現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows Server 2008、および Windows Server 2008 R2 で、アクセス制限ポリシーが適用されない。

現象
Windows Server 2008、および Windows Server 2008 R2 に対し、[ユーザーの構成] で設定されたリムーバブル記憶域へのアクセス制限ポリシーが適用されない現象が発生します。
原因
リムーバブル記憶域へのアクセス制限ポリシーが適用されると、グループ ポリシー サービス (Gpsvc) からの通知を受けて、Portable Device Enumerator Service (WPDBusEnum) サービスが、設定の必要なデバイスを特定し、デバイスのアクセス コントロール リスト (ACL) を変更することでアクセス制限を行います。

しかし、Windows Server 2008 / Windows Server 2008 R2 環境では、グループ ポリシー サービス (Gpsvc) から WPDBusEnum サービスへ通知が行われますが、WPDBusEnum サービスは、この通知を受け取ることができず、デバイスへの ACL を設定する処理が行われないことによって発生します。
解決方法
回避策
Windows Server 2008、および Windows Server 2008 R2 には、[コンピュータの構成] でポリシーを適用します。
状況
弊社では、この問題をこの資料の冒頭に記載したマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
関連情報
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:2781642 - 最終更新日: 09/20/2016 11:04:00 - リビジョン: 3.0

Windows Server 2008 R2 Datacenter, Windows Server 2008 R2 Enterprise, Windows Server 2008 R2 Standard, Windows Server 2008 Datacenter, Windows Server 2008 Enterprise, Windows Server 2008 Standard

  • KB2781642
フィードバック
/html>