現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

SharePoint Online コンテンツの手動移行に関する情報

はじめに
オフボードとは、Microsoft Office 365 から共有ファイルまたはローカル コンピューターにデータを移動することです。このデータ移動は、手動により操作します。本資料では、Microsoft SharePoint Online 環境にある ドキュメント ライブラリまたはリストのコンテンツを、共有ファイルまたはローカル コンピューターへ保存する手順について説明します。

本資料では、以下の SharePoint Online アーカイブ シナリオについて説明します。
  • 管理者またはサイトの所有者は SharePoint Online ドキュメント ライブラリのコンテンツをアーカイブします。これは、SharePoint Online サービスを使用した手動による処理です。
  • 管理者またはリストの所有者は SharePoint リストのコンテンツをアーカイブします。これは、SharePoint Online サービスを使用した手動による処理です。
  • 管理者またはリストの所有者は、SharePoint リストから Microsoft Office Outlook に、以下の情報をアーカイブします。
    • 予定表アイテム
    • 連絡先アイテム
    • ドキュメント ライブラリ
    • ディスカッション リスト
    • タスク
本資料では、以下のシナリオは扱いません。
  • SharePoint Online からローカルのインストール済み SharePoint への SharePoint コンテンツの移行。SharePoint Online およびローカルのインストール済み SharePoint 間のコンテンツの転送は、現行版 SharePoint Online ではサポートされていません。
  • リスト コンテンツのプロパティ、機能性、関係の維持。SharePoint のリスト コンテンツはスプレッドシートやデータベースの表形式にアーカイブ可能です。ただし、スプレッドシートまたは表に SharePoint リストのコンテンツは含まれますが、表や表のコンテンツ間でプロパティ、アクセス許可、機能性、関係性が維持されません。 

手順

SharePoint Online ドキュメント ライブラリのコンテンツをアーカイブする

SharePoint Online ドキュメント ライブラリ コンテンツをアーカイブするには、組織の SharePoint Online サイトにアクセスできる必要があります。ドキュメント ライブラリのコンテンツをダウンロードし、別のファイルに保存することができます。SharePoint Online 管理者は、組織の SharePoint Online サイトにあるすべてのドキュメント ライブラリ コンテンツを表示、ダウンロード、および保存することができます。サイトの所有者は、管理者権限が割り当てられているサイトのすべてのドキュメント ライブラリ コンテンツを表示、ダウンロード、保存することができます。 

以下の手順に従い、ドキュメント ライブラリのコンテンツをアーカイブします。
  1. ドキュメント ライブラリのコンテンツを保存するためのローカル フォルダーを作成します。
  2. SharePoint ドキュメント ライブラリを開きます。
  3. [ライブラリ] タブを選択し、[エクスプローラで開く] をクリックします。 
  4. 保存するファイルを選択し、右クリックして [コピー] をクリックします。 
  5. ファイルの保存先フォルダーを右クリックして [貼り付け] をクリックします。 
  6. すべての SharePoint ドキュメント ライブラリに対し、この処理を繰り返します。

    : Windows エクスプローラの設定で、隠しファイルと隠しフォルダーを表示できるように設定している場合は、ドキュメント ライブラリのファイル構造に隠しフォルダーが表示されます。これらのフォルダーには ASPX ページが含まれており、無視しても問題ありません。
SharePoint ドキュメント ライブラリは、様々な種類のファイルを含むことができます。また、SharePoint は格納している各ファイルに関する情報を維持します。しかし、これらの情報の大部分はダウンロードされると維持されません。たとえば、以下の情報は、ダウンロード時に継承されません。
  • ドキュメントのプロパティ
  • ファイルへのアクセス権限
  • ファイル間の関係性 (リンク)
  • ワークフロー情報
  • バージョン情報
  • テンプレート

SharePoint リストをアーカイブする

SharePoint Online ドキュメント ライブラリのコンテンツをアーカイブするには、組織の SharePoint Online サイトへアクセスできる必要があります。SharePoint リスト コンテンツをアーカイブするユーザーは、Microsoft Excel 2010 または Microsoft Excel 2013 のいずれかをインストールしている必要があります。

以下に挙げる種類の SharePoint リストは、Outlook への関連付けが可能です。
  • 予定表
  • 連絡先
  • タスク
  • ドキュメント ライブラリ
  • ディスカッション
  • リスト
SharePoint リストのデータを Microsoft Excel へアーカイブするには、以下の手順に従います。
  1. SharePoint リストを開きます。
  2. [リスト] タブまたは [ライブラリ] タブを選択し、[Excel にエクスポート] をクリックします。 
  3. [開く] を選択します。
  4. [データのインポート] からデータのエクスポート先を選択します (エクスポート先がある場合)。選択したリストが Excel へエクスポートされます。
  5. このファイルをローカルのフォルダーに保存することができます。
  6. 各 SharePoint リストに対して、この処理を繰り返します。

    注: この処理では、リスト データは保存しますが、ファイルや添付ファイルといった実際のコンテンツは保存されません。
SharePoint 予定表のリストを Microsoft Outlook にアーカイブするには、以下の手順に従います。
  1. アーカイブする SharePoint 予定表を開きます。
  2. [予定表] タブをクリックし、[ Outlook に接続 ] をクリックします。 
  3. [操作] メニューから [Outlook に接続] をクリックし、Microsoft Outlook ダイアログ ボックスで [はい] をクリックします。選択した予定表が Outlook に保存されます。
SharePoint 連絡先リストを Microsoft Outlook にアーカイブするには、以下の手順に従います。
  1. SharePoint 連絡先リストを開きます。
  2. [リスト] タブをクリックし、[Outlook に接続] をクリックします。 
  3. Microsoft Outlook ダイアログ ボックスで [はい] をクリックします。選択した連絡先が Outlook に保存されます。 
SharePoint タスク リストを Microsoft Outlook にアーカイブするには、以下の手順に従います。
  1. SharePoint タスク リストを開きます。
  2. [リスト] タブをクリックし、[Outlook に接続] をクリックします。
  3. Microsoft Outlook ダイアログ ボックスで [はい] をクリックします。選択したタスク リストが Outlook に保存されます。
SharePoint ドキュメント ライブラリを Microsoft Outlook にアーカイブするには、以下の手順に従います。
  1. SharePoint ドキュメント ライブラリを開きます。
  2. リボンから [ライブラリ] タブをクリックし、[Outlook に接続] をクリックします。 
  3. Microsoft Outlook ダイアログ ボックスで [はい] をクリックします。選択したライブラリが Outlook に保存されます。
SharePoint ディスカッション ボードのリストを Microsoft Outlook にアーカイブするには、以下の手順に従います。
  1. SharePoint ディスカッション リストを開きます。
  2. [ライブラリ] タブで、[Outlook に接続] をクリックします。 
  3. Microsoft Outlook ダイアログ ボックスで [はい] をクリックします。選択したライブラリが Outlook に保存されます。
OneDrive for Business 同期クライアントを使用して、SharePoint アイテムにオフラインで作業することや、ローカル コンピューターにアイテムを保存することも可能です。OneDrive for Business 同期クライアントの使用方法に関する詳細は、以下の Microsoft Web サイトを参照してください。

既知の制限

SharePoint のリスト コンテンツをエクスポートする場合は、Office Excel または Access データベースにエクスポートします。シンプルなリストを Excel にエクスポートすることは可能ですが、1 つのセル内の文字数が Excel のセル サイズ制限である 32,767 文字を超える場合は、その超過分の情報は表示されません。リストに大きな文字数のセルが含まれる場合は、Access へエクスポートします。

SharePoint リストは、Wiki やブログといった複雑なデータを管理する際に使用します。このような複雑なデータには、幾つかの表も含まれます。例えば、ブログの表には、カテゴリや投稿、コメント、リンク、別のブログなどが含まれます。Wiki やブログなど、複雑なデータをエクスポートする場合は、Access へエクスポートします。これにより、各表が正常にエクスポートされます。しかし、表やコンテンツのプロパティ、アクセス許可、関係性などは失われます。

リスト データを Access または Excel へエクスポートする際、リスト データは保存されますが、リスト内の添付ファイルやドキュメントはアーカイブされません。添付ファイルやドキュメントをアーカイブするには、「SharePoint Online ドキュメント ライブラリ コンテンツをアーカイブする」セクションを参照してください。

関連リソース

[エクスプローラで開く] 機能の使用およびトラブルシューティングに関する詳細は、以下の資料番号をクリックして Microsoft Knowledge Base 資料を参照してください。
2629108 : 「SharePoint Online で “エクスプローラで開く” のオプションを使用する方法、およびこのオプションに関する問題をトラブルシューティングする方法」
SharePoint Online データの帰属性については、以下の Microsoft Web サイトをご利用ください。Access 2010 を使用した SharePoint 2010 リストの同期方法については、以下の Microsoft Web サイトをご利用ください。
追加情報が必要な場合は Office 365 コミュニティ Web サイトを参照してください。
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:2783484 - 最終更新日: 08/12/2014 18:11:00 - リビジョン: 5.0

Microsoft Office SharePoint Online

  • o365 o365e o365a o365p o365m o365022013 KB2783484
フィードバック
img style="display:none;" onerror="var m=document.createElement('meta');m.name='ms.dqp0';m.content='true';document.getElementsByTagName('head')[0].appendChild(m);" onload="var m=document.createElement('meta');m.name='ms.dqp0';m.content='false';document.getElementsByTagName('head')[0].appendChild(m);" src="http://c1.microsoft.com/c.gif?">