Windows Server 2008 R2 があります。この資料で Windows Server 2008 R2 を Lync Server 2010 の診断パッケージを説明します。

詳細については、Lync Server 2010 の診断パッケージの Windows Server 2008 のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の資料番号をクリックします。
2635830 [SDP 2][E5B446A9-7843-4EA3-9ED8-DF69D56575D3]Lync Server 2010 の診断パッケージの Windows Server 2008

Lync Server コア コンポーネントの診断パッケージによってこの次の情報を収集できます。

メモ 出力を生成した項目の名前を使用して出力ファイル名が付けられています。出力ファイル名のプレース ホルダープレフィックス> 出力が生成される、アイテムの名前を表します。

収集される情報

Lync Server イベント ログ
説明ファイル名
イベント ログ アプリケーション:-テキスト、.csv、および.evt/.evtx フォーマットプレフィックス> _evt_Application.*
イベント ・ ログ システム ・-テキスト、.csv、および.evt/.evtx フォーマットプレフィックス> _evt_System.*
Lync Server のイベント ログ テキスト、.csv、および.evt/.evtx フォーマットプレフィックス> _evt_LyncServer.*
Lync Server トポロジ
説明ファイル名
-AsXML コマンドレットの出力を取得 CsTopologyプレフィックス> _DHCPUtil_EmulateClient.txt
Windows ファイアウォールについて
説明ファイル名
Windows ファイアウォールの高度なセキュリティ イベントのログには、.txt、.csv、
.evtx 形式
メモ Windows 7 および Windows Server 2008 R2 でのみ利用可能
プレフィックス> _evt_WindowsFirewallWithAdvancedSecurity Firewall_evt_.csv
プレフィックス> _evt_WindowsFirewallWithAdvancedSecurity Firewall_evt_.txt
プレフィックス> _evt_WindowsFirewallWithAdvancedSecurity Firewall_evt_.evtx
コマンドを NETSH ADVFIREWALL を表示するさまざまなオプションの出力プレフィックス> _Firewall_netsh_advfirewall.txt
NETSH advfirewall consec の出力に表示するルールの名前。プレフィックス> Rules.txt-_Firewall_netsh_advfirewall-consec
Netsh advfirewall エクスポートの出力プレフィックス> _Firewall_netsh_advfirewall export.wfw
Netsh advfirewall のファイアウォールのルールの名前を表示します。プレフィックス> Rules.txt-_Firewall_netsh_advfw-ファイアウォール
HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\WindowsFirewallプレフィックス> _Firewall_reg_.txt
HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\BFE プレフィックス> _Firewall_reg_.txt
HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\IKEEXTプレフィックス> _Firewall_reg_.txt
HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\MpsSvcプレフィックス> Firewall_reg_.txt
HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\SharedAccessプレフィックス> _Firewall_reg_.txt
Windows フェールオーバー クラスターで SQL ベースの診断のコレクターの実行時に収集される基本的な情報
説明ファイル名
クラスターのログ取得 ClusterLog Windows PowerShell コマンドレットによって生成されました。プレフィックス> _cluster.log
クラスターのプロパティプレフィックス> _ClusterProperties.txt
クラスターの依存関係のレポートプレフィックス> _ag_DependencyReport.mht
名前とバージョンのバイナリのクラスタ リングプレフィックス> _sym_Cluster.csv
名前とバージョンのバイナリのクラスタ リングプレフィックス> _sym_Cluster.txt
フェールオーバー クラスター マネージャーの管理のイベント ログに
.txt、.csv、および .evtx 形式

メモWindows Server 2008 R2 のフェールオーバー クラスター ノードでのみ使用可能
プレフィックス> _evt_FailoverClusteringManager Admin.csv
プレフィックス> _evt_FailoverClusteringManager Admin.txt
プレフィックス> _evt_FailoverClusteringManager Admin.evtx
フェールオーバー クラスターの運用イベント ログ形式を .txt、.csv は、.evtx で

メモ Windows Server 2008 R2 のフェールオーバー クラスター ノードでのみ使用可能
プレフィックスが _evt_FailoverClustering ・ Operational.csv
プレフィックス> _evt_FailoverClustering Operational.txt
プレフィックス> _evt_FailoverClustering Operational.evtx
Windows のレジストリ キー
説明ファイル名
HKLM\System\CurrentControlSet\services\ClusDiskプレフィックス> _reg_ClusDisk.txt
HKLM\System\CurrentControlSet\services\ClusSvcプレフィックス> _reg_ClusSvc.txt
HKLM\Clusterプレフィックス> _reg_Cluster.hiv
セットアップ先のコンピューターのユーザー権利の割り当てについて
説明ファイル名
ローカルのユーザー権利の割り当てプレフィックス> _UserRights.txt
オペレーティング システムと仮想マシンのセットアップ先のコンピューターのかどうかに関する情報
説明ファイル名
ターゲットの VM の仮想化の状態をレポートプレフィックス> _Virtualization.htm
ターゲットの VM の仮想化の状態をレポートプレフィックス> _Virtualization.txt
ネットワーク情報
説明ファイル名
などの構成情報をネットワークの基本的な IP
TCP/IP レジストリ キー、ipconfig、arp、netstat、nbtstat、および netsh の出力
プレフィックス> _TcpIp Info.txt
Netdiag.exe ユーティリティからの出力プレフィックス> _netdiag.txt
Netsh ファイアウォール ファイアウォール情報プレフィックス> _FirewallConfig.txt
Netsh の詳細については、IPv4プレフィックス> _TCPIP-Netsh-IPv4.txt
Ipv6 Netsh の情報プレフィックス> _TCPIP-Netsh-IPv6.txt
Netsh の詳細については、TCP グローバルと煙突プレフィックス> _TCPIP-Netsh-TCP.txt
自動実行

メモ 自動実行ユーティリティの詳細については、次のマイクロソフト TechNet web サイトに移動します。

説明ファイル名
.Htm 形式での情報の自動実行プレフィックス> _Autoruns.htm
.Xml 形式での情報の自動実行プレフィックス> _Autoruns.xml
Microsoft QL Server のエラー ログ

SQL ベースの診断のコレクターに発見され、次の条件を満たすインスタンスごとの 20 の SQL Server エラー ログを収集します。

  • 各エラーのログ ファイルのサイズが 200 MB をする必要があります以下
  • 最大合計容量のすべての収集されたエラー ログ ファイルは、250 MB を超えることはできません。250 MB の制限値に達すると、エラー ログ、SQL Server のインスタンスは収集されません。
説明ファイル名
SQL Server のエラー ログはすべてのインスタンスを収集します。
診断ツールを実行しているコンピューターにインストールされています。
名前付きインスタンス:
プレフィックス> _<INSTANCE_NAME>_1033_ERRORLOG [.n]
既定のインスタンス:
</INSTANCE_NAME>プレフィックス> _MSSQLSERVER_ERRORLOG [.n]
メモ Windows フェールオーバー クラスターを SQL ベースの診断のコレクターが実行されると、SQL Server のエラー ログは、「所有」と「オンライン」ターゲットのクラスター ノード ドライブに格納されている場合のみ収集されます。

SQL Server エージェントのログ
SQL ベースの診断のコレクターには 20 の SQL Server エージェント ログ、次の条件を満たす各発見されたインスタンスを収集します。
  • 各 SQL Server エージェントのログ ファイルのサイズが 200 MB にする必要があります以下
  • 最大合計容量の収集したすべての SQL Server エージェント ログ ファイルは、250 MB を超えることはできません。250 MB の制限値に達すると、SQL Server のインスタンスに対して追加の SQL Server エージェントのログ ファイルは収集されません。
説明ファイル名
SQL Server エージェントのログは、診断ツールを実行しているコンピューターにインストールされているすべてのインスタンスを収集します。 名前付きインスタンス:
プレフィックス> _<INSTANCE_NAME>_1033_SQLAGENT。[OUT | n]
既定のインスタンス:
</INSTANCE_NAME>プレフィックス> _MSSQLSERVER__1033_SQLAGENT。[|N]

メモ Windows フェールオーバー クラスターを SQL ベースの診断のコレクターが実行されると、SQL Server エージェントのログは、「所有」と「オンライン」ターゲットのクラスター ノード ドライブに格納されている場合のみ収集されます。

SQL Server のミニダンプ ファイル

SQL ベースの診断コレクター 10 SQL Server ミニダンプ ファイル、検出された SQL Server のインスタンスごとに収集します。ファイルは、ミニダンプ ファイルの作成日に基づいて、降順で収集されます。つまり、最後に生成されたファイルが最初に収集されます。収集されたファイルは、次の条件を満たす必要があります。

  • 各ミニダンプ ファイルのサイズが 100 MB をする必要があります以下。
  • ミニダンプ ファイルは 30 日以上少なくする必要があります。
  • 合計、最大の圧縮前のサイズは SQL Server のインスタンスのすべての収集されたミニダンプ ファイルの 200 MB を超えることはできません。200 MB の制限値に達すると、SQL Server のインスタンスの他のミニダンプ ファイルは収集されません。
メモ 収集された前に、インスタンスのすべてのファイルを zip アーカイブに圧縮されます。

説明ファイル名
SQL Server のミニダンプ ファイル 名前付きインスタンス:プレフィックス> _<INSTANCE_NAME>_1033_SqlMiniDumps.zip
既定のインスタンス:</INSTANCE_NAME>プレフィックス> _MSSQLSERVER_1033_SqlMiniDumps .zip
ダンプのインベントリ レポートを生成し、
各検出されたインスタンスを収集します。
SQL Server。
名前付きインスタンス:プレフィックス> _<INSTANCE_NAME>_DumpInventory.log
既定のインスタント</INSTANCE_NAME>プレフィックス> _MSSQLSERVER_DumpInventory.log
メモ Windows フェールオーバー クラスターを SQL ベースの診断のコレクターが実行されると、「所有」と「オンライン」ターゲットのクラスター ノード ドライブに格納されている場合は、ミニダンプ ファイルを SQL Server だけに収集されます。

SQLDIAG データ収集スクリプト

SQLDIAG のデータ コレクションのスクリプト」を実行します「のサービス ステータスが SQL Server の各インスタンスに対して実行されるスクリプトの出力をファイルにリダイレクトされ、診断によって収集されました。

説明ファイル名
SQLDIAG のスクリプトの出力名前付きインスタンス:プレフィックス> _<INSTANCE_NAME>_1033_sp_sqldiag_Shutdown.OUT
既定のインスタンス:</INSTANCE_NAME>プレフィックス> _MSSQLSERVER_1033_sp_sqldiag_Shutdown.OUT
SQL Server のごく構成情報

メモ ごくの SQL Server の構成情報は、SQL Server 2012年のインスタンスからのみ収集されます。

説明ファイル名
SQL Server のごく構成情報名前付きインスタンス:プレフィックス> _<INSTANCE_NAME>_1033_AlwaysOn.OUT
既定のインスタンス:</INSTANCE_NAME>プレフィックス> _MSSQLSERVER_1033_AlwaysOn.OUT
SQL Server のごく健康ログ

SQL Server ごく状態のセッションのログは、セットアップ先のコンピューターにインストールされている SQL Server 2012年の各インスタンスから収集されます。ファイルは収集し、「特定インスタンス」の zip アーカイブに圧縮します。

検出されたインスタンスごとに収集されるごく状態の SQL Server ログの最大数は 20 です。ファイルは、ファイルの作成日に基づいて、降順で収集されます。

説明ファイル名
SQL Server のごく健康ログ名前付きインスタンス:プレフィックス> _<INSTANCE_NAME>_AlwaysOn_health_XeLogs.zip
既定のインスタンス:</INSTANCE_NAME>プレフィックス> _MSSQLSERVER_AlwaysOn_health_XeLogs.zip
メモWindows フェールオーバー クラスターを SQL ベースの診断のコレクターが実行されると、状態のログを SQL Server のごくは「所有」と「オンライン」ターゲットのクラスター ノード ドライブに格納されている場合のみ収集されます。

SQL Server フェールオーバー クラスターの正常性ログ
SQL Server フェールオーバー クラスターの正常性ログは、セットアップ先のコンピューターにインストールされている「クラスター化」SQL Server 2012年の各インスタンスから収集されます。ファイルは収集し、「特定インスタンス」の zip アーカイブに圧縮します。

インスタンスごとに収集されますフェイル オーバー クラスターの正常性ログの最大数は 20 です。ファイルは、ファイルの作成日に基づいて、降順で収集されます。

説明ファイル名
SQL Server フェールオーバー クラスターの正常性ログ名前付きインスタンス:プレフィックス> _<INSTANCE_NAME>_FailoverCluster_health_XeLogs.zip
既定のインスタンス:</INSTANCE_NAME>プレフィックス> _MSSQLSERVER_FailoverCluster_health_XeLogs.zip
メモSQL Server フェールオーバー クラスターの正常性ログは、「所有」と「オンライン」ターゲットのクラスター ノード ドライブに格納されている場合のみ収集されます。

SQL Server の既定のシステム正常性ログ

セットアップ先のコンピューターにインストールされている各 SQL Server 2012年のインスタンスから SQL Server の既定のシステム正常性ログが収集されます。ファイルが収集され、「インスタンスの特定」の ZIP アーカイブに圧縮

説明ファイル名
SQL Server の既定のシステム正常性ログ名前付きインスタンス:プレフィックス> _<INSTANCE_NAME>_system_health_XeLogs.zip
既定のインスタンス:</INSTANCE_NAME>プレフィックス> _MSSQLSERVER_system_health_XeLogs.zip
メモ Windows フェールオーバー クラスターを SQL ベースの診断のコレクターが実行されると、「所有」と「オンライン」ターゲットのクラスター ノード ドライブに格納されている場合、SQL Server の既定のシステム正常性ログだけに収集されます。

SQL Server Analysis Services の構成ファイル

セットアップ先のコンピューター上で検出された Analysis Services インスタンスごと SQL Server Analysis Services の構成ファイルを収集します。

説明ファイル名
SQL Server Analysis Services の構成ファイルプレフィックス> _<INSTANCE_NAME>_1033_msmdsrv.ini</INSTANCE_NAME>
メモ Windows フェールオーバー クラスターを SQL ベースの診断のコレクターが実行されると、SQL Server Analysis Services の構成ファイルは、「所有」と「オンライン」ターゲットのクラスター ノード ドライブに格納されている場合のみ収集されます。

SQL Server 分析サービス レジストリ キー
説明ファイル名
HKLM:\SOFTWARE\Microsoft\Microsoft SQL Server\
<OLAP _instance_root_key="">
</OLAP>
プレフィックス> _reg_HKLM_OLAP_IntanceRoot_all.txt
HKCR:\MSOLAP
HKCR:\MSOLAP.2
HKCR:\MSOLAP.3
HKCR:\MSOLAP.4
プレフィックス> _reg_HKCR_MSOLAP_all.txt
HKLM:\System\CurrentControlSet\Services\<OLAP_Service_Name></OLAP_Service_Name>プレフィックス> _reg_HKLM_CurrentControlSet_Services
その他の
説明ファイル名
インストールされた更新プログラムと修正プログラムプレフィックス> _Hotfixes.*
システム情報プレフィックス> _sym_ * します *。
サーバーの役割についてプレフィックス> _ServerManagerCmdQuery.*
ServerManager.log Windows\Logs フォルダーからのコピープレフィックス> _ServerManager.log
Pstat.exe: プロセスとスレッド情報プレフィックス> _PSTAT.txt
記憶域/ディスクの情報
説明ファイル名
FCInfo.exe ユーティリティを使用して情報をファイバ ・ チャネルプレフィックス> _FCInfo.txt
ボリューム シャドウ コピー サービス (VSS) の情報プレフィックス> _VSSAdmin.txt
Active Directory とポリシー情報
説明ファイル名
Gpresult.exe を結果のポリシーのセット (RSoP) の情報プレフィックス> _GPResult.*
現在システムにキャッシュされているセキュリティ テンプレートプレフィックス> _AppliedSecTempl.txt
機能レベル、およびグループ メンバーシップ情報プレフィックス> _DSMisc.txt
Lync Server コア コンポーネントの診断パッケージによって実行のチェック
Name説明
新しい CU がかどうかを確認してください。最新の CU を適用するかどうかを確認してください。理想的な種類のルールの特定の問題を識別し、CU 特定問題を解決することへ状態ことができます。詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照するには、文書番号をクリックします。
2493736 Lync Server 2010 用の更新プログラム
脆弱な RSA キー証明書を確認してください。機密情報の不正のリスクを減らすために、マイクロソフトはセキュリティ以外の更新プログラム (KB 2661254) すべてのサポートされているバージョンの Microsoft Windows を公開しました。この更新プログラムは未満 1,024 ビットの暗号化キーをブロックします。これらのオペレーティング システムには未満 1,024 ビット ブロック脆弱なRSAキーの機能が既に含まれているためこの更新プログラムは Windows 8 リリースのプレビューや Windows Server 2012 リリース候補には適用されません。詳細については、次のマイクロソフト web サイトに移動します。
Db チェーンの RTC データベースおよび RTCdyn データベース オプションの無効になっているかどうかを確認してください。RTC データベースにオプションの複数データベースの組み合わせ所有権が無効になっていた場合は、フロント エンド サービスを Lync server で開始されます。詳細については、以下の KB 資料を参照してください、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の資料番号をクリックしてください。
968100 Office Communications Server または Lync Server 2010 フロント エンド サービス バックエンド データベースを移動した後失敗します。









警告: この資料は、自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2780294 - 最終更新日: 12/06/2012 22:09:00 - リビジョン: 2.0

  • Microsoft Lync Server 2013
  • Microsoft Lync Server 2010 Enterprise Edition
  • Microsoft Lync Server 2010 Standard Edition
  • Microsoft Office Communications Server 2007 R2 Enterprise Edition
  • Microsoft Office Communications Server 2007 R2 Standard Edition
  • kbsurveynew kbmt KB2780294 KbMtja
フィードバック