Scanpst.exe は .pst ファイルは Exchange Server 2010年環境で使用されます。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2783782
現象
次のシナリオについて考えてみましょう:
  • Exchange Server 2010 SP2 のインストールを後で版更新プログラムのロールアップ更新プログラムのロールアップ 2 を持つ Microsoft Exchange Server 2010 Service Pack 2 (SP2) の環境があります。
  • 実行して、メールボックスを個人用フォルダー ファイル (.pst) にエクスポートします。 新しい MailboxExportRequest 環境内のコマンドレット
  • 最近エクスポートした .pst ファイルを Microsoft Outlook の受信トレイ修復ツール (Scanpst.exe) を実行しようとしました。

    既定では、受信トレイ修復ツールを Microsoft Outlook 2010、次のファイルのパスにあります。
    ドライブ: \Program Files\Microsoft Office\Office14
このシナリオでは、操作は失敗し、次のエラー メッセージが表示されます。
スキャンを停止する原因となったエラーが発生しました。ファイルは変更されていません。
原因
この問題は、Scanpst.exe ツールのデータ構造を最近エクスポートした .pst ファイル内の一部のデータが一致しないために発生します。したがって、Scanpst.exe ファイルを開きません。
解決方法
この問題を解決するのには、次の更新プログラムのロールアップをインストールします。
2746164 Exchange Server 2010 Service Pack 2 用更新プログラムのロールアップ 6 説明

回避策
この問題を回避するには、Outlook を使用して、メールボックスを .pst ファイルにエクスポートします。
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の「対象製品」として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
新規 MailboxExportRequestコマンドレットの詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。Outlook の pst ファイルを修復するのには、受信トレイ修復ツールを使用する方法の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。Outlook アイテムを .pst ファイルにエクスポートする方法の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。類似した問題の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照する次の資料番号をクリックします。
2665806 Exchange Server 2010年環境では、インラインの添付ファイルを含む rtf 形式の電子メール メッセージを開くとエラー メッセージ

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2783782 - 最終更新日: 02/12/2013 17:10:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft Exchange Server 2010 Service Pack 2

  • kbqfe kbfix kbexpertiseinter kbsurveynew kbmt KB2783782 KbMtja
フィードバック