Outlook 2013 およびそれ以降のバージョンは、接続されている場合、Outlook のアカウントの同期を停止企業か LAN ネットワーク

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2781579
現象
重要: この資料には、レジストリを変更する方法に関する情報が含まれています。変更する前に、レジストリをバックアップすることを確認します。問題が発生した場合にレジストリを復元する方法を必ず知っておいてください。バックアップ、復元、およびレジストリを変更する方法の詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法



以下の事例で説明します。既存 Outlook.com 電子メール アカウント (@hotmail.com、@msn.com、@live.com、または @outlook.com) に接続するには、Microsoft Outlook 2013 とそれ以降のバージョンを構成するとします。さらに、企業やその他の LAN や WAN ネットワーク上で Outlook を使用しています。

しばらく続くと、Outlook クライアントで作成したアイテムは、outlook.com アカウントには同期されません。

さらに、切断されているOutlook のステータス バーを表示するを参照してください。

Outlook のステータス バーのスクリーン ショット
原因
Outlook 2013 およびそれ以降のバージョンは、Outlook.com アカウントに接続する Exchange ActiveSync (EA) を使用します。接続しているネットワーク上のプロキシ サーバーは、特定の間隔で非アクティブな接続のタイムアウトを構成されて、Outlook.com に接続する Outlook を使用している接続を切断できます。
解決方法
警告: [レジストリ エディタ] または別の方法を使用してレジストリを誤って修正すると、深刻な問題が発生することがあります。これらの問題は、オペレーティング システムを再インストールする必要があります。マイクロソフトは、これらの問題を解決できることを保証することはできません。自己の責任においてレジストリを変更してください。

既定では、59 分ごとに、アカウントを同期するのには Outlook が構成されています。接続が切断される可能性を減らすためには、プロキシ サーバーの接続のタイムアウト時間よりも短い間隔で電子メールの送受信するように Outlook クライアントを構成します。プロキシ サーバーのタイムアウト期間を決定するのにはネットワーク管理者に問い合わせてください。

接続にプロキシ サーバーのタイムアウトは、30 分と判断した場合たとえば、設定、自動送受信間隔 _ _ 分 、間隔を短くするなどのオプション15 分です。送受信の間隔を変更する方法の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

カスタムの送受信のスケジュールを構成するには、代わりに、お使いのコンピューターにPushDurationレジストリ値を追加することによって、送受信のスケジュールを構成することも。
送受信のスケジュールを構成することがあるするには、「ここで簡単に解決するセクションに進んでください。送受信のスケジュールを自分で構成したい場合に、「自分で解決するセクションに進んでください。


ここで簡単に解決する

送受信のスケジュールを構成するをクリックして、をダウンロード ボタン。ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックスで [実行] または [開く] とし、次の簡単な修正プログラム ウィザードの手順にします。
  • Thiseasy の修正プログラムのソリューションを使用すると、レジストリのエントリPushDuration30 (10 進数) の値を構成できます。
  • 簡単に修正プログラム ウィザードの手順を実行したときは、同期間隔の秒数を指定するのには [PushDuration] フィールドを変更できます。
  • このウィザードは英語版のみである場合があります。しかし、自動的な解決は英語版以外の Windows でも機能します。
  • 問題のあるコンピューターとは別のコンピューターを操作している場合、Easy Fix ソリューションをフラッシュ ドライブまたは CD に保存することで、問題のあるコンピューターで実行することができます。

自分で解決する

簡単な修正プログラム 55037

送受信のスケジュールを構成するのには次の手順を使用します。
  1. Outlook を終了します。
  2. レジストリ エディターを起動します。
  3. 見つけて次のレジストリ キーを選択します。

    HKEY_CURRENT_USER\software\microsoft\office\x.0\Outlook\EAS

    注: EA は、キーが存在しない場合は、次の手順でこのキーを作成します。
    1. Outlookキーを選択します。
    2. [編集] メニューから[新規作成] を選択し、[キー] をクリックします。
    3. タイプ EA、し、 Enterキーを押します。
    4. EA は、キーを選択し、手順 4 に進みます。

    x.0 を上記のレジストリ キーには、Outlook 2013、Outlook 2016 の 16.0 15.0 を表します。
  4. [編集] メニューで、[新規作成] をクリックし、[ DWORD 値] をクリックします。
  5. タイプ PushDuration、し、を押します 入力してください。.
  6. [編集] メニューの [修正] をクリックします。
  7. 10 進数に設定します。
  8. 5 ~ 59 (同期間隔の秒数を指定する) の整数値を入力し、[ OK] をクリックします。
  9. レジストリ エディターを終了します。
  10. Outlook を起動します。

管理者は、2016 の Outlook と Outlook 2013 の管理用テンプレートの同期周波数の EA は、ポリシー設定を有効にすると間隔を設定することもできます。2016 の Microsoft Office と Microsoft Office 2013 の管理用テンプレート ファイルの詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2781579 - 最終更新日: 06/11/2016 19:53:00 - リビジョン: 17.0

Outlook 2016, Microsoft Outlook 2013

  • kbfixme kbmsifixme kbmt KB2781579 KbMtja
フィードバック